2018年9月

HOME > 海外旅客船情報 > 2018年9月

2018年9月の海外旅客船情報

カンブリア州議会、ウィンダーミア・フェリーの新船員採用へ(英国)

CUMBRIA County Council(=カンブリア州議会)は、再開時にWindermere Ferryで働くことになる新船員を募集する。

同州は、人々がこの湖(注、ウィンダーミア湖)を横断する際の顧客サービスを改善するため、フェリーの新しい職員チームを採用する。カンブリア州議会のspokesman(=広報官)は、次のように語った。

「州では今年、これまでにフェリーを大幅に見直して、包括的な役割よりは、むしろ特化した役割を持つ必要性を認識しました。」「元のフェリー・チームの大半は代理職員で、現在、フェリーが運航されていないことから、解雇されています。」「新しい船員は、顧客サービスに明確に特化して創設された新しい役割を反映して雇用されるもので、このフェリーの性格は、特定の位置で働き、特定業務を行い、挑戦し、推移していくものとなります。」「新しいチームは、フェリー客に可能な限り最良の顧客サービスの他、この過程や安全対策、フェリーに関連する責任の専門家となるものです。」

フェリーは、機関室を損傷した船火事に引き続き、5月以来、運休している。州では、新しい機関が12月12日に取り付けれれることになっており、その後、運航に復帰するためには、Maritime and Coastguard Agency(=海事・沿岸警備隊庁)の認定が必要となると話した。

このフェリーの撤退は、事業をフェリーに依存して日々の生活を送っていると語るLakes(=湖沼地方)の住民や企業から、何がしかの反発を受けていた。この問題について住民と話をしてきたカンブリア州議会のCouncillor(=議員)であるJames Aireyは、次のように語った。

「フェリーの再開には長い時間がかかりました。住民は、この忌まわしい夏を耐えてきたのです。」「州が10月に再開すると話したことを歓迎いたします。そして頑張って、必要な良いサービスを提供することを希望します。」(The Mail: 1st September)

三菱重工業、再編に引き続き、ヨーロッパの豪華フェリー市場参入へ(日本)

Mitsubishi Heavy Industries Ltd.(=三菱重工業)は、その造船事業の再編の一環として、ヨーロッパの豪華フェリー市場に参入する。子会社のMitsubishi Shipbuilding Co.(=三菱造船)が、ヨーロッパからの受注に備えて、下関と長崎の2つの造船所の生産設備を拡張する、とPresident Koji Okura(=大倉浩治社長)は、月曜日のインタビューの中で話した。

「われわれは欧州を向いている。(高級フェリーの)価格や性能面で欧州勢に勝たなければならない。」と大倉は語った。既に同社はヨーロッパで営業活動を開始しているが、近い将来、アジアの豪華フェリー市場に照準を合わせることも考えている、と大倉は付け加えた。

三菱重工は、赤字の大型旅客船事業からの撤退を含む再編の一環として、三菱造船を、分離させた全額出資の存在として、1月に別会社として設立した。ヨーロッパでは、様々な種類のフェリーの需要が伸びていることから、三菱造船は、旅客と車両を運ぶ豪華な内装のフェリーを重視する計画を立てている。三菱重工グループは、2021年3月末までに、長崎でフェリーの建造を始める計画だ。このグループでは、この造船所で現在、液化天然ガス船を建造している。

三菱重工は、2018年3月締めの直近の営業年度の約1000億円から、今後10年間に、年間2000億円(18億ドル)に造船事業の販売を急騰させることを狙っている。(The Japan Times: Sep 3, 2018)

新しいViking Lineのクルーズ船の建造が中国で始まる(中国・フィンランド)

厦門(=シアムン、アモイ)(中国)発。中国のXiamen Shipbuilding Industry Co., Ltd.の造船所で、Viking Lineの新しい旅客クルーズ船の製造が始まった。最初の鋼板が、伝統的なSteel Cutting(=鋼切削)式典(注、起工式)で切断された。

新船は、この造船所の公式発表で言われていることでは、「one of the most climate-smart ships in the world(=世界で最も気候に対処した船の1隻)」になるという。この事業には、独特の新世代旅客船を作り上げる意図で、広範な工学と開発作業が関わっている。

この共同事業には、フィンランドとヨーロッパの数社の納入業者が関わっている。本船は、2021年初めにトゥルク―オーランド諸島―ストックホルム航路に運航する。新船は、この独特の多島海の、開放的で妨げられない景観を提供することに集中して設計されている。大きな見晴らしの良い窓が、全く新しい方法で、乗客がこの多島海を体験することを可能にする。

「弊社では、この多島海の前例のない景観を、弊社のお客様に提供したいのです。弊社のルーツは、この多島海にあるので、この事実を弊社の活動に反映させたいのです。この新船で、景観を遮るものがなく、完全な海の存在感を体験できることになります。弊社の独特の海洋環境を保護するため、弊社では、革新的な技術を活用いたします。明日の旅客体験は、環境要素と快適さに重点を置いて具体化されるものとなります。」とViking LineのPresident and CEO(=社長兼最高経営責任者)のJan Hansesは説明する。

スウェーデンに本拠を置く建築会社のKoncept Stockholmが、この新船の内装設計に責任を持っている。Koncept Stockholmは、魅力的な方法でスカンジナビアの快活さと遊び好きを結び付けるという計画で、数社の名高い建築会社の中で突出していた。これらの建築家の助けを借りて、Viking Lineは、貨物輸送の需要に合わせると共に、クルーズ客、子供連れの家族、そして(注、船上での)会議の出席者のような人達の満足に向けて、船上旅行体験の強化を目指している。この事業は、人生においてこの多島海を初めて体験することになるのかもしれない国際的な乗客も考慮している。

新船は、環境側面での開拓者であり、世界初のLNG(=液化天然ガス)駆動の大型旅客船であるM/S Viking Graceよりも大きいが、10パーセントも燃料消費を少なくするように計算されている。(The MediTelegraph: September 03, 2018)

ギリシャの休日:何千人もの観光客がフェリーのストライキでギリシャの島々で立ち往生(英国)

ミコノス島、サントリーニ島、クレタ島といった英国人観光客に人気の目的地であるギリシャの島々は、ストライキの影響を受けることになる。

Associated Pressによると、船員組合であるPNOは、水曜日の午前6時までフェリーは出港しないことを確認したという。この抗議は、5パーセントの賃金引き上げと税控除で合意に達しない場合、延長される可能性がある。これらの島々では、180,000人の行楽客が影響を受け得ると考えられている。

ミコノス島、サントリーニ島、クレタ島には全て空港があり、観光客はこれらの島々を離れるのに利用可能だ。ストライキの影響を受けた乗客は、払い戻しを要求することが可能なので、旅行代理店に連絡を取るべきだ。(中略)

このストライキは、ギリシャ危機の後、8年間に亘って賃金の引き上げが凍結されてきたことを受けてのもの。ギリシャの観光業は成長し続けており、今年、3200万人が訪問するものと見込まれている。多くの島々は、とりわけ夏の間、訪問する観光客の増加で悪戦苦闘している。更に田舎の島々の中には、道路や宿泊設備がないことから、行楽客に提供できないところがある。ギリシャの政治家で環境保護主義者のNikos Chrysogelosは、the Guardian紙に次のように話した。

「もし私たちが数字だけに拘り、更に維持可能な観光モデルを開発することを検討しないならば、社会基盤を準備していないという危機が、巨大なブーメランとなって悪影響を及ぼすことになるでしょう。」(Express: 22:51, Mon, Sep 3, 2018)

合衆国の雷撃で沈没した客船が76年後に発見(日本)

World War II(=第二次世界大戦)前に建造され、戦時中、日本軍と補給品を輸送中に合衆国の潜水艦によって沈められた大型の貨客船が、東シナ海の海底で発見された。

Deep Sea TechnologyのSociety La Plongeeによって率いられた調査班が、9月5日にこの発見を発表し、Taiyo Maru(=大洋丸)の残骸の映像を公表した。同船の残骸は、九州南部の鹿児島県、屋久島の西約250キロメートルの海底で発見された。

1911年に竣工後、大洋丸(注、東洋汽船・日本郵船の船、元Cap Finisterre)は就航し、サン・フランシスコと他の港町との間を結んでいた。乗客の中には、1932 Los Angeles Olympics(=1932年ロサンゼルス・オリンピック大会)の日本の代表チームや、Jiro Shirasu(=白洲次郎)(1902―1985)という名高い実業家で官僚がいた。

1941年12月にPacific War(=太平洋戦争)が起こると、政府はこの14,000トンの船を戦争遂行のために徴用した。同船は1942年5月に、広島を出発してフィリピンに向けて航行中、合衆国の潜水艦によって攻撃された。この沈没では、乗船していた817人の日本軍兵士と民間人が殺害された。

この8月に、Kyushu Institute of Technology(=九州工業大学)のロボット工学のspecial professor(=特別教授)であるTamaki Ura(=浦環)を長とする調査班が、海底に関するJapan Coast Guard(=海上保安庁)の資料に基づいて、東シナ海に横たわっているものと考えられている同船のいる海域の調査を開始した。この調査では、遠隔操作の無人の潜水艇が使われた。この調査グループによると、大洋丸は、水深約130メートルで、左舷を下にして横たわっているという。船は、船首を除いて、原形の大半を留めていた。その特徴は、現存している写真と一致する、と調査グループは話した。

「(戦時中に)撤去された船の居住区の大半は、まだ判っていません、」とUra(=浦)は話した。「未だに忘れられたままになっている、こうした船の歴史を掘り起こしたいです。」(The Asahi Shimbun: September 5, 2018 at 16:45 JST)

カンザス州の男、Carnivalのクルーズ船で女性を殺して起訴(米国)

カンザス州トピーカ発。カンザス州の男が、1月にクルーズ船乗船中、女性を殺害したとして起訴された。

連邦検事は、53歳のEric Newmanが、第二級殺人罪で起訴され、木曜日に冒頭手続きを行ったと発表した。起訴では、このトピーカの男と、ミズーリ州ローソンの50歳のTamara Tuckerが、パナマ船籍のCarnival Elationに乗船していたと主張している。このクルーズは、フロリダ州のジャクソンビルを発着していた。

Tuckerの死亡記事と、この女性が教えていたPark University(=パーク大学)が出した新聞発表では、この女性の長年のパートナーであり、恋人であったと、Newmanを描写している。検察側は、NewmanがTuckerを船上で殺害したと話している。これ以上の詳細は公表されていない。

Tuckerは、2012年から2017年まで、ミズーリ州パークビルにあるPark Universityのsocial work department(=社会福祉学部)のfull-time faculty member(=専任教職員)だった。それ以前は、2007年以降、adjunct instructor(=非常勤講師)だった。(Fox Baltimore: Saturday, September 8th 2018)

捜索隊員ら、男性がフェリーから船外に転落したという通報に対応(米国)

マサチューセッツ州ハル発。U.S. Coast Guard(=合衆国沿岸警備隊)とその他いくつかの官庁は、フェリーから男性1人が船外に転落したとの通報を受けて、ペドックス島近くを捜索している。

男性が午後8時30分にフェリーのProvincetown IIから船外に転落したという通報を受けた、と当局者は話した。沿岸警備隊の艦船に加え、ヘリコプター1機、Boston Police(=ボストン警察)の要員、そしてFire Departments(=消防局)も、捜索に加わっている。

Provincetown IIは長さ194フィートで、900人まで乗客を乗せることができる。しばしば大きな行事で使用されている。(WCVB: 11:32 PM EDT Sep 8, 2018)

プラスチック浄化システム曳航船、サン・フランシスコから太平洋に出航(米国)

サン・フランシスコ発。大きな2,000フィート近いブーム(注、棒状の異物をためるもの)が、土曜日、太平洋に向かったことから、Sky7(注、取材機)は、サン・フランシスコ上空を飛行した。このブームは、カリフォルニア州からハワイ州の間で浮遊する大量のプラスチックの一団であるGreat Pacific Garbage Patch(=太平洋ゴミベルト)を清浄化することを狙ったこの種のシステムの最初ものの一部分だ。

この事業を後援するThe Ocean Cleanup(注、「大洋清浄化」の意)と呼ばれる、設立24年になるオランダの発明社では、このブームがプラスチックのくずを捕らえることを希望している。このシステムは、試験的に2週間、沖合で240海里走ってから、さらに遠くの太平洋へと旅を続ける、とThe Ocean Cleanupは話した。

「私たちは海洋生物を愛しています。ですから、そこに放出されている有害なプラスチックから海洋生物を救いたいのです。そのため、私たちが行った設計の全ては、そうしたことを念頭に置いているのです。」とThe Ocean CleanupのCOO(=最高執行責任者)のLonneke Holierhoekは語った。

この組織では太平洋ゴミベルト、すなわち80,000トンのプラスチックごみからなるものは、半分にできると考えている。(KGO-TV: Saturday, September 08, 2018 08:13PM)

動力喪失後、クルーズ船がマンハッタンに到着(米国)

マンハッタン発。マサチューセッツ州沖で機能しなくなったクルーズ船が、マンハッタンに無事接岸した。

351人を乗せたStar Prideは、ウッズ・ホールとマーサズ・ビンヤード島の間にあるバザーズ湾で、金曜日の朝に立ち往生した。Star Prideを運航するWindstar Cruisesは、本船は機関システムの冷却水を喪失し、自動的に推進力や補助機関が運転を停止したと話した。怪我人は報告されていない。同社では、この運転停止は、特定され、対処し、船の全ての運転は金曜日には通常に戻ったと話した。

曳船が同船をニューポートに護衛し、「ensure the safety of the passengers and crew(=乗客と船員の安全を確保する)」ための検査のため、一晩接岸した、とCoast Guard Capt. (=沿岸警備隊大佐)のChris Chandlerは話した。沿岸警備隊は、Twitter(=ツィッタ―、注、SNSの一種)で土曜日の朝、この船が検査に合格したと述べた。

同船は、アイスランドのレイキャビクからニューヨークへの17日間クルーズを終えようとしていたところだった。モントリオールに向かうクルーズのため、土曜日にニューヨークを出発する予定だった。Newport Daily News紙は、この遅延のため、このクルーズ船は、日曜日のニューポートへの予定された寄港を取り止めると報じた。乗客らは、下船して、有名な邸宅など、同市を観光できるはずだった。(PIX 11: Posted 10:43 PM, September 8, 2018)

ドイツのポップ・スター、Daniel Kueblboeckがクルーズ船から船外に転落して行方不明(ドイツ)

ドイツのポップ・スター(注、人気歌手)Daniel Kueblboeckが、クルーズ船から船外に転落して、カナダ沿岸沖で行方不明になった。Aida Cruisesはこのニュースを確認し、声明文において、同社はMetro.co.ukに対し「行方不明者についてCoast Guard(=沿岸警備隊)と緊密に連携して、カナダ沿岸沖の海域で集中的な捜索が行われているところ」だと話した。

Kueblboeckは、ハンブルクからニューヨークに、AIDAlunaに乗船して休暇のクルーズ中だった。「クルーズ船AIDAlunaは、2018年9月9日の早朝(現地時間)に、1人の人物が船外に飛び込んだ際、ニューファンドランドに向かう途中でした。」と声明文は続けた。

AIDAlunaの船長と船員は、地元当局と緊密に連携して、直ちに必要な救助対策を取った。船室検査がなされ、男性客1人が行方不明になっているのが確認された。行方不明者は、Daniel Kaiser-Kublbock。同船は予防措置として停船し、事故が認められた地点に戻った。捜索は続いている。

「AIDA Cruisesは、この行方不明者を発見するため、当局と完全に連携して、全力を尽くしております。」

Kueblboeckは、Germany Seeks The Superstar(注、「ドイツは大スターを求める」の意)に登場して、2003年に有名になった。後に「I’m A Star - Get Me Out Of Here!(注、「私は人気者、ここから出してくれ!」の意)」や「Let’s Dance(注、「踊ろう」の意)」といった様々なreality TV shows(注、「現実直視テレビ番組」の意)で、スター(注、人気者)になった。

Let’s Danceの共演者のOtiは、日曜日の晩にファンと共にこのニュースをシェア(注、共有)して、「in tears(=涙に暮れている)」ことを認めた。(Metro: Sunday 9 Sep 2018 7:44 pm)

グリーン・ベイは2019年にクルーズ船観光客を期待(米国)

ウィスコンシン州グリーン・ベイ発。グリーン・ベイは、アラスカ州の景観や、カリブ海の熱帯気候を誇りにはしないのかもしれないが、しかし全ての兆候は、グリーン・ベイが2019年にクルーズ船の目的地になることを示している。

Brown County Harbor Commission(=ブラウン郡港湾委員会)の委員は、それは時間の問題であることを知っている。「ここは、言ってみるならば、五大湖を体験できる最後の「cruise frontiers(=クルーズ未開拓地)」の1つです。」とPort Director(=港湾監督)のDean Haenは話す。

船の修理のため、クルーズ客船会社1社は、今年の夏、予定されていたグリーン・ベイ訪問、2本を取り止めなければならなかったが、Haenは、来年の夏は、更に交通量が増えるものとさえ期待されると話している。「来年は沢山やってきます。新興市場なのです。五大湖間とグリーン・ベイを定期運航するようになる船舶の数はその一部で、将来、どこに行くことになるのかは分かっています。これは、当港とこの共同体が、自身を展示することになる本当に大きな機会となり得るものなのです。」とHaenは話している。

Greater Green Bay Convention and Visitors Bureau(=大グリーン・ベイ観光局)のmarketing director(=マーケティング部長)のBrenda Krainik は、クルーズ客船会社の所有者や経営者と面談するため、今後数か月間、旅をすることになっている。2019年の寄港日時はまだ決まっていないが、グリーン・ベイは、人気の通年目的地になると思い描いている。

「既に世界中の土地に行ったことのある裕福なクルーズ客の市場がありますが、彼らは五大湖には来たことがないのです。」とKrainikは話し、「それに、ここには彼らにお見せできるものがあるし、こちらに来て、Upper Midwest of the United States(=合衆国北部中西部)を見ることは、大変に興味深いことだと思うのです。」

五大湖のクルーズ船は、長さが約400フィートで、400人まで乗客を乗せることのできるものが平均的だ。グリーン・ベイに到着する場合、Leicht Memorial Park(=ライヒト記念公園)に接岸することになる。(WSAW-TV: Tue 11:17 AM, Sep 11, 2018)

巨大な廃船が9年後に見つかる(ミャンマー)

ミャンマーの沿岸近くで、当局が少なくとも9年間捜索してきた巨大な貨物船の位置が、最近になって突き止められた。この船、Sam Ratulangi PB 1600は、インドネシア船籍で航海していたが、行方不明になり、長年、行方不明になっていた。

Yisrael Hayom紙は、船舶の動きをリアル・タイム(注、即時)で追跡する国際的なトラッキング・サイト(注、追跡サイト)が、南シナ海の台湾沿岸沖にいた2009年6月3日に、同船との連絡を喪失したと報じた。それ以来、この巨大な長さ177メートルの船は、行方不明になっていた。

「警察隊が、地元漁師が見た岸から11キロメートルを航海する同船を方向転換させました。」と同紙はNi Weigunという名前のミャンマーの国会議員が話すのを引用した。「警察官がこの大型船に乗船し、全く人気が無く、当てもなく洋上を漂っていたことを知って仰天したのです。更に悪いことに、この船は、9年間も行方不明だったことが判ったのです。何だか奇妙なことなのです。」

当局者は、入手し得る情報を調べ、この船についての最新の理解では、バングラデシュの曳船の船員が、この船を担保権実行のために本土に移動させようとしていたというものだった。時化で制御が難しくなり、ミャンマーの沖、80キロメートルで、同船を放棄したのだった。

この船は、8月にこの船を発見したインドネシア人船員によって曳航されていたことが明らかになっているが、この船が発見されるまで、船の上で何が起きていたのかについてヒントが出せる船員は誰もいなかった。(Arutz Sheva: 12/09/18 12:38)

DFDS、地中海のro-ro船隊のスクラバー装備で4670万ドル投資(デンマーク)

DFDSは、地中海の12隻の貨物フェリーにスクラバー(注、気体洗浄装置)を装備するため、3億デンマーク・クローネ(4680万ドル)を投資する。

このデンマークのフェリー運航事業者は、先にバルト海と北ヨーロッパのEmission Control Area(=排ガス規制海域)(ECA)に適合させるために排ガス洗浄システムを取り付ける動きを見せていたが、トルコ、イタリア、ギリシャ、フランス間の地中海の貨物航路に展開している12隻にスクラバーを導入する。この12基のハイブリッド・スクラバーは、総額3億デンマーク・クローネになるもので、デンマークの製造業者であるME Productionによって供給される。

同社は、この投資戦略は、北ヨーロッパの舶用燃料の0.1%の硫黄規制に適合させるため、北ヨーロッパで2015年以来使用しているスクラバーの成功に基づくものだと話した。地中海で、同様の0.1%硫黄ECA(=排ガス規制海域)の計画がある。

「地中海での排気ガスの硫黄含有量に関する新規制に適合させる準備を既に開始することができて、うれしく思います。これは、皆さんに環境保全上の利点をもたらすものです。DFDSのスクラバー・システムの調達・導入・運営という広範な経験を活かすことにより、弊社は、経営と財政の相乗作用を達成することになります。」とDFDSのceo(=最高経営責任者)であるNiels Smedegaardは語った。

今年4月、DFDSは、地中海の5本の航路で12隻の貨物フェリーを運航しているトルコのU.N. Ro-Roを買収していた。(Seatrade Maritime News: Posted 13 September 2018)

AIDA Cruisesは、ロストクで陸上電力を利用できるよう申請書に署名(ドイツ)

AIDA Cruisesは、ロストク港で陸上電力を利用できるようにすることを確実にするため、共同申請に署名した。

この意思表示は、AIDA Cruises、Mecklenburg-Western Pomerania(=メクレンブルク=フォアポンメルン州)政府、ロストク・ハンザ同盟都市との間で、9月11日に署名されたもので、ロストクにおける環境に優しい持続可能なクルーズ海運を共同して推進していくものだ。この共同申請により、ロストク港の陸上電力を、将来、クルーズ船に供給することが可能となる。AIDA Cruises president(=社長)のFelix Eichhornは、強調した。

「弊社の『green cruising(=環境に優しいクルーズ)』戦略により、LNG(=液化天然ガス)や陸上電力の利用のような持続可能な推進技術と、船上での環境管理の双方の領域で、弊社は、将来が保障されたクルーズ市場に数十億ユーロもの投資をすることになるのです。今日、確定した提携は、メクレンブルク=フォアポンメルン州における持続可能なクルーズ観光の更なる発展のための重要な一里塚となるものであり、排ガス・ゼロのクルーズを達成する上で、AIDAにとって重要な一歩です。弊社は、メクレンブルク=フォアポンメルン州連邦政府とロストク市との、長期に亘る成功した協力を拡大し続けることになり、重要な信号をドイツばかりではなく、ヨーロッパ中に送信することになるのです。」

この合意の狙いは、ロストク港にクルーズ船用の陸上発電所を建設することにある。2020年に、AIDA Cruisesの最初の船が、ロストク・ワルネミュンデに停泊中に陸上電力の供給を受けることになる。それ故、AIDA Cruisesは、陸上発電所と連結してロストク・ワルネミュンデに定期寄港する船に、完全に装備することになる。(Passenger Ship Technology: Thu 13 Sep 2018)

Dream Cruises、Global Classの旗艦を起工(ドイツ・中国)

火曜日、Dream Cruisesは、ドイツのロストクにあるMV Werften造船所で、そのGlobal Classの旗艦のキールの設置式(注、起工式)を行い、建造を始めた。

Genting Hong Kongのchairman(=会長)Lim Kok ThayとMecklenburg-Western Pomerania(=メクレンブルク=フォアポンメルン州)prime minister(=首相)Manuela Schwesigが、キール(注、竜骨)に伝統的な幸運の硬貨を置いてから、高さ95mのクレーンでこの区画を低部に設置した。この長さ22m、幅26m、重さ410トンの、キール全体の約半分の最初の区画の「laying(=設置)」は、ドイツでこれまでに建造された最大のクルーズ船の工事の開始を示すものだ。

長さ342m、幅46m以上になるこの204,000総トンの船の快適設備には、アジアや国際的な食事体験や、ファースト・フード(注、即席料理)食堂の他、仮想現実感の伴うローラーコースター(注、ジェットコースター)を呼び物とするテーマ・パーク、シネプレックス(注、複数の映画館が集まった施設)、アジアと西洋のスパ(注、健康施設)、買物施設が含まれることになる。

2,500室の船室は、2人使用で、5,000人までの乗客を収容でき、繁忙期には、9,500人までの乗客を賄うことが可能となる。(TTG Asia: Posted on 14 September, 2018 9:17)

クルーズ船の船医のミスで労働者の腕切断、訴訟で主張(米国)

余りにも衝撃的で信じがたい話だが、結局、男性には、3300万ドルの賠償請求が認められた。

Ilija Loncarは、吐き気を伴う風邪のような症状が悪化した時、Norwegian Breakawayで、ウェイター(注、給仕人)として雇われていた。しかし、このセルビア出身の30歳が、症状を和らげようと同船の医師を単に訪問したことが、以下に述べるような出来事になるとは、決して予期し得ないものだった。

医師のSebastian Campuzanoは、数か月前にこのクルーズ客船会社に雇われていたが、「young, inexperienced, Columbia-trained physician(=若い、経験不足の、コロンビアで訓練を受けた内科医)」であると描写されていた。

フロリダ州の裁判所に提出された文書によると、Campuzano医師は、抗ヒスタミン・プロメタジンを処方し、看護師のMarco Oracionが、短時間に「huge(=大量に)」注射した。このことから、「intense(=激しい)」反応が起こり、この船員は破局的状況に陥り、その結果として、腕が切断される事態となったのだった。

Loncarの弁護人であるマイアミに本拠を置く事務所、Leesfield ScolaroのThomas B. Scolaroは、この医療行為は、この労働者の疾病には不適切であり、嘔吐抑制剤であるZofran(=ゾフラン、注、商標の一種)が、より良い選択だったと主張している。薬剤は、推奨されている技術である臀部の筋肉ではなく、Loncarの腕に静脈注射されたものだとも言われている。

「(Dr Campuzanoは)誤った医療行為を行ったのです。誤った注射部位から誤った方法で、誤った投薬を行い、誤った時間をかけて、誤った方法で投与したのです。」とScolaro氏は語った。「大変に軽い、容易な薬剤であるZofranにより治療することが可能な、大変に単純かつ頻繁に遭遇する問題で、(Mr Loncarに)最も危険な種類の薬物を与えたのです。」Zofranにより治療することが、必要とされることだった。

「ちょうど、小型のBB gun(=ビービー銃、注、空気銃の一種)を使う必要があったときに、Howitzer(=榴弾砲)で何かを破壊するようなもので、それと同じことになったのです。榴弾砲は、通りの全てを破壊します。過剰殺戮(注、やりすぎ)になります。」(中略)

数時間後、Loncarの右の前腕は、黒と青に変色した(注、痣だらけになった)。しかしヘリコプターにより、同船から直ちに移動させるという金のかかることをせずに、この医療職員は、24時間に亘って患部をもんで、次の停泊地に船が到達するまで待ったのだった。この一連の出来事の結果、Compartment Syndrome(=筋区画症候群)が進行し、皮下出血と瘤のために圧力が増大した。これにより、最終的には病院に行ったものの、壊疽により破壊された腕を救うには手遅れで、右腕の切断を要することになったのだった。

数日後、緊急手術で、肘のところで腕は切断された。今や「has a nub for a right arm, his life is forever changed(=右腕に瘤ができ、人生は永遠に変わった)」のだった。Loncarは、人生の楽しみを奪われ、将来の収入を得る能力も奪われ、持病を悪化させ、不自由になり、屈辱、傷、そして外観が醜い状態になったことで、精神的苦痛も負った。全ては、医療過誤における「wilful, wanton, and outrageous violations(=意図的で、過剰な、そして理不尽な違反行為)」によるもので、時宜にかなったやり方で搬送しなかったことによるものだ、とScoloraは主張した。

被告側は、Loncarは「venous anomaly(=静脈奇形)」を有しており、これにより、被った反応に対して弱いのだと論じた。

フロリダ州の裁判所での仲裁事件において、Loncarには、過去と将来の苦痛、医療費、そして収入を得る能力の喪失に対し、3340万ドルの損害賠償請求が認められた。News.com.auでは、論評を得ようと、Norwegian Cruise Linesと連絡を取っている。(news.com.au: Sept. 14, 2018)

老朽化した西海岸のフェリーが繰り返し立ち往生していることから、深刻な懸念が浮き彫りとなる(英国)

1年間に8回目の大故障を受け、West Coast(=西海岸)のフェリーの船齢について、深刻な懸念が浮き彫りになってきている。ある地元政治家によると、CalMacの航路での技術的な問題が、以前よりも混雑する航路の古いフェリーのために、常に危機に瀕しているという。

Mull councillor(=マル島評議員)のMary-Jean Devonは、毎日フェリーを通勤に使っているが、スコットランドの航路で8回目の大故障があったのを受けて、どうやってフェリーを管理するか、全面的に再考するよう、Scottish Government(=スコットランド政府)に呼びかけている。

「42年や20年も前の乗用車に、子供を乗せるでしょうか。そんなことはしないはずです。新車を買うことを考えるはずです。」

Devon女史は、1998年建造の船齢20年のMV Clansmanに言及したが、この船は最近、2か月以上も運休し、乾船渠に入渠している。次のように語った。

「CalMacは、絶え間なく目先のことだけに追われているように見えます。というのは、船隊が老朽化しているからです。航路で使用している船舶が走らないので、何かをしようにも無力なんです。」「もし実際、島民ならば、このフェリーがなくなったら、急いでやるべきことをやるでしょう。しかしフェリーの故障という危険が常にあると、この島々は、事業を行うために頼るべき土地ではなくなってしまうのです。」「島民の全員は、確実な航路があり、天候だけが運航に影響を与えるものであることを信頼できないといけないのです。船齢ではなくて。」

Transport Scotland(=スコットランド運輸省)のspokesman(=広報官)は、現在の問題は「an operational matter for CalMac(=CalMacの運航上の問題)」であるが、同社は、フェリーに頼っている「understands the frustration of the communities(=共同体の欲求不満を理解している)」と語った。こう付け加えた。

「2007年以来、クライドとヘブリディーズ諸島のフェリー航路に、10億ポンド以上も投資しております。我々は船隊を更新すべく、新船とフェリーの基盤施設に投資を続けています。」「重要なウラプール―ストーノウェー航路を含むWestern Isles(=ウェスタン・アイルズ州、注、「西部諸島」の意)に向かうフェリー便の評価、それから運航、更には改善のための作業も、既に実施しているところです。」

CalMacはフェリー便を運航しているが、船を所有するCMALに運航を頼っている。CMALのspokeswoman(=広報担当者(注、女性))は、次のように語った。

「船隊の全ての船舶は、安全に使用でき、認定されています。」「全ての船舶は、船級協会であるLloyds Register、UK Flag State、 Maritime and Coastguard Agency(=海事・沿岸警備隊庁)(MCA)の定期検査や監査体制に適合しております。」「フェリーは、運航状況のような何がしかの要因によるものの、約35年はもつものです。」「現在、クライドとヘブリディーズ諸島の船隊の平均船齢は23年で、CalmacとTransport Scotlandと共働して、これを20年未満にすることを目標にしています。」「フェリーの代替は、個別的な基準で行います。というのは、異なる航路を定期運航しており、異なる運航条件によるからです。代替すると、船は売却されるか再利用されることになります。」(The Press and Journal: September 14, 2018, 5:28 am)

クルーズ船大気質違反、アラスカ州で急増(米国)

今年の夏、クルーズ船がアラスカ州の大気質の基準を引き下げた。クルーズ業界は、より良くすることは可能であり、そうなると話している。

「今年の夏、この海峡では、多くの更なる汚染があったように思えます。」と1992年以来、ジュノーの商業地区で暮らし、働いているSuzy Cohenは話した。「朝、起きてみると、このどんよりした青い雲が、海峡に垂れこめているのが見えて、何だか悩ましいのです。呼吸で何を吸っているのか分からないし、それが近所に入り込んできているように思えるのです。」

Cohenは、Alaska Department of Environmental Conservation(=アラスカ州環境保全局)のcruise ship hotline(=クルーズ船ホットライン)に電話をかけた134人以上の人々の中の1人だ。

「今シーズンは、より多くの苦情を受けています。」とDEC(=環境保全局)のcruise ship air quality program(=クルーズ船大気質プログラム)の長であるEd Whiteは話した。Whiteによると、電話の中には、船の煙突から出てきている比較的無害の水蒸気に関するものもあったという。

「しかし匂いのようなものや、水蒸気に加えて煙についてのより多くの苦情も受けています。」とWhiteは話した。

クルーズ船に対する州の大気質の基準は、あいまいに測定されている。基本的には、船から出ているプルーム(注、煙)の透明度ということになる。昨年、州は、この基準に違反した2隻の船に科した罰金で、75,000ドルを集めた。今年は、ジュノー、ケチカン、スカグウェー、ヘインズ、スワードで、船舶に対して既に9回違反通告を出している。1件の違反では、約46,000ドルの罰金刑を科すことが可能だが、しばしば企業は、それよりも少額で州と和解している。

クルーズ業界は、問題があることを認めている。「そこにあって欲しい場所に、目に見える煙がないので失望しています。」とCruise Lines International Association Alaska president(=アラスカ州クルーズ客船会社国際協会会長)のJohn Binkleyは、ケチカンであったSoutheast Conference(=南東部地方会議)で、木曜日の演説で市民団体や実業家を前にして語った。「それに何が必要かは分からないものの、私たちはそれに継続的に取り組んでいるのです。」

煙が多くなってきていることには複数の理由があり、1つは、単に量の問題なのだ。

「数年前は4隻だったかもしれません。今や港には6隻になっているのです。しかも、大きな船になっています。」とWhiteは話した。「だから、更に大量に大気中に流れ込んでいるのです。」

しかし州と業界の幹部は、より技術的な説明も指摘している。約3年前、クルーズ客船会社は、排出物を濾過して取り除くために水と排出物を混合させる「scrubbers(=スクラバー、注、気体清浄装置)」と呼ばれるシステムを導入した。より厳しい連邦硫黄基準を見越したものだった。

「私たちはは、硫黄規制の点では準拠していますが、この(スクラバー)システムには満足していません。」とBinkleyは話した。Ed Whiteは、同局では現在の大気質測定方法には制限があることを認識していると語った。

「残念なことに、この透明度基準は、しばしば我々が煙が存在している場所を知る標識となっているのです。」とWhiteは語った。「しかしそれがどういうもので、健康危険の可能性があることが判り、更なる研究と資料が集められるようになってきています。」

こうしたことから、州の規制当局者は、その方法と、場合によっては、その基準自体を更新するための方法を調べているところだ。

一方、ジュノーのSuzy Cohenのような沿岸住民は、明らかなクルーズ船汚染を目撃した人が、率直に大きな声を上げるようになったと話している。

「市民は問題があると考えるときに、本当に電話をかける必要がある、環境保全局に立ち寄るものだと思うのです。」とCohenは話した。「ホットライン(注、直通電話)があり、確実に報告できるのです。」

アラスカ州は、クルーズ客船会社の人気を増やし続けている。ケチカンでのBinkleyの演説では、来年のクルーズ・シーズンでは、1,361,400人のクルーズ船客がもたらされるものと予想されると話した。この3年間連続で、新たな史上最高記録となる。(Alaska Public Media: September 14, 2018)

サウサンプトン、とても待ち遠しいcelebrityのクルーズ船の新居(英国・フランス)

世界で最も待ち焦がれているクルーズ船の1隻であるCelebrity Apexは、2020年にその母港とするに先立ち、サウサンプトンで命名される。

Apex(=アペックス、注、「最高潮」の意)の到来で、同港でCelebrity Silhouette(=シルエット、注、「輪郭」の意)と一緒になり、Celebrity Cruisesが初めて最初にサウサンプトンから2隻の船を運航することになる。Apexは、建造に10億ポンド近くかかっているが、同社の2隻目のEdge級の船となる。

Celebrity Edge(=エッジ、注、「縁」「鋭さ」の意)は現在、フランスのサン・ナゼールの造船所で竣工間近で、11月下旬にフロリダ州で処女航海を行うことになっている。Edgeのように、Apexは、船の側面の甲板間で上下に動くMagic Carpet(=魔法の絨毯)という食堂や、屋外に飛び込みプールのある2層のEdge Villaというスィートのような、革新的特徴を呼びものとする。

乗客2,900人を乗せる能力ある両船は、29の食堂や酒場、3階建てのEden(注、「エデンの園」、「楽園」の意)と呼ばれる場所、すなわち午前は「chillful(=寒々とした)」休憩室で、午後には「playful(=はしゃぐ)」公演区画となり、晩には「sinful(=罪深い)」食堂に変換するものを有する。元Dragons’Denの人気者、Kelly Hoppenが、内装の大半を設計するために採用されている。Celebrity Cruisesのpresident and CEO(=社長兼最高経営責任者)のLisa Lutoff-Perloは、次のように語った。

「Celebrity Apexが2020年にサウサンプトンで就航すると、弊社及び連合王国(注、英国)とアイルランド市場にとって、もう一つの信じられないほど素晴らしい瞬間を迎えます。とりわけ最後に弊社が命名して、英国から真新しい船を運航して10年になるからです。」

「2010年、Celebrity Eclipse(=イクリプス、注、「食」「輝きを失う」の意)は、現代的な豪華な働きかけで、英国のクルーズの表情を変えたのです。Celebrity Apexは、洋上における休日の全ての側面から何を期待するかを再考し、これまでに見たことのない方法で現代的な豪華クルーズを昇華させるという弊社の伝統を継続することになります。」

現在、フランスのサン・ナゼールのChantier de l’Atlantique造船所で建造中のCelebrity Apexは、サウサンプトンで公式就航式を行い、誉れ高い命名式も行う。Celebrity Apexは、2018年11月29日に販売が始まる。(Daily Echo: 17th September)

Information

日々、更新中!

Information

日々、更新中!

Information

日々、更新中!