海外移住情報・タイ編

観光局、日系旅行会社
航空・空港・鉄道・長距離バス





航空会社、観光局

日系旅行関連会社

○航空会社(国際線・国内線)
タイ国際航空
ノックエア
エアアジア・タイ
バンコク・エアウエイズ
プーケットエアライン
PB AIR
スカイエアラインズ
One-Two-Go
オリエント・タイ航空

○観光局、観光協会
タイ政府観光庁 TAT 
タイ政府観光庁TAT・日本オフィス
タイ旅行業協会
タイ南部観光協会

○宿泊公式サイト
タイ・ホテル協会
タイ・ユースホステル協会

○ホテル情報サイト
Sawadee.com
タイ・ホテルディスカウント 
ホテルタイランド


○格安航空券系旅行会社
バンコク発券は1年オープンの他、方面によって
は短中期チケットもあります。
以下は日本人経営、または日本語が通じる会社。
片道航空券も購入可能。その他、各種査証取得、
ホテル手配、ツアーなども実施。
H.I.S バンコク
エーベックス
Program D International
シンダイ・トラベル
産経旅行タイランド
勝美旅行社

<MPツアーの閉店>
カオサン初の日本人経営店として20年近く営業し
てきたMPツアーは2012年、突如閉店しました。

○ノンイミグラント査証取扱旅行会社
シンダイ・コンサルティング
現地日系旅行会社の査証部門。各種査証・労
働許可取得代行、会社設立業務など。





空港情報
新バンコク国際空港の交通


○スワンナプーム空港/Suvarnabhumi Airport
2006年9月28日、予定から1年遅れで開港。
敷地面積はドンムアン空港の約5倍、成田空港
の約3倍。24時間空港。スワンナプームは「黄金
の土地」の意味。タイ国王が命名。設計はドイツ
人建築家のヘルムート・ヤーン氏。
AからGまでの7つのコンコースがあり、A・Bは国
内線。C〜Gは国際線。
スワンナプーム空港〜市内中心まで約30km。
タイ国際航空の新空港ガイド(日本語)
スワンナブーム新バンコク国際空港
AOT(タイ空港会社)の新空港情報

○空港ガイド
タイ空港会社AOTインフォメーション
バンコク、チェンマイ、チェンライ、ハートヤイ、
プーケットの空港公式ガイド。

○空港施設利用料
国際線の空港施設利用料は2007年2月より500
バーツから700バーツに値上げ。
国内線の空港施設利用料は50バーツから100バ
ーツに値上げ。いずれも航空運賃に含まれる「切
り込み制」を実施。

○旧国際空港(ドンムアン)
新空港開港後も存続。軍・政府関係、チャーター
便に対応。2007年春、新空港損傷のため一部
航空会社が移転、国内・国際線の発着を再開
しましたが、2009年、再びスワンナブーム空港に
統合されました。



○新空港交通/エアポート・エキスプレスバス
乗り場は空港ターミナル1F。高速道路を経由、
市内中心まで所要40〜60分。150バーツ。
・AE1/空港〜シーロム方面
・AE2/空港〜カオサン方面
・AE3/空港〜スクンビット経由〜ワイヤレス通
・AE4/空港〜ファランボーン駅


○ローカルバス

空港ターミナル2Fから無料シャトルバスにて
ローカルバスターミナルまで移動。所要5分。
カオサン方面行きは35バーツ、所要約60分。

○タクシー
市内まで約60分、約300B。別途高速代100B。

○鉄道

国際空港〜マッカサン駅(MRTペッチャブリー
駅乗換)〜バターヤイ駅(スカイトレイン乗換)を
結ぶ鉄道(SA express、SA city line)が2008年
に開通。またマッカサン駅にはチェックインがで
きるシティエアーターミナルが設置。

○カオサンからの空港行きミニバス
旅行会社により料金が異なり120〜200バーツ。

○新交通・エアポートリンクについて
バンコクとスワンナプーム国際空港を結ぶ高速
鉄道「エアポートリンク」はたびたび延期となった
後、2010年8月正式開業。
Airport Rail Link



タイ鉄道

長距離バス

タイ国鉄
鉄道公社(State Railway of Thailand)が運営。
メインは北・南・東・東北ラインの4路線。予約
できるのは寝台、1等(個室)、2等。3等は予約
不可。また特急SP、ディーゼル特急EXP.DRC、
急行EXP、普通ORDなどの種類があります。
特急列車は食事(弁当)と飲み物付き。クーラー
が強いので長袖シャツが必要です。
タイ国鉄/タイムテーブル
タイ国鉄/運賃表
■北ライン
バンコク〜チェンマイ。所要12時間前後。
■南ライン
ハートヤイからスンガイコーロク行き(20時間)と
パタンプサール行き(17時間)に分岐。
■東ライン
バンコク〜カンボジア国境のアランヤプラテート
まで所要5時間30分。
■東北ライン
ナコーンラーチャシーマー(コラート)からラオス
国境のノンカイ行き(11時間)とウボンラーチャタ
ニー行き(13時間前後)に分岐。
<タイ〜ラオス国際鉄道/1日1往復>
将来的にはビエンチャン市内中心部までの延長
も計画されています。
◆ノンカイ〜
ノンカイ朝9時着の列車(バンコク発前日20時)に
乗車。出入国手続きを経て、9時45分にノンカイ
を出て、10時にラオス・タナレン駅到着。
◆ラオス・タナレン〜
タナレン17時発、ノンカイ17時45分着。出入国
手続きを経て、ノンカイ発18時20分、バンコク着
翌6時25分。

○乗り放題パス
外国人旅行者向けのVisit Thailand Rail Pass
は乗り放題パス。ブルーパス・1500Bとレッドパ
ス3000Bの2種類。急行料金・寝台料金が含ま
れいるかどうかの違い。共に20日間有効。


○バンコク・ノーイ駅 (トンブリー)
カンチャナブリー、ナコーン・パトム方面のローカ
ル列車の発着駅。場所は王宮、国立博物館の
対岸。ロットファイ船着場からソンテウ利用。

○ファランポーン駅

地下鉄駅がありアクセスは便利。窓口は1番〜
22番。駅とインフォメーションは24時間オープン。
駅構内にはインターネットカフェ、フードコート、
手荷物預かり、有料トイレ・シャワーなどがあり
ます。近くにはチャイナタウンがあるので散策も
できます。

○バンコク〜シンガポールの国際急行
毎日バンコクを14時45分に出発。バンコクから
ハートヤイを経て、国境を超えマレーシアのバ
ターワース(ペナン)まで約21時間。
列車を乗り継ぎクアラルンプールまで6時間。
再度列車を乗り継ぎシンガポールまで8時間。
バンコク〜シンガポールまでは2泊3日、朝着。
<マレーシア国境のイミグレーション>
出入国手続きはタイ南部国境のパダンブサー
ルのイミグレーション。オフィスは駅構内。
約1時間停車し、車内アナウンスに従って手続
きします。駅の両替所はレートが悪いのでやめ
たほうが無難。

○イースタン&オリエントエキスプレス
月1〜3回運行。バンコク〜シンガポール、2泊
3日の豪華列車、別名走るホテル。
オリエント・エキスプレス・ホテルズ・ジャパン 


○長距離ローカルバス
方面別に東・北・南の3つのターミナルがあります。
多くのバス会社がVIPバス、エアコンバス1等・2等、
普通の4種類を運行し、料金や所要時間はそれぞ
れに異なります。VIPバスが最も快適。
Thai Transport

■東バスターミナル(エカマイ)
タイ東海岸方面へのバスが発着。
BTSのエカマイ駅前にあり移動が便利。
tel 0-2391-2504
<方面別所要時間>
パタヤ/2時間30分、ラヨーン/3時間
トラート/6時間

■南バスターミナル(サーイタイ・マイ)
タイ南部方面と西部方面のバスが発着。
2007年11月、新ターミナルが完成したため移
転しました。新しい場所は旧ターミナルの5キ
ロ西(タリンチャン区ボロンマラート通りソイ85)。
<方面別所要時間>
プーケット/14時間、ハートヤイ/14時間
スラタニー/11時間、カンチャナブリ/2時間

■北バスターミナル(モーチット・マイ)

タイの北部、東部、中部、東北部方面のバスが
発着。BTSサバーン・クワイ駅、または地下鉄
カンペーン・ペッ駅を下車しバスかタクシー利用。
<方面別所要時間>
アユタヤ/1時間30分、チェンマイ/9時間30分
チェンライ/12時間、メーサイ/12時間30分
メーホンソン/12時間30分、ピサヌローク/5時間30分
スコータイ/7時間、コンケン/7時間
ノンカイ/9時間30分、ウボンラチャタニ/10時間30分
ウドンタニ/9時間

○プーケット・バスターミナル発長距離バス
プーケットタウンの市場前ソンテウ乗り場から
徒歩約10分。
<バンコク行き>
一日12便、14時間。
<バンコク行き、VIP24>
所要11時間、夕方2本のみ。一人用席が一列
ある一車24席。早く、シートが広く快適。970B。
■主な運行路線
・ハートヤイ/一日7便、7時間
・クラビ/一日17便、3時間
・ナコンスリタマラット/一日2便、7時間
・パタロン/一日1便、6時間
・ラノーン/一日3便、5時間
・サムイ/一日1便、8時間
・サトン/一日2便、7時間
・スラタニー/一日5便、4時間半
・タクアパ/一日10便、3時間
・トラン/一日15便、5時間
・その他

○バンコク・カオサン発ツーリストバス
長距離バスの多くは夕方発の夜行。国際バスはカン
ボジア、ラオス、マレーシア、シンガポールなど。
国内バスは各地と島々に運航。

○各地発ツーリストバス
各地から主要観光地までのバス網が発達しています。









バンコク乗り入れ外国航空会社一覧 (2006年度)
アジアのハブ空港として発展しているため、日本よりも多い外国航空会社が乗り入れを行っています。


○日系
日本航空 JL
全日空 NH

○アジア系

チャイナエアライン CI
エバー航空 BR
立栄航空 B7
エア・チャイナ CA
中国東方航空 MU
中国南方航空 CZ
中国南西航空 SZ
中国北方航空 CJ
中国雲南航空 3Q
アモイ航空 MF
マカオ航空 NX
ラオス航空 QV
エア・インディア AI
インディアン・エアライン IC
ジェットエアウェイズ(9W) ※2007年1月乗入開始
アシアナ航空 OZ
大韓航空 KE
高麗航空 JS
ピーマン・バングラデシュ航空 BG
キャセイパシフィック CX
ガルーダ・インドネシア航空 GA
マレーシア航空 MH
ミャンマー国際航空 UB
パキスタン航空 PK
フィリピン航空 PR
カンボジア航空 VJ
プレジデントエア TO
シュムリアップ国際航空 FT
ロイヤルプノンペン航空 RL
ロイヤル・ブルネイ航空 BI
ロイヤル・ネパール航空 RA
シンガポール航空 SQ
ジェットスターアジア航空 3K
タイガー航空 TR
スリランカ航空 UL
ベトナム航空 VN
ダラックエア KB
ミネビア MB
メコン航空 M8
ドゥルク航空 KB

○北米系
アメリカン航空 AA
カナディアン航空 CP
エアカナダ AC
ノースウエスト航空 NW
ユナイテッド航空 UA


○ヨーロッパ系

アエロフロート・ロシア国際航空 SU
エールフランス AF
アリタリア航空 AZ
バルカン・ブルガリア航空 LZ
ブリティッシュ航空 BA
チェコ航空 OK
フィンランド航空 AY
KLMオランダ航空 KL
ラウダエア NG
ポーランド航空 LO
ルフトハンザ・ドイツ航空 LH
LTU国際航空 LT
オリンピック航空 OA
スカンジナビア航空 SK
スイス国際航空 LX
タロム・ルーマニア航空 RO
トルコ航空 TK
カザフスタン航空 9Y
ウズベキスタン航空 HY
トルクメニスタン航空 TS
アエロ・シビット VV
エア2000 DP
イベリア航空 IB
ブリタニア航空 BLX
マーティンエア MP
プレミエア DK
エア・アスタナ 4L
S7航空 S7
トランスアエロ UN

○太平洋系
ニュージーランド航空 NZ
カンタス・オーストラリア航空 QF
ジェットスター航空 JQ

○中東アフリカ系
エジプト航空 MS
エル・アル・イスラエル航空 LY
エチオピア航空 ET
カタール航空 QR
ガルフエア GF
クウェート航空 KU
ヨルダン航空 RJ
エミレーツ航空 EK
南アフリカ航空 SA
エティハダ航空 EY
マハンエア W5
エア・マダガスカル MD
ケニア航空 KQ