海外移住情報


メキシコ査証編
United Mexican States

現地事情編






○査証免除
180日以内の滞在は査証不要。観光(Turismo)、商用(Negocios)、通過(transito)の3種類。
<空路入国>
機内配布されるFMM (Forma Migratoria Multiple)に記入、入国時に提出。
登録手数料(DNI/Derecho Para No Inmigrante)は航空運賃に含まれています。
<陸路入国>
国境通過後、入国管理オフィスにFMMを提出。登録手数料(約20ドル相当)の支払いが必要です。
米国から入国し国境都市のみ滞在、72時間以内に米国に戻る場合はFMM登録が不要の場合が
ありますが流動的です。
■観光目的の滞在期間と滞在延長
入国時の滞在許可は30日または最長90日。以降は、内務省移民局または最寄りの都市にある
出入国管理事務所で延長手続きが必要。継続滞在できる期間は最長180日まで。 手続きには
1年以上有効のクレジットカードまたは100ドル以上の所持金提示が必要です。無料、所要1時間。
滞在期限満了日の30日前より申請することができます。
■商用目的の滞在期間
2007年10月より入国時に最長180日間の滞在許可が得られます。但し、滞在期間決定は入国審
査官の判断によります。尚、APECのビジネス・トラベル・カード(ABTC)携行者は専用レーンでの
入国審査が実施されています。
メキシコ大使館

○移民局
メキシコ内務省・入国管理局/Instituto Nacional de Migracion
<メキシコシテイ>
Secrtaria de Gobernasion Instituto Nacional de Migration
Homero 1832. Col Polanco  tel 741-5883
(ポランコ駅からタクシー利用。徒歩では行けません)
■査証関連機関
メキシコ外務省 

○滞在許可証
180日を超える滞在には入国管理局(INM)の本部または地方事務所にて、滞在目的に応じた滞在
許可証の取得が必要。長期滞在者用と居住者用があります。在日大使館での取得は不可。査証
免除入国での現地申請可能。許可期間は滞在目的により異なり、更新は期限満了の30日前から
手続きできます。

○滞在許可証<長期滞在者用 FMNI> ※旧・FM3査証
1年毎の更新が必要。更新は4回まで、最長5年間。それ以降は新たに申請し直すことが必要です。
有効期間中の出入国は自由。
■学生用
3ケ月を超える就学者が対象。必要書類は認定教育機関の入学許可証、1ケ月300ドル以上の滞
在費証明または留学費用支払い証明、写真2枚など。別途、同伴する家族用の許可証もあります。
メキシコ教育省
■業務用
長期出張・駐在などビジネス用。1年までの滞在が可能。発給料金12000円、発給まで所要4日。
必要書類は申請書、写真2枚、会社推薦状。駐在員として赴任する場合は申請の前に、勤務会社
を通じて内務省広報担当次官局が発行する入国受諾書の事前取得が必要。
■就労用
手続きは雇用主が雇用申請書を内務省移民局に提出、審査が通過すれば数ケ月後に認可通知
書が雇用主に発行。被雇用者はこの通知書と写真などを移民局に提出します。比較的容易に発
給されますが、外国人雇用には企業内容の基準や業種別に雇用人数枠などの規定もあります。
就職以外ではフリーランサーとしても取得できますが、職業や能力を証明する確かな書類が必要。
<収入基準>
収入基準は1ケ月約9000ペソ。扶養家族がいる場合は一人当たり約5千ペソが追加されます。また
メキシコに住居を所有している場合は半額程度に減免されます。
<不法就労の罰則>
不法就労は300ドルの罰金と18ケ月以下の禁固刑。
■投資・企業家用
投資、起業、企業経営者用。200万ペソ(約2000万円)の資金証明、または200万ペソ相当の取引
を証明できる書類が必要です。

○滞在許可証<居住者用滞在許可証 FMI> ※旧・FM2査証
就労など自由な活動も認められています。原則的には一時居住者用滞在許可証(FMNI)所持者が
対象。滞在実績を経た後に申請。発給数の
約6割はアメリカ人。

○永住権
居住者用滞在許可証(FMI)を取得し5年間を経ると申請資格が得られます。

○リタイアメント査証
メキシコのリタイアメント査証は年令に関係なく毎月1000ドルの収入(年金、金利収入など)がある
人が対象となります
詳細は、リタイアメント査証のページを

○外国人登録
学生と科学従事者は入国後、または該当在留資格取得後30日以内に外国人登録所にて外国人
登録が必要です。

○税関申告
1万ドル以上の持ち込み・持ち出しには税関申告が必要です。