HOME > 船旅ガイドを兼ねたリンク集 > 国際定期航路

国際定期航路

日本発着の国際定期航路に就航するフェリーです。運休中、計画中のものは、原則として掲載していません。

ロシア航路

サハリン(コルサコフ)―稚内(169km)
北海道サハリン航路(株)
SASCO
日ロフェリー定期航路利用促進協議会
稚内コルサコフ定期航路利用促進協議会
北都観光(株)
Bi Tomo

ウラジオストク―韓国(東海)―境港
DBS Cruise Ferry

韓国航路

ウラジオストク―高岡(伏木)―韓国(束草)―ザルビノ
東春航運(Dong Chun Ferry)
伏木海陸運送(株)

ウラジオストク―韓国(東海)―境港
DBS Cruise Ferry

釜山―大阪・神戸
(株)サンスターライン
Panstar Co., Ltd.

光陽―下関(計画中)
Gwangyang Line

釜山―下関(228km)
関釜フェリー(株)
釜関フェリー

釜山―福岡(博多)(215km)
カメリアライン(株)
Koreaferry Co., Ltd.

釜山―福岡(博多)(213km)
JR九州高速船(株)
Korea Marine Express
未来高速(Mirae Jet)
大亜高速海運(Dae-A Express Shipping)

釜山―対馬
JR九州高速船(株)
未来高速(Mirae Jet)
大亜高速海運(Dae-A Express Shipping)
(株)対馬国際ライン
韓日高速海運(Han-Il Express Shipping)

中国航路

上海―大阪(1,338km)
上海フェリー(株)
上海国際輸渡有限公司(Shanghai International Ferry Co., Ltd.)

上海―神戸―大阪(1,540km)
中日国際輸渡有限公司(China-Japan International Ferry Co., Ltd., CHINJIF)
中日国際輸渡有限公司(China-Japan International Ferry Co., Ltd., CHINJIF)
日中国際フェリー(株)(Japan- China International Ferry Co., Ltd., JIFCO)

台湾航路

Information

2014年7月4日の閣議で、日本政府は北朝鮮に対する日本独自の制裁の一部解除を正式決定した。しかし貨客船「万景峰92」の日本への入港禁止は続ける模様。

札幌に本拠を置くハートランドフェリーは、需要減により、稚内―コルサコフ航路を2015年9月18日をもって終了した。「アインス宗谷」は売却される。

稚内市は、稚内―コルサコフ航路で定期フェリーを運航する新会社を、2016年1月までに設立する。2016年春以降の運航を目指す。

舞鶴―束草(韓国)―ザルビノ(ロシア)航路を検討している舞鶴港では、韓国DBSクルーズフェリーの「イースタン・ドリーム」を使って、2015年7月3日より舞鶴への試験運航を開始する。

沖縄県浦添市に本拠を置く総合物流業のあんしんと、台湾台北市に本拠を置く物流会社の華岡集團(Wagon Group)が、2015年7月8日に戦略的パートナーシップ提携を結んだ。2015年内に台湾花蓮県と宮古島か石垣島を結ぶ高速フェリーを就航させる計画。

オリエントフェリーは、2015年12月24日青島発、12月26日下関着の便をもって、1997年に開設された下関―青島航路の運航を休止する。

2015年12月17日までに、稚内市はハートランドフェリー(札幌)から「アインス宗谷」を購入することを断念した。しかし稚内とコルサコフを結ぶ航路の再開は模索する模様。

2016年1月、ハートランドフェリーの「アインス宗谷」はフィリピンのCokaliong Shipping Lines, Inc.に売却された。

韓国のGwangyang Line(光陽ライン)が、光陽―下関間でカー・フェリー航路を2016年に開設する。使用船は元「いしかり」(II)。

JR九州高速船は、2016年3月末日をもって、未来高速との共同運航を解消。

あんしんと華岡集團は2016年5月14日に、石垣―花蓮(台湾)間で高速フェリーを就航させる。

2016年6月29日、2016年4月1日設立の第三セクター「北海道サハリン航路」は、サハリンのSASCOが、シンガポールの船舶会社Penguin International Limitedから傭船した双胴船Penguin 33(80人乗り)を使用して、2016年7月25日~9月16日までの間、稚内―コルサコフ航路の運航を再開することで合意に達したことを発表した。16往復する予定。

SASCOは、2016年8月1日に稚内―コルサコフ航路の運航を始める。

韓国のフェリー会社の日本法人、サンスターラインは、2016年10月に貸切観光バス事業を日本で始める。

韓国の未来高速の高速船、Nina(553gt)が、2016年10月8日に釜山―対馬(厳原・比田勝)航路に就航した。

2016年10月11日、韓国企業のSeodong Maritime Co., Ltd.は、新潟国際海運に対し損害賠償などを求めて提訴した。新潟国際海運は、2015年8月に完全子会社、NAFJ Panamaを通じて、同社からOhamana(旧、フェリーあけぼの)を購入する契約を締結していたものの、性能不足により引き取りを拒否していた。

2016年12月2日、SASCOと「北海道サハリン航路」は、2017年6月1日から9月20日頃まで、稚内―コルサコフ航路で38往復76便運航することを発表した。SASCOでは、2018年を目途に新船を建造する計画。

2016年12月10日、韓国の大亜高速海運(Dae-A Express Shipping)は、釜山―対馬(厳原)航路にOcean Flower 2 (4,114gt、全長81.15メートル、幅26メートル、旅客定員825、最高速力38ノット、1996年)を就航させた。

2016年12月19日、カー・フェリーのOhamanaの購入を巡る訴訟で、新潟国際海運が韓国企業のSeodong Maritime Co., Ltd.に99万ドルを支払うことで、和解が成立した。

麗娜輪は、2017年5月に石垣―蘇澳(台湾)間に就航予定。

ウラジオストク―新潟―ザルビノ航路の開設を計画していた新潟国際海運は、2017年9月21日に解散。

浦添に本拠を置くあんしんは、基隆(台湾)―石垣間で「麗娜輪」を運航する計画を、少なくとも2017年度についは断念した。

2017年12月8日、JR九州高速船は、Austal Ships Pty. Ltd.との間で、80m級高速三胴船の建造についてのMOU(了解覚書)に署名した。この高速船は、2020年に福岡―釜山航路に就航する見込み。

2018年2月2日、韓日高速海運が釜山―対馬(比田勝)航路に、高速船Auroraを就航させる。

2018年2月28日、JR九州高速船は、Austal Ships Pty. Ltd.との間で、83mの高速三胴船の設計・建造契約に署名した。この赤い高速船は、2020年7月に福岡―釜山航路に就航する。

2018年7月23日より九州郵船は、JR九州高速船が福岡(博多)―釜山航路で運航するジェット・フォイル、ビートル、ビートル2世、ビートル3世の2階席のうち26席をスペース・チャーター(傭船)して、 福岡(博多)-対馬(比田勝)航路を運航する。福岡(博多)-対馬(比田勝)航路の26席は、国内線旅客用に使用することになる(国際線と国内線の混乗便)。結果的に、福岡(博多)―釜山航路で運航するジェット・フォイルは、2018年7月23日より対馬(比田勝)に寄港することとなる。

2018年5月25日、北海道サハリン航路は、2018年度の稚内―コルサコフ航路の運航を断念すると発表した。

2018年6月13日、北海道サハリン航路は、サハリン州政府の支援の下、2018年7月20日から9月下旬まで、SASCOが稚内―コルサコフ航路の運航を行うと発表した。SASCOは高速純客船の双胴船「Penguin 32」を使って同航路を運航する。北海道サハリン航路は、日本側の代理店。

2018年8月3日、北海道サハリン航路(HSL)は、SASCOが双胴船「Penguin 32」を使用して、稚内―コルサコフ航路で2018年8月8日から9月22日まで、19往復38便運航すると発表した。

2018年8月27日、JR九州高速船は2020年7月に就航予定の高速三胴船の船名が「Queen Beetle」となると発表した。

北海道サハリン航路の稚内―コルサコフ航路の2018年度の利用者数は、678人だった。