HOME > 船旅ガイドを兼ねたリンク集 > 中・近距離フェリー > 中・近距離フェリー(東日本編)

中・近距離フェリー(東日本編)

東日本の中・近距離フェリー。なお下の日本地図では、クリックすると簡単な地図や地域情報が現れて、ホテルの予約ができます。

北海道―本州

東北

蟹田―脇野沢(22.6km)
むつ湾フェリー(株)

青森―脇野沢―佐井(79.9km)
シィライン(株)

関東・東海

東京湾(羽田空港、浅草、両国等予定)
東京ウォータータクシー(株)

みなとみらいぷかり桟橋(横浜)―羽田空港―お台場海浜公園(東京)
(株)ケーエムシーコーポレーション

横浜港(横浜東口・みなとみらい21地区・山下公園・大桟橋)
(株)ポートサービス

横須賀(久里浜)―金谷(11.5km)
東京湾フェリー(株)

沼津―大瀬―三津
千鳥観光船(株)

沼津―戸田―土肥
戸田運送船(株)

清水―土肥(30.2km)
江尻―海釣―日の出―貝島―塚間
(株)エスパルスドリームフェリー(駿河湾フェ リー)

小紅渡船(小紅の渡し、長良川)
岐阜県

師崎―伊良湖(14.5km)
名鉄海上観光船(株)

津―中部国際空港
松阪―中部国際空港
松阪―津
津エアポートライン(株)

鳥羽―伊良湖(23.2km)
伊勢湾フェリー(株)

合歓の郷―賢島
(株)合歓の郷

Information

ケーエムシーコーポレーション(リザーブド・クルーズ)は、2014年7月20日から、横浜みなとみらいぷかりさん橋―羽田空港船着場―お台場海浜公園桟橋航路で、毎週日曜日のみの定期運航を開始する。

戸田運送船の沼津―戸田―土肥航路の高速定期船は、利用者の減少により、2014年8月末をもって廃止。

名鉄海上観光船の師崎―伊良湖航路は、利用者の減少や燃料費の高騰により、2014年9月末をもって廃止。

川崎近海汽船は、2017年にLNG駆動船を八戸―苫小牧航路に投入する意向(しかし後に撤回)。

川崎近海汽船は2015年7月3日より、苫小牧―八戸航路を運航するカー・フェリーのシルバー・エイトに、電気自動車(EV)用の充電設備を設置。

蟹田―脇野沢航路を経営するむつ湾フェリーは、利用者の低迷で累積赤字が2015年2月4日までに6700万円に上ったことが明らかとなった。

岐阜県営の小紅渡船(小紅の渡し、おべにのわたし)」が、2015年9月16日に運航を再開した。

東京ウォータータクシーは、2015年11月30日より東京湾で試験的に運航。

津軽海峡フェリーが、2016年度に2隻の新船(8800総トン)を内海造船で建造する。「ブルードルフィン(元ほるす)」と「びなす」の代船。

川崎近海汽船は、2018年春に新造船を八戸―苫小牧航路に就航させる計画。

2016年6月4日、津軽海峡フェリー向けの「ブルードルフィン」(2代目)が、内海造船瀬戸田工場で進水した。

津軽海峡フェリーの「ブルードルフィン」(2代目)は、2016年10月11日に函館―青森航路に就航する。

津エアポートラインが運航する松阪―中部国際空港航路は、需要の減少から、2016年12月19日に廃止する。

2016年9月28日、光洋海運向けの「ブルーハピネス」(8800gt)が、内海造船瀬戸田工場で進水した。津軽海峡フェリーが運航する。2017年3月11日就航予定。

2016年12月8日、津軽海峡フェリーは「ブルー・ドルフィン2」(7,003gt)が2017年2月2日に函館―青森航路に再就航すると発表した。「ブルー・ドルフィン2」は、2016年10月28日まで同航路に就航していた「ブルードルフィン(旧ほるす)」。「えさん2000」(2,367gt、2000年)と代替する。

2017年3月11日、津軽海峡フェリーの「ブルーハピネス」が函館―青森航路に就航。「びなす」はインドネシアのPT. Jemla Ferryに売却。Athayaに改名。

川崎近海汽船は、2018年4月25日に、苫小牧―八戸航路に「シルバーティアラ」(8,600gt)を就航させる。「シルバークィーン」は、室蘭―宮古航路に転配。

2017年9月、川崎近海汽船と川崎汽船は、川崎近海汽船の新しいLNG駆動カー・フェリーの共同研究で合意した。