HOME/海外移住情報・安田修の愛犬生活とペットロス


2013年 フランがやってきた 〜子犬時代アルバム〜

ある日、吸い寄せられるように入ったペットショップにフランがいた。ナッツが寂しそうに留守番している姿を見るにつけ、ナッッの相棒を、と思うとときもあったが実現には至らなかった。しかし「犬は2頭いると互いに助け合う」と動物保護団体の人が発した言葉が頭に残っていたこともあって、フランと出会った翌日にナッツを引き合わせて相性を見ることにした。その結果、フランは家族となった。フランという名前は「フランク」という言葉から連想し、誰にでもフレンドリーなワンコになってほしいとの願いから名付けた。鼻の上部がハート型の形をしているラブリーなところも印象的だった。
一方、フランが家にやってくるとナッツはすねたようにいじけている。予想外の姿に困惑し、なだめたりご機嫌をとったりとたいへんなことになった。お互いの距離を縮めるためにナッツとの遊びにフランも参加したり、ふたりをくっつけてつないでみたりすると変化の兆し。約1週間、犬の世界の掟をいろいろと勉強し、先輩犬、後輩犬としてのポジションを認識させることで2頭飼いの関門を突破した感じとなった。