沖縄移住情報
沖縄移住に役立つ情報を網羅した、海外移住情報・沖縄移住編。

>>海外移住情報
沖縄移住情報は「海外移住情報」の沖縄コンテンツです。
運営者およびサイトの詳細は海外移住情報をご覧下さい。
>>更新情報


制作運営/安田修
 
2009年、運営者は東京から沖縄に転居
沖縄移住は「移住」と呼ぶほどおおげさなものではありません。
国内なのだから「転居」や「引越し」といった普通の感覚で充分。

コーギー系わんこ家族 「ナッツ&フラン」と共に

〜お知らせ〜
2019年8月1日、「海外移住情報」 の終焉に伴い、「沖縄移住情報」 も終了となりました。


○琉球王国と沖縄
沖縄独立運動の過去と現在

○沖縄の基礎知識
沖縄の歩み、米軍基地・コザ
沖縄振興交付金、市町村一覧

○沖縄暮らしの基礎知識
沖縄の暮らしと社会、エピソード
沖縄の伝統文化と食文化
沖縄の金融機関、メディアなど
沖縄の学校一覧、山村留学
○不動産と住宅の基礎知識
不動産情報源と住宅環境
本島各地の住環境

○就労と産業の基礎知識
求人情報源一覧、労働環境
産業と企業、経済特区
観光産業と観光立県の流れ

○沖縄生活ツール
流通・生活サービス・公共機関
航空・海運・島内交通
○2000円以下のゲストハウス
沖縄ゲストハウス・安宿一覧

○格安ホテル〜高級ホテル
沖縄ホテル一覧
沖縄ホテル動向一覧

○ウィークリー・マンスリーマンション
ウィークリーマンション一覧

○景観
沖縄離島の光景

沖縄は日本、査証など要らない。自由に働け、自由に家も買え、日本語も通じる。そして独自のアジア圏
文化。日本の中の異国のような感じもすることから、世界を廻った後に沖縄に住み着いてしまう例は古く
からあり、海外移住の番外例として位置してきました。そうした流れが基礎となり、海外移住ブームから
2年ほど経た2003年、今度は沖縄移住ブームが到来。海外でポピュラーなバックパッカー向けドミトリー
宿の急増に伴い、長期宿泊しながら働く「プチ移住者」も増加。
また2011年の東日本大震災以降、沖縄本島では高層マンションが次々と建設され、高級物件になれば
なるほど内地購入者の比率は上昇の傾向に。不動産会社に聞いてみると、「大震災以降、もしもの時に
備えて、すぐに移れるように住まいの拠点を沖縄にも持っておきたい」というのが最大の動機とか。

□好きな沖縄
島まるごと低賃金社会ゆえに、東京など大都市圏の「格差社会ストレス」というものがなく、加えて南国
のリゾート気分によって心穏やかな生活が得られる。離島特有の内地との隔たり感も心地よい。
□嫌いな沖縄
物流関係から物価が高いのはしょうがないが、以外の分野でも「割高感」がかなり強く、唖然とする場面
も多い。根本には競争力不足という問題もあって、多分、日本で一番物価が高いのは沖縄であろう。
また「日本人ではなく沖縄人」という意識があるのに「琉球独立」には極めて無関心。複雑な基地問題で
も独立思想があれば日米政府の動きも違ってくると思うのだが・・・。