HOME > 船旅ガイドを兼ねたリンク集 > クルーズ船 > 日本のクルーズ船

日本のクルーズ船

日本に本拠を置く事業者が運航するクルーズ船です。必ずしも「日本船籍」の船とは限りません。なお下の日本地図では、行きたい地域をクリックするとホテルの予約ができます。

商船三井客船(株)(Mitsui O.S.K. Passenger Line Ltd.)

日本クルーズ客船(株)(Japan Cruise Line Inc.)

郵船クルーズ(株)(NYK Cruises Co., Ltd.)

ピースボート (Peace Boat)

おしゃれな旅行グッズ ハッピーフライトのトラベラーストア

沖縄奄美クルーズ事業開発(合)(Okinawa Amami Cruise Jigyo Kaihatsu Co., Ltd.)(計画中)

ミラ・クルーズ(株)(Mira Cruise Co., Ltd.)(計画中)

Mira 1 (23,340gt)

ミラ・クルーズ(株)

Ocean Silk Road Inc./日本コンテンツネットワーク(株)(計画中)

Kaguya (370,000gt)

Ocean Silk Road Inc.

Information

日本チャータークルーズ(株)(Nippon Charter Cruise Ltd.)は、業績不振により、2013年6月をもって廃業。2014年3月末に清算。ふじ丸(23,340gt)は2013年12月、2015年開業予定のミラ・クルー ズに売却して、ミラ1に改名。

ミラ・クルーズ(株)は、「療養客船」という新コンセプトのクルーズを計画し、2015年の開業を目指したが断念した模様。

商船三井客船は、「産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」に基づく「事業再構築計画」の認定申請を2013年12月 16日に国土交通省に対して行い、同年12月26日に認定された。「事業再構築計画」の終了時期は、2016年3月。それまでに損益改善を 目指す。2010年に自社船を大改装したものの、2011年3月の東日本大震災により、急速に経営が悪化していた。

日本コンテンツネットワーク(株)(Japan Contents Network Inc.)が計画していた37万総トン分譲型ク ルーズ船の計画は、シンガポールに設立されたOcean Silk Road Inc.が引き継いだ模様(2013年)。

岡山に本拠を置く両備グループは、2018年に2500gtのクルーズ船を瀬戸内海に就航させる。

ピースボートは、COP21(=気候変動枠組条約第21回締約国会議)で、55,000gtのエコシップを建造すると発表した。2020年に就航させる計画。

2016年10月7日、日本郵船は、2017年3月期第2四半期決算に、合計約1950億円を特別損失に計上する見込みとなったと発表した。

2017年5月30日、ピースボートはフィンランドのArctech Helsinki Shipyard Inc.との間で、2020年4月に就航させる計画のEcoship建造の基本合意書 (LOI) に署名した。

次のサイトは、日本の内閣府が行う青年国際交流事業の関連サイトです。

SWYAA (Ship for World Youth Alumni Association)
SWY (Ship for World Youth Program)