2000年公開の海外移住情報は、19周年目の2019年8月1日、終焉。
サイト内容はそのままご覧いただけますので参考にして下さい。

⇒ 海外移住情報 入口


海外移住情報 安田修の愛犬生活とペットロス
 〜コーギー系わんこ家族 ナッツ&フランと共に〜



■ナッツ = Wコーギーとポメラニアンとのミックス/2009年5月29日長野生まれ/女の子
■フラン = Wコーギー/2013年3月14日宮崎生まれ/女の子 
〜2019年9月7日AM0時 魂の故郷へと旅立ちました〜

当サイトの目的は
愛犬たちとの「記憶の扉」を開くこと。
併せてペットロスに陥った人々に向けて発信。

私のペットロス経験、死後の関連情報などが
少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

運営者と著書・メディア履歴
Wikipedia (安田修 ライター)

更新
2020.8.4


愛犬たちの死後と魂
誰もが知りたい、愛犬たちの行方。
主だった書籍13冊から集約。

犬の精神世界と死後の行方 6.12

(参) 犬の死後を描いた詩・虹の橋 1.26
(参) 人間の精神世界と死後の行方 1.25
フランは永遠に
急性肝炎との闘いと余命宣告。
そして天に還ったフランの過去世と魂の今。

2018.1〜2019.9 フランの闘病生活 

亡きフランとアニマルコミュニケーター 5.29

愛犬フランの葬儀と供養 5.25
ナッツ「がんばれ」
副腎腫瘍・経過観察中のナッツ。
魂の今、過去世と共に。

2019.6〜 ナッツの通院記録
7.3

ナッツとアニマルコミュニケーター 5.29



安田修と愛犬たちの近況 〜ペットロスは続く〜
愛犬フランの旅たちと供養の日々。ナッツの日常などと共に。

(1) 2019年8月〜12月

(2) 2020年1月〜4月 (3) 2020年5月〜現在 8.4



Live forever with my beloved dogs








2018年に60歳を迎えたが、ナッツとフランのおかげで、以前の生活では考えら
れないほどの「心豊かな毎日」を得ることができた。 澄んだ瞳、とびきりの笑顔、
愛くるしい仕草のワンコたちに支えられて生きてきた、といっても過言ではない。
何があっても最優先の存在、家族以上の存在、感謝しても感謝しきれない存在。
そんなワンコたちとの絆が強いほど、失ったときの反動もまた大きい。
とくに愛犬を老衰以外で亡くした苦しみは当人でしか分からないかもしれない。
私はフランを若くして病気で亡くし、自責の念を抱えることになってしまった…。

ペットロスからの脱出には2つの対極的な方法があるように思う。ひとつは時間
で解決。愛犬に関するものは処分して記憶を薄めていくこと。もうひとつは命に
ついて、魂について深く考えること。私の場合は後者を選択した。
天界で元気に過ごしている、傍にいることもある、ということを知っていれば、
姿は見えなくても一緒に暮らしている感覚が得られる。私にとっては、苦しみが
和らぎ、ずっと忘れないでいられる、より現実的な手段と考えたから…。


< 天国のフランへ… >

フランはご飯よりも散歩とボール遊びが大好きなワンコでした。
そして、とても素直で愛嬌のあるワンコでした。
もっともっと、いろんなところに連れて行ってあげたかった。
もっともっと、いろんな景色を一緒に見たかった。
フランは、24時間いつも傍にいてくれる一心同体のワンコでした。
そして私にとって、理想のワンコでした。
フランに巡りあえたことが私の人生最大の喜び、生きがいでした。
フラン、至福の6年半、ありがとう。毎日が夢のようだったよ。
天国でゆっくり休んで、いっぱい遊んでね。
そして、また会おうね。その時がくるのを楽しみにしているからね。


Growth history album


<2009年〜2015年>
ナッツ&フラン ダイジェストアルバム



<2009年〜2012年>

ナッツの子犬時代アルバム 〜沖縄生活開始〜
ナッツの那覇市安里アルバム

<2013年>
フランがやってきた 〜フランの子犬時代アルバム〜
フランがやってきた 〜ナッツのフラン育児アルバム〜

<2013年〜2015年5月>
ナッツとフランの恩納村名嘉真アルバム

<2015年6月〜2019年8月>
ナッツとフランの沖縄市泡瀬アルバム
1.12

<2019年9月〜>
ナッツの沖縄市泡瀬アルバム 〜フラン亡き後〜
6.20



I just want to leave this thought

愛するワンコは、人の愛情をあるがままに受け入れ、まっすぐな愛情でこたえてくれた。
そこには、ひとかけらの利害や打算もない。ただただ純粋な愛と絆があるだけ。
そんなワンコたちが目指すのは、「魂を磨き、転生を繰り返して人間に生まれ変わること」、というのが有力だ。
そうした健気なワンコたちに比べ、いったい私たち人間はなにをしているのだろうか。
利害や打算だらけ、欲まみれ。あげくは地球規模の環境破壊。
私はワンコたちに恥ずかしくて、恥ずかしくて、「人間なんかを目指すのはおやめなさい」としか言えない。
また、私が今暮らしている沖縄では、許されるはずもない「ペット遺棄」が顕著化。
沖縄県が「ペット遺棄は犯罪です」というTVCMまで流す最悪の環境だ。
私はワンコたちに恥ずかしくて、恥ずかしくて、「人間なんかを信じるのはおやめなさい」としか言えない。
人間の性根が腐ってきたのはいつからだろう…言葉を手に入れた時から始まったのかもしれない。


★当ページはPCサイトとして作成。スマートフォンでの閲覧は、レイアウトや写真が崩れ、正しく表示されません★
★アドレスバーに「セキュリティ保護なし」と表示される場合★

プロバイダのサーバーがSSL化に対応していないために表示されます。閲覧にはなんの支障もありませんのでご安心ください。

Google |   2019年8月1日 リニューアル公開   | Yahoo