HOME/海外移住情報・安田修の愛犬生活とペットロス


海外移住情報・安田修と愛犬たちの近況報告 <4>
2020.9〜現在
まで


2020年9月1日 もうすぐフランの一周忌

愛犬を亡くして生きがいや生きる活力を失っても、人は誰も目を覚まし、ご飯を食べる。それが人間の、そして生命あるものの本能であり、宿命。毎日がどんなに辛くても、生きなければならない。この1年、私にとって試練でしかなかった。そしてまだまだ試練は続く。尚、命日にアニマルコミュニケーターさんにフランとお話ししてもらう予定。それが一番の楽しみであり最たる癒し…。また強烈台風の通過後にナッツの散歩をしていると、スリスリしてくれるコーギー犬とばったり。名前もわかった。「レオン」ちゃん。

2020年9月7日 フランの命日
   ⇒ 亡きフランとアニマルコミュニケーター
9月7日AM0時に旅立ったフラン。台風が過ぎ去った7日の午後、那覇にある供養棚のおやつを入れ替え、お線香をあげてきた。 供養棚の年間契約も更新。一周忌法要について考えた結果、特別な法要はやめて、次の日曜の慰霊祭に参加して供養棚の前でお経を唱えてもらうことにした。フランのブランコにも立ち寄り、写真を膝にのっけてブランコしてきたが、この気持ち、1年前の悲しみとなんら変わらない…。
尚、トップページに<フラン、旅立ちから1年が過ぎたね>を追加。またアニマルコミュニケーターさんにフランとお話ししてもらった。
2020年9月8日 スイカ
昨日、アニマルコミュニケーターさんに、「スイカもね」とお供えのリクエストをしたフラン。なので、早速、フランが大好きだったスイカをお供えした。その直後、ナッツが祭壇の前でずっと佇んでいた。フランとお話しているのだろうか…。
2020年9月13日 慰霊祭での一周忌の読経と住職
自粛環境ではあるものの、一周忌の節目なので慰霊祭に参加。当然参加者は少なく、落ち着いて過ごせた。供養棚の前では一周忌用のお経をあげてもらった。読経時、「私が悲しむと、フランも悲しむ」ことから、巡り会えたことへの感謝、使命を全うしたことへの尊敬を笑顔で伝え、天界での幸せ・将来の幸せをひたすら願った。また読経の後、住職と少し話をした。「フランが傍にいると思って、生前と同じように話をしながら暮らしているんですよ」というと、「私も同じ。2年前に亡くなった猫に、いたずらしちゃダメだよ、などと声をかけます。魂は生きているから、それが一番。フランちゃんも喜んでますよ」と応えてくれた。車に乗り、「フラン、ナッツが待っているから帰ろうね」と声をかけたときには、晴れた気分になっていた。ただ、帰りにフランのブランコに立ち寄った際には、ほんの少しだけ目が潤んだ。

2020年9月14日 フランの夢
朝方、フランの夢を見た。3時ごろに目覚めた時、「フランの夢を見たい」と願って再度寝ると、1ケ月ぶりに夢を見た。ナッツと一緒に現れてくれたが、あっという間で内容もよく覚えていない。「あっ、フランだよね」と呼びかけたのは覚えている。1か月に1回の割合で夢を見ているので、とにかくも良かった。



海外移住情報・安田修と愛犬たちの近況報告 <1> 2019.8〜2019.12