海外移住情報


海外渡航関連情報一覧





査証、査証関連書類
査証の基礎知識、無犯罪証明書、各種関連書類

渡航
パスポート、身分証明、渡航時の注意事項 

マネー
お金、為替、銀行口座、送金、カードの基礎知識

航空券
航空券とツアーの基礎知識

宿泊
宿泊施設の基礎知識とお役立ち情報

渡航ツール
各種渡航滞在ツールと旅情報サイト





日本関連機関
在外日本公館業務・日本人会・日本人学校 

公的手続き
在留届・転出届・運転免許・税金・死亡時の問題

年金・保険・医療・教育
海外での年金と国民健康保険の適用

留学・語学
留学・研修・サポート商品の裏側
語学・留学資格と関連情報

旅の話題
旅コラム(全52話)・WEBマガジン連載の再録 

旅スタイル
バックパッカーのすすめ



移民局、在日公館、観光局、外務省関連


○イミグレーションオフィス

現地滞在の諸手続きと管理は通常イミグレーションオフィスと呼ばれる機関が実施しています。
管轄省庁は国により異なり、内務省(警察関連)、外務省、国防省、総務省などの下部機関となって
いるケースがあります。正式名称も国により異なり、通称は日本語では移民局、入国管理局、出入
国管理事務所など。英語通称にはパスポートオフィス、エイリアンオフィスなどがありますが、イミグ
レーション(immigration)と呼ぶのが最も通じる呼び方です。スペイン語圏での通称はイミグラシオン。
尚、アジアや中東の国では移住省を設置している国がありますが、これは外国人の出入国管理を
行うのではなく、昔の日本の「国策移住」のように自国民の出稼ぎ就労や海外移住を管轄。

○在日公館(大使館・領事館・名誉総領事館)
大使館は政治経済などの外交窓口業務を行う国の出先機関となっています。領事館は大使館の管
轄の下、査証の発行と自国民の保護など、個人を対象とする業務を実施。また大使館内にも領事部
が設置され、領事業務を行なっています。名誉領事館は日本人を含めた民間人を名誉領事に任命、
広報や交流活動業務などを委託。名誉領事館によって行っている業務は異なり、名誉職でしかない
場合もあります。


○観光局の運営形態

日本には多くの国が観光客誘致や広報のために政府観光局を設置していますが、運営形態は国に
よって異なり、本国予算で直轄設置されている場合、大使館・領事館に併設されている場合、日本の
旅行会社など民間に委託されている場合などがあります。また国によっては「正規の政府観光局」と
いう形ではなく「観光促進局」という形で複数の民間会社に観光局の名称を付与している場合があり
ます。この場合、背景に「観光局」という名前を旅行者集客に利用したい旅行会社の思惑があり、純
粋な観光広報より運営旅行会社商品の販売促進に重点が置かれているケースがありますので注意
が必要です。

○外務省
外務省
領事局には領事サービス室、海外安全相談センター、邦人テロ対策室、海外邦人安全課などのセ
クションがあります。 また一部の在外公館では定住や長期滞在用の査証情報を提供しています。
外務省領事局
外務省領事局/海外安全ホームページ 
■危険度レベル基準の見直し
従来から外務省の危険度情報はアテにならないと不評でしたが、2002年より日本旅行業協会や各
国大使館の抗議により発出基準を見直すことに。これは、外務省や国土交通省も危険度情報に歪
みがあることを認めたため。いずれにしても危険度レベルは一つの目安でしかないので、要は本人
の意志と判断次第。但し、危険を軽んじた無謀すぎる行動は厳禁です。
■やはり相変わらずの外務省・邦人保護
「日本人が困っていても話も聞いてくれない」という日本の在外公館の悪評は今やあたりまえ。仕事
は日本からやってくる代議士やお役人達の接待が最優先。米国大使館のように国民の権利保護や
トラブル解決に奔走するという姿は日本大使館には無縁な環境。各種届け出など事務手続き以外
は期待しないほうがいいといわれています。このような中、数々の不祥事の批判を受けて旅行者対
応にも改善の兆しがあったものの、2004年末の南アジア津波被災では各国があらゆる手段を講じ
て懸命に被災者状況を調査するのに対して、外務省は様々な手段を今後の検討事項として挙げる
だけ。在外公館の邦人保護への無関心さが改めて露呈しました。
■日本人の在外公館駆け込み件数ベスト5
2010年度の在外公館「邦人援護件数」は約17000件。前年度比約3%増。
トップは前年度3位のフィリピン・マニラ大使館。前年まで17年連続のタイ・バンコクは3位に後退。
2位は中国・上海領事館。次いでフランス・パリ大使館、米国ロサンゼルス領事館。
ちなみにフィリピン大使館が1位となった背景には、観光客のトラブル以外にも、移住した日本人が
お金を使い果たし、「困窮邦人」として在外公館に救いを求めるケースが急増していることなどがあ
ります。また一般的なトラブルの多くは、旅行者の盗難や強盗などお金に絡むもの。現地の人と触
れ合いたいという意識があるために、警戒心が薄い人も多いという要因もあるようです。



その他



○消費税について
消費税は世界145ケ国で実施、付加価値税(VAT/Value Added Tax)と呼ばれています。
※アメリカ・インドなど、消費税に類似しているものの消費税とは仕組みが異なるものは上記145ケ
国の中には含まれていません。
世界の消費税/全国間税会総連合会

○英誌エコノミスト調査/世界で最も住みやすい都市ランキング

世界140都市を対象に、治安状況や医療サービス、文化、環境、教育などの30項目を基に「住みや
すさ」を数値化。カナダのバンクーバーが5年連続で1位。 トップ10にカナダとオーストラリアの8都
市が占める状況は例年通り。ちなみにパリが16位、ロンドン53位、ニューヨーク56位、香港31位、
北京72位。日本の大阪は12位、東京18位。
■2011年度調査ベスト10
1.バンクーバー(カナダ)2.メルボルン(オーストラリア) 3.ウィーン(オーストリア)
4.トロント(カナダ) 5.カルガリー(カナダ) 6.ヘルシンキ(フィンランド)  7.シドニー(オーストラリア)
8.パース(オーストラリア)  9.アデレード(オーストラリア) 10.オークランド(ニュージーランド)

■ワースト10
1.ハラレ(ジンバブエ) 2.ダッカ(バングラデシュ) 3.ポートモレスビー(パプアニューギニア)
4.ラゴス(ナイジェリア) 5.アルジェ(アルジェリア) 6.カラチ(パキスタン) 7.ドゥアラ(カメルーン)
8.テヘラン(イラン) 9.ダカール(セネガル) 10.コロンボ(スリランカ)