海外移住情報


トンガ査証編
Kingdom of Tonga

現地事情編






○入国について

30日以内の滞在は査証不要。但し出国用の航空券所持が必要です。
<トンガ大使館>
東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル2F tel (03)6441-2481

○トンガ外務省・移民局
■Immigration Division. Ministry of Foreign Affairs
P.O.Box352 Nuku'alofa tel 26969. 26970

○滞在延長

査証免除(訪問査証)にて入国の場合、ヌクァロファの移民局にて手続きすれば累積6ケ月まで
滞在延長可能。1ケ月当たり75パ・アンガ(約20ドル)の手数料支払いが必要です。

○居住査証/temporary resident
婚姻など現地に居住する場合が対象。2年毎の更新。2004年、中国系移民の増加などを背景に
入国管理法が改定され、外国人の居住許可はより厳しいものとなっています。

○ビジネス査証/temporary business

就労者などビジネス関係者が対象。現地企業に雇用される場合は2年毎の更新。
■投資家用特別査証
外国人投資家とその家族には、事業が継続している限り有効な、居住・労働のためのビジネス
査証が発給。また認可企業に従事している外国人労働者とその家族に対しても発給されます。

○労働許可証
外国人が就労する場合は労働産業省(MLCI))の労働許可証取得が必要。有効期間は2年。
更新する場合は期間満了の1ケ月前までに申請が必要。投資家以外の労働許可証は、現地の
人にはできない職種に限られます。発給まで半年から1年程度かかる場合が普通。但しコネ社
会のために、コネがあると労働許可証に限らず、営業許可証、滞在許可証なども早く発給される
こともあります。また雇用主による保証金の積み立て(1000ドル)が必要。
<必要書類>
申請書・パスポート・写真/健康診断書/保証人2名/無犯罪証明/雇用契約書・職務明細
書/専門技術資格の所持証明/雇用主のビジネス免許と会社登録証明/他、要求される書類
<入国後の申請は不可>
査証免除などで入国後、現地申請することはできません。違反すると1000バ・アンガ(約500ドル)
の罰金。
■労働産業省(MLCI/Ministry of Labour, Commerce & Industries )
P.O.Box 110 Nuku'alofa  tel23-365  fax23-887

トンガのリタイアメント査証

○経済市民権

以前は7000ドルの支払いで経済市民権を取得できる制度がありましたが、現在は廃止されてい
ます。