海外移住情報


ニュージーランド永住権
技能者カテゴリー




永住権・技能者カテゴリー要旨

技能者カテゴリーのポイントスコア

○永住権・技能者カテゴリー
Skilled Migrant Category
2003年12月17日、旧制度が廃止され新制度が
施行。新制度移行は、ニュージーランドが必要
とするスキルを備えた人材の確保が目的。
また2010年7月、新ポイントスコアが実施開始。

○公式ガイド
ニュージーランド移民局
<大使館への資料請求>

Self-Assessment Guide For Redidence in NZ
というパンフレットを配布。
ニュージーランド大使館


○申請登録/EOI
申請希望者は、初めに申請登録(Expression
of Interest)を行います。
登録できるのは、55歳以下で健康上の問題が
なく、2年以内に受験した「IELTS」英語力試験
の合計が6.5以上の人。
IELTS公式サイト

○ポイントスコア・セレクション
◆申請登録した人の中から100ポイント以上を
取得できる人が次段階の審査候補として保管
され、原則的に2週間毎に行われるセレクション
によって高得点者から選択されます。
各セレクションでの選択者人数は、残数・登録
数・登録者レベルにより毎回異なります。
<実際の必要点数>
ポイント点数の引き上げによって、現実的には
140点以上の獲得が必要となっています。

◆選択されなかった登録者リストは3ケ月間保
留され、次回のセレクション対象となりますが、
同期間内に選択されなかった場合は登録抹消
となります。
◆選択された人には、永住権および就労居住
査証の案内が送付されます。

○関連機関
New Zealand Qualifications Authority
国立資格審査局。海外で取得された資格を、
国内で認可するか否かを判断する機関。









■ポイントスコア ※2011年8月改変

5つのカテゴリーが設定されています。
ニュージーランド移民局/ポイントガイド

○年令
◆20−29歳=30点
◆30−39歳=25点
◆40−44歳=20点
◆45−49歳=10点
◆50−55歳=5点

○雇用保証 Skilled employment
◆現在NZで1年以上雇用されている=60点
◆現在NZで1年未満雇用されている。または
雇用オファーがある=50点
<ボーナスポイント>
◆発展分野・人材不足分野での雇用=10点
◆オークランド地区以外での雇用=10点
◆配偶者またはパートナーの雇用・雇用オファ
ーがある=20点

○職務経験 Relevant work experience
◆2年=10点
◆4年=15点
◆6年=20点
◆8年=25点
◆10年=30点
※週30時間のフルタイム。
※週30時間以下のパートタイムの場合は就労
時間をフルタイム時間数に充当して期間算定。
<ボーナスポイント>
◆NZでの就労経験1年=5点
◆NZでの就労経験2年=10点
◆NZでの就労経験3年以上=15点
◆発展分野、人材不足分野でのNZでの就労
経験2〜5年=10点
◆発展分野、人材不足分野でのNZでの就労
経験6年以上=15点

○資格・学歴 Qualifications
◆専門学校、短期大学卒業資格=40点
◆4年制大学卒業資格=50点
◆大学院卒業資格=60点
<ボーナスポイント>
◆NZで2年間就学後、修士以上を取得=15点
◆NZで2年間就学後、学士を取得=10点
◆NZで1年間就学後、修士以上を取得=10点

○家族環境
◆NZに家族が居住=10点