海外移住情報


カナダ永住権
個人移民査証・ポイント制度




個人移民査証の申請要項

個人移民査証のポイント計算


○応募者数と受け入れ数
世界からの規定ポイントに達した個人移住応募
者は約40万人。これに対してカナダ政府の個人
移住受け入れは年間約10万人。応募倍率は約
4倍となっています。

○申請手順
◆申請用紙を移民局から取寄せる。
(郵送の場合は約2ケ月要)
カナダ移民局ホームページから申請書をダウ
ンロードすることができます。
◆申請書類一式(下記)を所定窓口に提出。
◆申請から約2ケ月後位に移民局から書類受
付の通知が届く。18ケ月以内に面接審査の有
無、熟練労働者でない場合の却下などを知ら
せるという内容が書かれています。
<以下合格の場合>
◆健康診断書と面接日の通知が送付されます。
◆面接実施
※面接は英語または仏語で行なわれます。
※カナダで働いていた経験が長い人やコンピュ
ータープログラマーなどは面接免除の場合有り。
※担当官との相性やその場の雰囲気によって
合否が左右される場合もあります。
◆面接合格者は移民査証の発給を申請。

○所要期間
申請から移住査証発給までの所要期間はケー
スによって異なり、所要1〜2年の場合、3〜5年
かかる場合もあります。また年々長期化してい
る傾向があります。

○各種査証から切り替えについて
就労査証、ワーキングホリデー査証からの切り
替えを希望する場合も、手続きは新規申請の場
合と同一です。

○個人移住の傾向
申請者の多くは、ワーキングホリデー、留学、
就労など、以前カナダで長期滞在した経験者。
また男性よりも女性の申請者が圧倒的に多数、
年齢的には20代後半から30代半ばまでが中心。
夫婦での移住を考える場合は、奥さんがイニシ
アティブをとっていることの方が多いようです。

○申請書類一覧
◆申請書は全て英語かフランス語で書かれた
原本、または証明書付きの複写のみ有効です。
◆写真4枚/パスポートサイズ
◆有効なパスポート 
◆申請料500C$(18歳以下100C$) 
◆入国税975C$(18歳以下無料)
※申請が却下された場合は返金されます。
◆出生証明書
◆結婚証明書
※養子縁組証明書(該当者のみ)
※別居、離婚の場合は関係書類
◆戸籍抄本
◆卒業証明書
◆カナダ国内に移住している家族、親戚がいる
場合はその証明書類
◆資格証明書
(申請書に書いた自分の職業に関する証明書)
◆無犯罪証明書(警察本部発行)
◆銀行残高証明書
◆職歴証明書 
◆移民後の仕事が決定済の場合、または仕事
依頼がある場合は、雇用主からのレター
<提出書類の翻訳について>
日本文の提出書類は、プロの通訳や翻訳会社に
依頼する必要があり、翻訳認証も必要です。





○制度開始と合格ポイント数の変遷
※合格点数は、67点
社会経済状況によって随時変動します。

永住権発給のポイント制度は97年5月に開始。
2002年6月に移民法が改正され、審査項目と
個々の獲得点数、および合格点数が70点から
75点に変更。その後、2003年9月中旬、67点に
引き下げられました。但し、獲得ポイント数の
高い人が優先されるために、実際の合格点数
は70点前後〜といわれています。


○ポイント計算例

6つのカテゴリーが設定されています。
<ポイント制度公式ガイド>
カナダ移民局の制度ガイド
 
カナダ移民局のポイント審査ガイド

1/年令

カナダ移民局/ポイント制度・年令ガイド
◆47歳以上と17歳以下=0点
◆18〜35歳 12点
◆36歳以上、1歳ごとに1点減点。

2/学歴
移民局/ポイント制度・学歴ガイド
◆25点 博士号所持者
◆23点 マスター所持者
◆22点 2つ以上の大学学位
◆21点 大学卒業、同等の専学校卒業
◆19点 短期大学卒業、同等の専門校卒業
◆15点 専門校卒業
◆5点 高校卒業


3/職業経験
移民局/ポイント制度・職業経験ガイド
原則的に「NOCリストに指定された職種」での
職業経験が必要です。
◆1年 9点
◆2〜3年 11点
◆4〜5年 13点
◆6年以上 15点
■National Occupational Classification
NOC公式サイト
2010年6月NOCリスト改定。指定職種は全29。

4/語学力
移民局/ポイント制度・語学力ガイド
語学能力を証明する書類の提出が必要です。
◆第一言語能力(英語・フランス語)能力
0点〜24点
※書く、読む、話す、聞く各4点・5点・6点
◆第二言語能力(英語またはフランス語)。
ボーナス加算4点

5/雇用の保証(就職の内定)
移民局/ポイント制度・雇用保証ガイド
HRSDCエンプロイメント・センターの労働許可
証対象であることが必要。
◆10点
■Human Resources
and Skills Development Canada
HRSDC(カナダ人材省)公式サイト

6/適応性
移民局/ポイント制度・適応性ガイド
◆申請者がカナダで1年以上就労 10点
◆配偶者がカナダで1年以上就労 5点
◆配偶者の語学レベルが規定レベル以上 5点
◆申請者が2年以上カナダで就学 5点
◆配偶者が2年以上カナダで就学 5点
◆申請者の就職がカナダで内定 5点
◆カナダ在住の近親者がいる 5点