ひまひまデータ3

〜最新競艇データ情報〜
since 2000.1.11

競艇オフィシャルWebで提供されるデータを
フル活用してできた情報を公開しています。

(得意なデータ)選手個人の成績、選手個人の条件
(苦手なデータ)レース毎のデータ、舟券予想→ただいま勉強中

自転車モンキー 回転1/3
今日の回転 昨日の回転 

最終更新 2022.1.17  22:55

ひまひま競艇i-modeページ
i-modeページのアドレスをメールで送る

マンスリーpdfダウンロードはこちら


〜 尼崎GI周年・11日から  大村GI周年・15日から 〜

予選得点計算スペシャル

2022.1.16 尼崎 優勝戦
     
今後の
GII以上出場予定
2022年
「尼崎」OC
記念優勝/優出 尼崎
記念優勝経験
最後の記念優出 最後の記念優勝
1 優勝 4494 河 合 佑 樹    6+10点+1 初優勝!/3+1 (GII・19.7MB大賞) 2021/02/11  
2 5着 3780 魚 谷 智 之   17+4点+1 14/79+1 04.2地区選・07.12MB大賞
08.1周年
2021/05/14 2017/10/13
3 6着 4736 高 倉 和 士    0+3点+1  0/ 1+1   2019/02/14  
4 2着 4028 田 村 隆 信    5+9点+1 18/83+1 09.1周年 2021/03/16 2021/03/16
5 3着 4477 篠 崎 仁 志   16+6点+1  4/23+1 (GII・20.7MB大賞) 2021/11/15 2020/05/31
6 4着 4238 毒 島   誠   優先出場 19/72+1 14.6周年 2021/12/19 2021/11/09
14日、4494河合佑樹選手が予選1位通過。自身2回目の記念予選1位。
前回は2018/12/04浜・GI周年(準優2着→優出3着)。
ちなみにGIIの方では2回の予選1位通過があり、そのうちの1つが2年半前のここ尼崎GIIMB大賞(優勝!)でした。

4482守屋美穂選手が準優に。守屋選手は、出場した男女混合の記念(ただしBBCT除く)3節連続で準優に。
96年以降3節連続は、日高選手が2件(05.12GI→06.2GI→06.3GIと12.12SG→13.1GI→13.1GI)、
横西選手が2件(08.6GI→08.7GI→08.7GIと08.11SG→09.2GI→09.2GI)、田口選手が1件(06.2GI→07.6SG→08.2GI)達成していて、守屋選手で6件目。

男女混合のGII以上(ただしBBCTと男女別予選のGIIIMB大賞を除く)では、守屋選手は4節連続で準優に。
96年以降その4節連続は、田口選手(05.7大GII→06.2下GI→07.6住SG→08.2宮GI)と日高選手(12.12住SG→13.1尼GI→13.1若GI→13.3児GII)が
達成していて守屋選手で3件目。
・21年7月以降、4482守屋美穂選手の男女混合のGII以上(ただしBBCTと男女別予選のGIIIMB大賞を除く)
 予選12位(6.33)→準優3着        2021/07/24芦SGオーシャンC
 予選敗退 (3.40)               2021/08/28蒲SGメモリアル
 予選 4位(6.83)→準優4着        2021/10/07琵GI周年
 予選 8位(6.83)→準優2着→優出4着 2021/10/24津GIIMB大賞
 予選18位(5.83)→準優6着        2021/11/18丸GI周年
 予選 8位(6.67)→準優?着        2022/01/15尼GI周年
最近6節で5回の準優進出!

1000 420 310 220 180 150万  10 9 6 5 4 3点

〜 常滑・2022年ファン感謝3Days 〜

10日、トーナメントで3着だった4847佐藤隆太郎選手が優勝。
7回の開催で、トーナメント3着以下だった選手の優勝は初です。

9日常滑9〜12R、セミF10R、1着選手(トーナメント2着)が不良航法。
2着選手(同4着)を1着相当、3着選手(同3着)を2着相当に。
(1日目トーナメントの待機・不良はよくありますが、
2日目の復活戦・セミFでの待機・不良は初めてだと思われます。)
セミF1着(+相当)からトーナメント1着は0人。
セミF2着(+相当)はトーナメント1着3人が抽選となりました。
→抽選でファイナル5枠は4183宇野弥生選手に。

セミF2着4人のうち、トーナメント1着1人(抽選なし)となることが多く、
1着3人の抽選は初初でした。

ファイナル1〜4枠に、トーナメント4着(セミF2着)の4090中村尊選手。
ファイナル1〜4枠に、トーナメント4着以下の選手が乗るのは、
2017年の4611今井美亜選手と今回だけ。


9日常滑5〜8R、優勝戦6枠は、トーナメント4着の3996秋山直之選手と4823中村桃佳選手で抽選。
→抽選でファイナル6枠は3996秋山直之選手。
(4090中村尊選手はセミF10R出場選手なので、復活戦6Rの成績は関係ありません。
19年の4433川野芽唯選手のようなケースです。)

7日
 (初日)トーナメント1〜3着→(2日目)セミFへ
 (初日)トーナメント4〜6着→(2日目)復活戦へ

 (2日目)セミF24人から1着「4人」が優出、2着から「1人」が優出。
 (2日目)復活戦24人から「1人」が優出です。

(初日)トーナメントの着順がとても大事です。セミFに乗るならトーナメント3着でもいいとか、
復活戦回りならトーナメント4着も5着も同じということはありません!
(2日目)セミFで2着になったときや、(2日目)復活戦で1着になったとき、
(1日目)トーナメントの着順が影響してきます。
考えられた絶妙に素晴らしい勝ち上がり方式です。

ちなみに、16〜21年の優勝者の(初日)トーナメント着順は、1着3人、2着3人。
トーナメント3着以下の選手はまだ優勝していません。


7日、19年3月のマクールに書かせていただきましたが、実はとてもよく出来た勝ちあがり方式です。
全選手が無事故無違反のケースで計算すると
初日トーナメントの着順による優出確率以下のようになります。
トーナメント1着から順に→ 26.7 19.0 16.8 10.0 2.3 0.15(%)=合計75%
(合計が75%になるのは、8レースx75%=優出6人のため。)

トーナメント1着の場合優出率は26.7%。1着だからと言って優出率はそれほど高くありません。
1着でも4人に3人は優出できません。そして2着・3着だった選手も優出可能です。
3着と4着でしっかり差があり、5着以下は厳しくなります。
とてもきれいにバランスよく配分されている勝ちあがり方式です。

トーナメント1〜3着の選手から5人が優出、4〜6着の選手から1人が優出で
理論上の平均優出人数は、トーナメント1着から順に→
2.14 1.52 1.35 0.80 0.19 0.01(人)=合計6人

 

優勝戦5枠
セミファイナル2着
  優勝戦6枠
復活戦1着
  理論上の
発生率
      理論上の
発生率
 
最上位1着が4人 1.2%     最上位4着が4人 1.2%  
最上位1着が3人 9.9% 22年   最上位4着が3人 9.9% 16・18・21年
最上位1着が2人 29.6%     最上位4着が2人 29.6% 17・22年
最上位1着が1人 39.5% 16・17・18・21年   最上位4着が1人 39.5% 20年
             
最上位2着が4人 1.2%     最上位5着が4人 1.2%  
最上位2着が3人 4.9%     最上位5着が3人 4.9%  
最上位2着が2人 7.4% 20年   最上位5着が2人 7.4% 19年
最上位2着が1人 4.9% 19年   最上位5着が1人 4.9%  
             
最上位3着が4人 1.2%     最上位6着が4人 1.2%  
 ・トーナメント着順
    セミF1着  セミF2着
16年 1113    223 …抽選なし
17年 1124    223 …抽選なし
18年 1112    233 …抽選なし
19年 1233    333 …抽選なし
20年 1123    2233 …2着2人で抽選
21年 112    223 …抽選なし
22年 234    1113 …1着3人で抽選
   ・トーナメント着順
    復活戦1着
16年 4445 …4着3人で抽選   
17年 4455 …4着2人で抽選
18年 446 …4着3人で抽選
19年 556− …5着2人で抽選
20年 66責 …抽選なし
21年 4446 …4着3人で抽選
22年 446− …4着2人で抽選
22年セミF10Rは1着選手(トーナメント2着)が不良航法、
2着選手(同4着)を1着相当、3着選手(同3着)を2着相当としています。
16〜22年の優出42人のうち、トーナメントでの着順別人数は、
1着から順に→  18    9    6   8   1   0  (人)
理論上は→   15.0 10.6  9・4 5.6 1.3 0.1 (人)

優勝者のトーナメント着順は、16年以降、1 2 1 1 2 2 3。


〜 2022年・正月(年末年始) 全日程終了 〜
12月25日〜1月8日
〜2022年正月(年末年始)レース 優勝者〜
桐 生 4238 毒島  誠 群馬 尼 崎 3780 魚谷 智之 兵庫
戸 田 5042 畑田 汰一 埼玉 鳴 門 4685 島村 隆幸 徳島
江戸川 4468 大池 佑来 東京 丸 亀 4437 中田 元泰 香川
平和島 3792 田中  豪 東京 児 島 3233 小畑 実成 岡山
多摩川 3256 三角 哲男 東京 宮 島 3719 辻  栄蔵 広島
浜名湖 3960 菊地 孝平 静岡 徳 山 3897 白井 英治 山口
蒲 郡 4074 柳沢  一 愛知 下 関 3942 寺田  祥 山口
常 滑 4983 前田 篤哉 愛知 若 松 4848 仲谷 颯仁 福岡
 津 (打切…幻の優勝戦)   芦 屋 4296 岡崎 恭裕 福岡
三 国 4828 松山 将吾 滋賀 福 岡 4136 江夏  満 福岡
琵琶湖 4262 馬場 貴也 滋賀 唐 津 4092 岡部 大輔 佐賀
住之江 4168 石野 貴之 大阪 大 村 4715 村上  遼 長崎
●菊地孝平選手は3年連続正月レース優勝!(浜→浜→浜)。
●島村隆幸選手は3年連続正月レース優勝!(鳴→鳴→鳴)。
○2年連続正月レース優勝は、寺田祥選手。
〜(参考)2021年お盆¥レース 優勝者〜
桐 生 3159 江口 晃生 群馬 尼 崎 4290 稲田 浩二☆ 兵庫
戸 田 4444 桐生 順平☆ 埼玉 鳴 門 4063 市橋 卓士 徳島
江戸川 4401 小林  泰 東京 丸 亀 4459 片岡 雅裕 香川
平和島 4075 中野 次郎☆ 東京 児 島 4441 末永 由楽 岡山
多摩川 4688 永井 彪也☆ 東京 宮 島 4571 菅  章哉 徳島
浜名湖 3744 徳増 秀樹☆ 静岡 徳 山 4361 柳生 泰二 山口
蒲 郡 3941 池田 浩二☆ 愛知 下 関 4237 大峯  豊 山口
常 滑 3946 赤岩 善生 愛知 若 松 3257 田頭  実 福岡
 津  (休催中)   芦 屋 4477 篠崎 仁志☆ 福岡
三 国 4061 萩原 秀人 福井 福 岡 4885 大山 千広 福岡
琵琶湖 3721 守田 俊介☆ 滋賀 唐 津 4320 峰  竜太☆ 佐賀
住之江 4044 湯川 浩司☆ 大阪 大 村 3779 原田 幸哉☆ 長崎
●3年連続お盆レース優勝は、篠崎仁選手(若→福→芦)。
○2年連続お盆レース優勝は、徳増・片岡選手。
○GWからの2連続優勝は、桐生・中野・萩原・稲田選手。

☆印は8月24日〜蒲郡MB記念出場予定選手です。

 

〜(参考)2021年GWレース 優勝者〜
桐 生 3622 山崎 智也 群馬 尼 崎 4290 稲田 浩二 兵庫
戸 田 4444 桐生 順平 埼玉 鳴 門 4028 田村 隆信 徳島
江戸川 4787 椎名  豊 群馬 丸 亀 4739 中村 晃朋 香川
平和島 3716 石渡 鉄兵 東京 児 島 3300 川崎 智幸 岡山
多摩川 4075 中野 次郎 東京 宮 島 3573 前本 泰和 広島
浜名湖 3959 坪井 康晴 静岡 徳 山 3897 白井 英治 山口
蒲 郡 4586 磯部  誠 愛知 下 関 3942 寺田  祥 山口
常 滑 4084 杉山 正樹 愛知 若 松 4350 篠崎 元志 福岡
 津 4344 新田 雄史 三重 芦 屋 4256 渡辺 浩司 福岡
三 国 4061 萩原 秀人 福井 福 岡 4522 古澤 光紀 福岡
琵琶湖 4760 山崎  郡 大阪 唐 津 4503 上野真之介 佐賀
住之江 4168 石野 貴之 大阪 大 村 3349 吉田 一郎 長崎
○寺田祥選手が4年連続GWレース優勝(徳→徳→徳→下)。
○白井英治選手が3年連続GWレース優勝(下→下→徳)。
○正月からの2連続優勝は、前本・寺田祥・上野選手。

〜(参考)2021年正月(年末年始)レース 優勝者〜
桐 生 4851 関  浩哉 群馬 尼 崎 (打切…幻の優勝戦)  
戸 田 4547 中田 竜太 埼玉 鳴 門 4685 島村 隆幸 徳島
江戸川 4366 前沢 丈史 東京 丸 亀 4030 森高 一真 香川
平和島 3613 角谷 健吾 東京 児 島 4166 吉田 拡郎 岡山
多摩川 4266 長田 頼宗 東京 宮 島 3573 前本 泰和 広島
浜名湖 3960 菊地 孝平 静岡 徳 山 3942 寺田  祥 山口
蒲 郡 4308 河村  了 愛知 下 関 4324 海野康志郎 山口
常 滑 3941 池田 浩二 愛知 若 松 4364 池永  太 福岡
 津 4024 井口 佳典 三重 芦 屋 4477 篠崎 仁志 福岡
三 国 4472 尾嶋 一広 兵庫 福 岡 4314 青木幸太郎 福岡
琵琶湖 3582 吉川 昭男 滋賀 唐 津 4503 上野真之介 佐賀
住之江 4042 丸岡 正典 大阪 大 村 4320 峰  竜太 佐賀
●峰竜太選手は4年連続正月レース優勝!(唐→唐→唐→大)。
○2年連続正月レース優勝は、中田竜・長田・菊地・池田・島村選手。
○お盆からの2連続優勝は、篠崎仁選手。

 

〜 福岡・2021年クイーンズクライマックス&G3シリーズ戦 26日から 〜

2021.12.31 福岡12R クイーンズクライマックス優勝戦
        賞金女王
12131415161718192021
30日終了
+17.3万
31日終了 優勝  2着  3着 4着  5着 6着 失格
30%
0円 記念優勝/優出 2022年
大村総理杯
2022年
尼崎OC
3着 2平高奈菜(114) −−22−3−○優3 4995万 5425万(2位) 6495 5645 5425 5295 5245 5195 5055 ×  1/ 6+1 一般V6 16+6点+1
優勝 4田口節子(115) 2−−−−○−○○優 3837万 5337万(3位) 5337 × × × × × × × 2+1/9+1 一般V5
→記念優勝
 3+10点+1
5着 5渡邉優美(341) −−−−−−−−−5 3936万 4186万(5位) 5436 × × × × × × ×  0/ 1+1 一般V4  9+4点+1
2着 1遠藤エミ(243) −−−○6優2232 5789万 6439万(1位) 7289 6439 6219 6089 6039 5989 5849 5789  2/10+1 記念優勝 29+9点+1
6着 3守屋美穂(324) −○4−−−6656 4094万 4294万(4位) 5594 × × × × × × ×  0/ 6+1 一般V6 11+3点+1
4着 7平山智加(451) ○優5−5−−−44 3636万 3936万(6位) 5136 × × × × × × ×  3/10+1 一般V2 13+5点+1
30日終了時点の金額に日当など2.3万+GI特別参加賞15万を先に加算しています。

  色=自力で女子賞金1位
  色=女子賞金1位の可能性あり

30日、4450平高奈菜選手が2年連続で1号艇に!
優勝すれば初の2年連続QC優勝者となります。

そして平高選手が優勝すれば、遠藤エミ選手を逆転して女子賞金1位となります。(そのときは歴代で、女子の年間獲得賞金2位に。)
優秀女子選手は、平高選手vs遠藤選手となるのではないでしょうか。

平高選手が優勝できなかった場合、遠藤エミ選手の女子賞金1位となります。
そのとき優秀女子選手は、遠藤エミ選手でほぼ確定ではないでしょうか。
さらに遠藤エミ選手が優勝した場合、あの20年前の寺田千恵選手の6721万を超える7289万となり、
20年ぶりに年間の女子賞金の記録を更新することになります。

ところで平高選手も遠藤選手も優勝できなかった場合、年間5000万以上の女子選手が同時に3人誕生することになります。
5000万以上2人は2019年だけ(大山・遠藤選手)。3人はまだありません。


ちなみに、96年以降に新設された「優秀女子選手」は、ほぼ、その年の女子賞金1位の選手が選出されています。
96〜20年の25回のうち、女子賞金1位でない選手が「優秀女子選手」に選出されたケースは2件だけ
 97年 優秀女子選手=大島聖子  女子賞金1位=谷川里江
 12年 優秀女子選手=三浦永理  女子賞金1位=田口節子 (三浦選手は賞金女王第1回優勝。田口選手は特別賞に。)

優出6名のうち、優秀選手表彰経験。
平高選手…10年最優秀新人、20年優秀女子
田口選手…11年優秀女子、12年特別賞。
渡邉選手…
遠藤選手…17年優秀女子
守屋選手…(優秀選手表彰経験なし。)
平山選手…09年最優秀新人、13年優秀女子


●歴代、女子選手の年間獲得賞金5000万以上
 1位 3435寺田  千恵 2001年 6721万
 2位 4502遠藤  エミ  2021年 6439万 (QCは2着)
 3位 3188日高  逸子 2005年 5718万
 4位 4885大山  千広 2019年 5683万 (QCは5着)
 5位 3435寺田  千恵 2000年 5660万
 6位 4450平高  奈菜 2020年 5491万 (QC優勝1500万)
 7位 4450平高  奈菜 2021年 5425万 (QCは3着)
 8位 4502遠藤  エミ  2019年 5393万 (QCは2着)
 9位 4502遠藤  エミ  2017年 5390万 (QC優勝1200万)
10位 4050田口  節子 2021年 5337万 (QC優勝1500万)
11位 4387平山  智加 2013年 5267万 (QC優勝1000万)
12位 3232山川美由紀 1996年 5126万
13位 3774横西  奏恵 2006年 5080万


・クイーンズクライマックス優勝戦の賞金の変遷
 1500 650 430 300 250 200  19〜21年
 1200 450 340 230 190 160  16〜18年
 1000 380 270 190 160 140  12〜15年(15年はF発生のため優勝は800万)

・シリーズ戦優勝戦の賞金の変遷
  200  90  70  57  51  47  19〜21年
  100  71  51  40  36  34  17〜18年
  100  70  50  40  36  34  13〜16年
   70  45  35  30  27  24  12年
19年からシリーズ戦の優勝賞金は200万になっています。


1500 650 430 300 250 200万  10 9 6 5 4 3点

30日11R終了渡邉優美・平高奈菜選手が当確。
12Rの守屋美穂・田口節子選手は完走当確の状況。事実上残り2名です。
(守屋選手が6着の場合、平山=1着&海野=2着&遠藤=3着であっても
海野選手は選出11位のため、選出3位の守屋選手の6位以内が確実です。)

事実上、遠藤・平山・海野・大山選手から2人です。


田口選手は3着以内で優勝戦1号艇が確定。4着以下の場合は、平高選手が1号艇。

  得点7.00基準→       賞金女王     +1以上 +0 ▲1 ▲2 ▲3 ▲4以下
  3日間の着順→   12131415161718192021 29日 30日   136 145 235 244 236 245 334 156 246 255 335 344 256 336 345  
2021.12.30 福岡11R
1 5渡邉優美 (341) 3枠 −−−−−−−−− ▲1 +2 2着以内 3着 4着 5着 6着以下
2 10寺田千恵 (533)   ○4○34243○ ▲2 ▲2 1着 2着 3着 4着 5着以下
3 6小野生奈 (266)   −−○○○6○○2 ▲1 ▲4 2着以内 3着 4着 5着 6着以下
4 8細川裕子 (652)   −−−−−○○−○ ▲5 ▲3                 1着 2着 3着以下
5 12大山千広 (525)   −−−−−−−56 +0 ▲2 2着以内 3着 4着 5着 6着
6 2平高奈菜 (114) 1枠 −−22−3−○優 +6 +5 6着以内
2021.12.30 福岡12R
1 1遠藤エミ (243) 4枠 −−−○6優223 +1 +1 3着以内 4着 5着 6着
2 7平山智加 (451) 6枠 ○優5−5−−−4 ▲3 +0     1着 2着 3着 4着以下
3 11海野ゆかり(632)   −2○−○5−−− ▲3 ▲1   1着 2着 3着 4着以下
4 3守屋美穂 (324) 5枠 −○4−−−665 +2 +1 4着以内 5着 6着
5 4田口節子 (115) 2枠 2−−−−○−○○ +6 +4 6着以内
6 9西村美智子(4F6)   −−−−−−−−− ▲18 ▲21                                 1着以下
いつものトライアルボーダー表です。
同得点の場合でも上位着位数順に並べています。上位着位数も同じであれば選出順で順位が決まります。
ライン(縦)より左側に入る人数を数えるとボーダーラインが見えてきます?

29日現在以下、同着なし・全員完走・待機なし・不良なしと考えます。 
絶対当確ラインは、+1(22点)以上。
4450平高奈菜選手と4050田口節子選手は完走当確です。
田口選手は第1回の優出選手(優勝戦1号艇→2着)。そのときの優出6選手で今年のQCに出場しているのは田口選手だけ。
その第1回以来9年ぶりの優出となりそうです。
平高選手は去年の優勝者でした。優勝すれば、今年も女子賞金1位に。そして(年間の)女子賞金歴代2位に。
QC開催以降(2012年以降)、QCの2年連続優勝者はいません。
ちなみに、96年以降、女子賞金2年連続1位は、山川美由紀選手(98→99年)、寺田千恵選手(00→01年)、
田口節子選手(11→12年)の3選手。


ちなみに、96年以降の「優秀女子」は25回のうち23回は、”女子賞金1位”の選手が選ばれています。
97年の大島聖子選手と12年の三浦永理選手だけ、女子賞金1位ではありませんでした。
(97年は谷川里江選手、12年は田口節子選手が女子賞金1位。)

今年の女子賞金1位は、4502遠藤エミ選手か4450平高奈菜選手です。
平高奈菜選手が優勝した場合だけ、平高選手が女子賞金1位。それ以外は遠藤エミ選手の女子賞金1位となります。


 +3 +2 +0 ▲1 ▲2 ▲3

29日、28日終了時点で遠藤選手は5735万で歴代2位となっています。
QC優勝の場合だけ、寺田千恵選手の6721万の記録を超えることになります。

22日、遠藤エミ選手は、あと9万円ほどで歴代2位の2005年日高選手を超えます。
そしてQC優勝すれば、あの2001年の寺田選手の6721万を越えることになります。

●歴代、女子選手の年間獲得賞金5000万以上(12/22時点)
 1位 3435寺田  千恵 2001年 6721万
 2位 3188日高  逸子 2005年 5718万
 3位 4502遠藤  エミ  2021年 5709万←QC優勝で歴代1位に
 4位 4885大山  千広 2019年 5683万 (QCは5着)
 5位 3435寺田  千恵 2000年 5660万
 6位 4450平高  奈菜 2020年 5491万 (QC優勝1500万)
 7位 4502遠藤  エミ  2019年 5393万 (QCは2着)
 8位 4502遠藤  エミ  2017年 5390万 (QC優勝1200万)
 9位 4387平山  智加 2013年 5267万 (QC優勝1000万)
10位 3232山川美由紀 1996年 5126万
11位 3774横西  奏恵 2006年 5080万

2021年の女子賞金1位争いは、遠藤選手 vs 平高選手の優勝条件。
ただ平高選手=優勝&遠藤選手=2着で、遠藤選手1位の可能性もあるかもしれません。

・QC優勝賞金変遷
 2012年以降 1000→1000→1000→(800)→
 2016年以降 1200→1200→1200→
 2019年以降 1500→1500→1500→
(15年はST事故発生のため、BR振興会会長賞200万なし。)

●女子選手の年間獲得賞金最多記録「更新」の変遷(…正確ではないかもしれません。)
 1988年以前は不明ですが、2945鈴木弓子選手や2995小神野紀代子選手が
 持っていたのではないでしょうか。
 1989年 2983鵜飼菜穂子 3555万
 1990年 2983鵜飼菜穂子 3950万
 1991年 2983鵜飼菜穂子 4558万
 1995年 3232山川美由紀 4928万
 1996年 3232山川美由紀 5126万
 2000年 3435寺田  千恵 5660万
 2001年 3435寺田  千恵 6721万
89年の鵜飼選手が女子初の3000万だと思われます。
鵜飼選手が3年連続更新して91年は4500万に。
その記録は4年後に山川選手が更新、そして翌年96年に女子初の5000万突破。
この女子5000万突破は、「QCが無い時代」では5件しかない大記録。
そして2001年!それから20年近く、誰も届かない3435寺田千恵選手の6721万が誕生します。
6000万以上もそのときの寺田選手だけ。

上に”5000万突破は、「QCが無い時代」では…大記録”と書きましたが、
現時点(12/23)でQCはまだ行われていません。QC前で今、遠藤選手は5709万です!!
(19年の大山選手もQC前で5350万で、5000万突破です。)

        〜 2021年優秀選手表彰 〜

●最優秀選手 …3783瓜生正義選手(賞金1位)に決まりました。
賞金1位の3783瓜生正義選手vs4320峰竜太選手となるのではないでしょうか。
(もう1人挙げるとすれば、メモリアル優勝とPGIのマスターズ優勝をした3779原田幸哉選手も少しだけ可能性があるでしょうか。)

1990〜2020年の31回のうち、賞金1位=MVPは28回。賞金2位=MVPは3回。
賞金2位=MVPとなった選手はその年の最初の1億円選手でもあります。(90年今村豊、92年今村豊、00年西島義則。)
00年の西島選手はSG3連覇を達成しましたが、最後にGPで市川哲也選手に逆転されました。
それ以来20年間、賞金1位の選手がMVPになっています。

峰選手はSG優勝1回ですが、
GP優勝者の選手が、「翌年のGP直前までのSGで優勝」することはとても難しく、
96年以降のSGでは、97年オールスター(植木通彦)、01年メモリアル(市川哲也)、
16年グラチャン(山崎智也)、21年オールスター(峰竜太)の4件だけ。
GP優勝者がその後の1年以内にSG優勝するケースは意外と少ないところ峰選手はオールスターで優勝。

そのためか、86年以降、2年連続MVPとなった選手は、98・99年と08・09年の松井繁選手だけ。
その松井選手だけが2年連続MVPを(2回)達成しています。

●最優秀新人 …5042畑田汰一
5042畑田汰一選手の最優秀新人は確定ではないでしょうか。
(12/30時点)唯一の優勝者(2回)で、1着回数は断トツの1位、勝率も獲得賞金額も1位、
GIには4節出場し、GIIでは準優進出もありました。

●最多賞金獲得 …3783瓜生正義
3783瓜生正義選手の最多賞金獲得選手は2016年以来2回目。

●最高勝率 …4320峰竜太
4320峰竜太選手が「7年」連続の最高勝率選手に!
そもそも最高勝率選手は何年も続けて同じ選手が取れるタイトルではありません!

11年瓜生→12年白井→13年瓜生→14年瓜生。15年以降は、すべて峰選手です。
12年4月頃に持ちベラ制度が終了。
14年12月頃から(1年をかけて)徐々に出力低減モーターに変わります。
勝率部門は、持ちペラ制度が終わった辺りで瓜生選手の時代、
さらに出力低減Mに変わって完全に峰選手の時代になっています。

●最多勝利 …3473石川真二
 3473石川真二 122勝 勝率7.14
 4561藤山翔大 122勝 勝率7.12
勝率差により、石川真二選手が最多勝利選手に。
最多勝利選手争いは久しぶりに年末(12月31日)決着となりました。
4561藤山翔大選手の122勝(勝率7.12・1994点)を石川真二選手が超えることが確定したのは
2021/12/31芦4R(4着)でした。
藤山翔大選手、最後は猛烈な追い込みでした。残りの斡旋状況から石川選手の優勢は変わらないと
思っていたのですが、こんなにもギリギリまで石川選手が追い込まれるとは思いもしませんでした。

・96年以降の最多勝利選手で、石川選手は年長順で3位。(年齢はその年の12月31日時点)
 09年 3010大嶋一也 51歳11ヶ月
 18年 3257田頭  実 51歳 9ヶ月
 21年 3473石川真二 51歳 8ヶ月
 98年 2260林   通 50歳 1ヶ月

・96年以降、最多勝利選手で、1着回数が同数で並んだケースは3回目
 00年 114勝 3499市川哲也 > 3360原田富士男 
 11年 124勝 3783瓜生正義 > 3697勝野竜司
 21年 122勝 3473石川真二 > 4561藤山翔大

ところで、3473石川真二選手は今年350走を達成。96年以降の最多出走回数を更新!
・96年以降、年間出走344走以上
 21年 3473石川真二 350走
 17年 4288永田啓二 349走
 19年 3946赤岩善生 345走
 01年 3244後藤道也 344走
 02年 3214中西長松 344走
 10年 4189川上  剛 344走

●優秀女子 …4502遠藤エミ選手(女子賞金1位)に決まりました。
4502遠藤エミ選手vs4450平高奈菜選手の状況で、QC優勝者は4050田口節子選手となりました。
結果、女子賞金1位は4502遠藤エミ選手。レディースCとLCC優勝もあり、
優秀女子選手に一番近いのは遠藤選手だと思われます。
他に候補に挙がる選手は、やはり平高奈菜選手。そしてQC優勝した田口節子選手ではないでしょうか。

●記者大賞 …3783瓜生正義選手(賞金1位)に決まりました。
ほぼ、MVPは記者大賞
96年以降、MVPと記者大賞が違ったケースは3回だけ。
 99年MVP=松井繁、   記者大賞=今垣光太郎
 01年MVP=田中信一郎、記者大賞=市川哲也
 08年MVP=松井繁、   記者大賞=井口佳典
01年はメモリアルで市川哲也選手がSG完全優勝を達成!
08年は井口佳典選手がGPで優勝。前年GP優勝戦エンスト失格からの翌年GP優勝がとても印象的でした。

30日、芦屋5R・9R終了、3473石川真二選手が2勝を挙げ122勝に。
4561藤山翔大選手の122勝に並びました。
1着回数が同じの場合、勝率上位の選手が最多勝利選手となります。
3473石川真二 …122勝 7.15 (=2460÷344)
4561藤山翔大 …122勝 7.12
もしも、勝率も同じだった場合、着順点上位で決めるのでしょうか。
そうだった場合、藤山翔大選手が最多勝利選手となるのは、
31日の石川選手が2走1点以下の場合だけ。(6着と選責など。)

〜 大村・2022年ボートレースクラシック選考 〜
選考期間は12月末まで。


独自集計の総理大臣杯ランキング


1月4日正式発表、正式な絶対当確ラインはV6の勝率7.12でした。
12月31日終了、絶対当確ラインはV6の勝率7.30の2089点(上條暢嵩選手の真上)。残り0。

平高選手…QC優勝戦5着以内であれば当確。6着以下であっても、遠藤選手が優勝すれば当確。
上條選手…平高選手が6着以下であれば当確。そうでなくても平高選手か遠藤選手が優勝すれば当確。

31日福岡QC優勝戦終了、優勝した4050田口節子選手が当確。
そして3着でゴールした4450平高奈菜選手がV6の勝率で当確に。当確46+地区6、残り0。

クラシック最後の2人はQC優勝戦で決まります。
(12/31にF休などがあれば状況は変わります。)
↓QC優勝者/1平高選手着順→ 1〜5着
ココ↓
6着
1平高 平高上條  
2田口 ココ→ 平高・田口←ココ 上條・田口
3渡邉 平高・渡邉 上條・渡邉
4遠藤 平高上條 上條平高
5守屋 平高・守屋 上條・守屋
6平山 平高・平山 上條・平山
 



29日、平高奈菜選手はQCのトライアル2戦2勝で着順点22点。残り2走を10点で自力当確となります。
QCは優出すると考えれば、残り2走完走の場合は、46・55・56・64・65・66着以外であれば着順点10点以上です。

平高選手が勝率で当確となっても、QCで平高選手か遠藤選手が優勝すれば、上條暢嵩選手は当確です。


28日、上條暢嵩選手の真上(V6の7.30の2089点)が絶対当確ラインになりました。
平高選手は残り3走を、3着+3着+優出4着(=着順点21点)でも当確です。

27日、優勝条件だった4398船岡洋一郎選手(鳴門優勝)と、
3946赤岩善生選手(常滑優勝)がそれぞれ当確に!
絶対当確ラインはV6の勝率7.32のまま。(…正確にはV6の7.31の1982点。)
このまま(事実上)、V6の勝率争いに突入することになります。

V6で7.30の4719上條暢嵩選手はほぼ当確では、と思っていたのですが、
QCで遠藤・平高選手以外の10人からQC優勝者が出て、かつ、平高選手が勝率7.30以上のような場合、
上條暢嵩選手が53位以下になってしまうかもしれません…。
(平高選手は4走32点で上條選手超えに。例えば節間、133優4のようなケースでも着順点は32点=11+7+7+7です。)

22日、ちなみに選出順位順は、原田幸哉→前本泰和→峰竜太→濱野谷憲吾→新田雄史→平本真之選手の順。
31日、新田選手と平本選手の勝率順は入れ替わりなくそのままでした。)

SG優勝1回+GI優勝2回の3779原田幸哉選手(大村)が選出順位1位だと思われます。
(ドリームが発表されるまで、ドリームの枠番順=選出順位順かどうかは確定ではないかもしれませんが、)
地元・大村でのSGドリーム1号艇は3779原田幸哉選手が有力ではないでしょうか。
原田選手のSGドリーム1号艇は4回ありますが、すべてGPシリーズ戦でした。
1月11日、忘れておりました。地区選を含めた選出順位の順でドリームは決まると思われます。
SG優勝回数→GI優勝回数→GII優勝回数→全優勝回数→勝率の順であれば、
前本泰和・峰竜太・濱野谷憲吾・新田雄史・平本真之選手は、地区選で優勝すると、
(地区選優勝できなかった場合の)原田幸哉選手を追い越します。

1月4日正式発表、大村・総理大臣杯(当確46選手+地区選優勝6名)
関東 4238毒島 誠 4787椎名 豊 4444桐生順平 4573佐藤 翼
3590濱野谷憲吾 4075中野次郎 4266長田頼宗 4468大池佑来 4688永井彪也 4928栗城 匠
東海 3959坪井康晴 4933板橋侑我
3941池田浩二 3946赤岩善生 4337平本真之 4344新田雄史
近畿 4013中島孝平 4061萩原秀人 4415下出卓矢 4502遠藤エミ 4686丸野一樹
3557太田和美 4168石野貴之 4427秦 英悟 4561藤山翔大 4719上條暢嵩 4760山崎 郡
四国 3743林 美憲 4028田村隆信 4757山田祐也
4450平高奈菜
中国 4418茅原悠紀 3573前本泰和 3719辻 栄蔵 4398船岡洋一郎 4816村松修二
3897白井英治 3942寺田 祥
九州(長崎除く) 3783瓜生正義 4371西山貴浩 4504前田将太 4831羽野直也 3623深川真二 4320峰 竜太
長崎支部 3779原田幸哉 4174赤坂俊輔
12/21、V7以上は最大でも51名で、V7以上は全員当確。当確39+地区6。残り7名。
訂正)まだ優勝していないQC優勝者分を誤って含めて当確39にしてしまっておりました。正確には、当確38+地区6。残り8です。
12/22、絶対当確ラインはV6の7.41。V6の7.62で終了している4427秦英悟選手が当確。当確39+地区6。残り7。
12/23、絶対当確ラインはV6の7.34。V6の7.40で終了している4075中野次郎選手が当確。当確40+地区6。残り6。
12/26、絶対当確ラインはV6の7.32。V6の7.32以上は確定の4174赤坂俊輔・3743林美憲選手が当確。当確42+地区6。残り4。
12/27、絶対当確ラインはV6の7.32のまま。優勝で当確の4398船岡洋一郎・3946赤岩善生選手が
それぞれ優勝で当確!当確44+地区6。残り2。
12/31福12R、絶対当確ラインはV6の7.30の2089点。QC優勝した4050田口節子選手が優勝で当確。
QC優出3着の4450平高奈菜選手がV6の勝率で当確。以上、当確46+地区6。残り0。

1/4正式発表、QC優勝した4050田口節子選手はそもそも家事都合欠場でした。
当サイトでは1/4発表時点で正式な52位を4719上條暢嵩選手とします。以上、当確46+地区6。残り0。




SG初出場は4398船岡洋一郎・4561藤山翔大・4928栗城匠・4933板橋侑我選手。

12月31日終了、一般V5以上に届く可能性がある選手全員の斡旋予定。



(「□」印はGII以上、「●」印は一般優勝、「×」印は優勝ならず。)




〜 2022年前期・級別審査 〜
級別審査期間は10月31日まで


10月31日最終ボーダー
A1級=6.20(325人)
A2級=5.35(323人)
B1級=定員割れ(761人)
B2級=(198人)
--------------------
合計1607人



10月31日22:30更新→全1607選手の勝率一覧&斡旋予定(EXCELファイル)
LHA圧縮していません。


10月31日の勝負がけ

 

以前作っていた過去の支部別?優勝戦成績はこちら


〜 ルール改正でどうなる(ときどき更新) 〜

年度別・選責スタート事故
  SG優勝戦 SG準優戦 GI優勝戦 GI準優戦 GII優勝戦 GII準優戦 一般優勝戦
1996年度 0人(0件) 0人(0件) 1人(1件) 14人( 8件)     57人(42件)
1997年度 0人(0件) 5人(3件) 6人(4件) 13人( 8件)     54人(40件)
1998年度 2人(2件) 4人(3件) 9人(7件) 24人(13件)     50人(26件)
1999年度 0人(0件) 4人(1件) 9人(5件) 18人(11件)     71人(44件)
2000年度 3人(2件) 1人(1件) 6人(4件) 13人(10件)     61人(44件)
2001年度 1人(1件) 4人(2件) 2人(2件) 14人( 9件)     64人(42件)
2002年度 2人(1件) 1人(1件) 0人(0件) 14人( 7件)     37人(23件)
2003年度 2人(1件) 3人(3件) 1人(1件) 5人( 4件)     60人(34件)
2004年度 2人(2件) 4人(3件) 7人(2件) 14人(10件)     37人(26件)
2005年度 0人(0件) 2人(1件) 1人(1件) 6人( 3件)     36人(28件)
2006年度 1人(1件) 4人(3件) 2人(2件) 15人( 8件)     32人(26件)
2007年度 0人(0件) 4人(4件) 0人(0件) 17人( 9件)     25人(19件)
2008年度 0人(0件) 1人(1件) 2人(2件) 7人( 6件)     40人(29件)
2009年度 0人(0件) 2人(2件) 1人(1件) 12人( 7件)     39人(34件)
2010年度 0人(0件) 1人(1件) 4人(3件) 4人( 3件) 4人(1件) 1人(1件) 36人(25件)
2011年度 2人(1件) 2人(1件) 1人(1件) 5人( 3件) 0人(0件) 2人(1件) 38人(33件)
2012年度 0人(0件) 3人(2件) 1人(1件) 10人( 6件) 0人(0件) 3人(1件) 34人(28件)
2013年度 1人(1件) 1人(1件) 2人(2件) 6人( 5件) 0人(0件) 0人(0件) 21人(20件)
2014年度 0人(0件) 4人(2件) 5人(3件) 10人( 7件) 0人(0件) 3人(3件) 27人(20件)
2015年度 0人(0件) 2人(2件) 4人(3件) 7人( 6件) 0人(0件) 1人(1件) 38人(28件)
2016年度 0人(0件) 4人(3件) 1人(1件) 1人( 1件) 0人(0件) 0人(0件) 29人(23件)
2017年度 0人(0件) 1人(1件) 5人(3件) 2人( 2件) 0人(0件) 5人(3件) 31人(24件)
3月26日現在
2018年度 0人(0件) 0人(0件) 2人(1件) 7人( 6件) 0人(0件) 4人(1件) 26人(17件)
SG準優には賞金王トライアルを含んでいます。
GII優勝戦は一般優勝戦に含めて集計していましたが、2010年度以降は分離します。
  
GI・GII選出除外中の選手一覧
11月20日 現在
(ちなみにGIBRバトルチャンピオントーナメントの前年優勝者・GI賞金女王決定戦の選出除外には関係ありません)

  4253 西川  真人 2010/04/25 び・GII優勝戦 2011年 1月10日以降のGI・GIIに復帰可能 (21年後期B1級)
  4019 笠原    亮 2020/02/01 浜・GI  準優 2020年 7月30日以降のGI・GIIに復帰可能 (21年後期B2級)

  4736 高倉  和士 2020/09/05 常・GII 準優 2021年 2月22日以降のGI・GIIに復帰可能 …2022/01/11尼・周年で復帰予定
  4083 福島  勇樹 2021/02/17 多・GI  準優 2021年 9月19日以降のGI・GIIに復帰可能 
  3903 白石    健 2021/09/20 鳴・GI  準優 2022年 3月13日以降のGI・GIIに復帰可能

  GI復帰について取り扱います。(GIIのみ復帰の場合は掲載したまま)

 

オールレディース競走(とヴィーナスシリーズなど)選出除外期間一覧(2014年4月以降)
(独自集計です。正しくない可能性があります。)
2021年12月29日現在
(ちなみにGI賞金女王決定戦、GIIレディースチャレンジカップの選出除外には関係ありません)

 4183 宇野 弥生  2014/06/24 桐・ヴS 準優   2014/09/10〜2014/12/09
 4050 田口 節子  2014/07/06 多・ヴS 優勝戦 2014/10/10〜2015/04/09
 4300 加藤   綾  2014/07/14 津・ヴS 準優   2014/09/20〜2014/12/19
 4065 金田 幸子  2014/07/23 宮・ヴS 準優   2014/10/02〜2015/01/01
 4519 市村 沙樹  2014/08/18 平・オL 準優   2014/10/16〜2015/01/15
 4372 原田 佑実  2014/11/03 住・オL 準優   2015/01/17〜2015/04/16
 3845 中谷 朋子  2014/11/19 戸・オL 優勝戦 2015/02/09〜2015/08/08(前検日2015/08/03の女子王座と重複)
 3900 香川 素子  2014/12/30 住・賞女S準優  2015/03/08〜2015/06/07
 4823 中村 桃佳  2015/03/08 丸・オL 準優   2015/05/14〜2015/08/13(前検日2015/08/03の女子王座と重複)
 4530 小野 生奈  2015/11/17 三・ヴS 準優   2016/01/09〜2016/04/08
 4183 宇野 弥生  2015/12/08 若・ヴS 準優   2016/03/18〜2016/06/17
 4450 平高 奈菜  2015/12/08 若・ヴS 準優   2016/03/12〜2016/06/11
 4349 犬童 千秋  2015/12/08 若・ヴS 準優   2016/02/20〜2016/05/19
 4484 稲生 夏季  2015/12/08 若・ヴS 準優   2016/02/18〜2016/05/17
 3289 高橋 淳美  2015/12/16 桐・オL 準優   2016/02/21〜2016/05/20
 3579 中里 優子  2016/11/04 江・オL 準優   2017/01/12〜2017/04/11(前検日2017/02/27のレディースオールスタ−と重複)
 4823 中村 桃佳  2016/11/04 江・オL 準優   2017/01/19〜2017/04/18(前検日2017/02/27のレディースオールスタ−と重複)
 4536 喜井つかさ  2016/11/04 江・オL 優勝戦 2017/01/18〜2017/07/17(前検日2017/02/27のレディースオールスタ−と重複)
 3993 永井 聖美  2017/05/22 戸・オL 優勝戦 2017/07/29〜2018/01/28(前検日2017/07/31の女子王座と重複)
 4627 藤原 菜希  2018/01/28 下・ヴS 優勝戦 2018/04/12〜2018/10/11(前検日2018/07/30の女子王座と重複)
 4611 今井 美亜  2018/02/04 三・オL 優勝戦 2018/04/21〜2018/10/20(前検日2018/07/30の女子王座と重複)
 4313 西村美智子 2018/07/21 丸・ヴS 準優   2018/09/27〜2018/12/28
 4546 浜田亜理沙 2018/07/21 丸・ヴS 準優   2018/09/24〜2018/12/23
 4764 小池 礼乃  2018/07/21 丸・ヴS 準優   2018/10/03〜2019/01/02
 4823 中村 桃佳  2018/10/31 多・オL 準優   2019/02/15〜2019/05/14(前検日2019/03/04のレディースオールスタ−と重複)
 4546 浜田亜理沙 2019/05/15 児・ヴS 準優   2019/07/10〜2019/10/09(前検日2019/08/06の女子王座と重複)
 4536 喜井 つかさ 2019/05/15 児・ヴS 準優   2019/07/05〜2019/10/04(前検日2019/08/06の女子王座と重複)
 4884 勝浦  真帆 2019/05/15 児・ヴS 準優   2019/08/02〜2019/11/01(前検日2019/08/06の女子王座と重複)
 4548 篠木亜衣花 2019/08/26 津・オL 準優   2019/10/27〜2020/01/26
 4849 森田  太陽 2019/08/26 津・オL 準優   2019/10/31〜2020/01/30
 4819 蜂須  瑞生 2020/04/24 桐・ヴS 準優   2020/07/11〜2020/10/10(前検日2020/08/04の女子王座と重複)
 4347 魚谷  香織 2020/05/01 三・オL 準優   2020/07/16〜2020/10/15(前検日2020/08/04の女子王座と重複)
 3900 香川  素子 2020/06/09 津・ヴS 準優   2020/09/10〜2020/12/09
 4190 長嶋  万記 2020/06/09 津・ヴS 準優   2020/09/10〜2020/12/09
 4373 若狭奈美子 2020/06/09 津・ヴS 準優   2020/09/10〜2020/12/09
 3900 香川  素子 2021/01/31 琵・ヴS 準優   2021/04/12〜2021/07/11
  (ここから上↑は選出除外期間終了)

 4627 藤原  菜希 2021/09/11 常・ヴS 準優   2021/11/21〜2022/02/20
 5079 大石  真央 2021/10/13 下・ヴS 準優   2022/01/10〜2022/04/09(前検日2022/02/21のレディースオールスタ−と重複)
 3900 香川  素子 2021/10/28 琵・ヴS 準優   2022/01/04〜2022/04/03(前検日2022/02/21のレディースオールスタ−と重複)
 4900 中田  夕貴 2021/12/30 福・賞女S準優  2022/03/30〜2022/06/29

〜 新人デビュー戦・デビュー節 〜

(100期以降)デビュー第1走成績別人数
100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
選手数 33 28 31 24 22 29 22 31 18 29 30 26 30 28 27 26 29 29 25 27 27
-1
25 26 24 25 28
1着                                    
2着                                    
3着                  
4着            
5着 11 12
6着 17 16 18 15 12 13 17 17 13 14 21 19 20 13 19 22 20 16 21 22 23 17 15 19
失格        
                                       
                                                   
 
デビュー節
1着数
デビュー節
水神祭人数
デビュー節
勝率
1.94 2.08 2.28 2.07 2.05 1.88 1.66 1.54 2.56 1.67 1.77 1.76 1.34 1.77 1.64 2.09 1.61 1.55 1.63 1.44 1.38 1.21 1.44 1.47 1.45 1.44
デビュー節
二連対率(%)
4.40 3.35 5.15 3.89 2.91 4.57 0.66 1.42 8.15 1.79 2.07 2.67 0.44 2.02 3.09 2.63 2.35 1.01 2.38 1.10 0.50 0.00 1.55 1.61 1.08 0.45
デビュー節
事故率
0.73 0.30 0.35 0.50 1.10 0.92 0.61 0.69 0.48 0.40 0.38 0.35 0.63 0.57 0.27 0.51 0.47 0.35 0.12 0.70 0.35 0.30 0.70 0.48 0.34 0.75
(78〜99期)デビュー第1走成績別人数
78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
選手数 32 29 30 36 23 32 23
 -1
30 23 23 26 27 33 32 28 25 27 28 29 20 27 23
1着            
2着      
3着        
4着  
5着 10 11 12
6着 10 14 10 12 11 15 13 13 13 13 12 15 12
失格          
                                 
                                         
 
デビュー節
1着数
10 10 15 11 10 13
デビュー節
水神祭人数
11 10
デビュー節
勝率
3.02 2.87 3.02 2.89 3.25 3.12 2.52 3.36 2.96 2.58 2.63 2.46 2.21 2.66 2.14 2.58 2.25 2.49 2.29 2.67 1.87 2.01
デビュー節
二連対率(%)
12.39 9.84 9.27 11.46 13.50 11.50 6.98 15.84 10.98 8.19 7.96 7.65 4.91 7.34 5.83 6.29 5.82 7.14 6.00 8.67 2.20 3.61
デビュー節
事故率
0.49 0.31 0.54 0.71 0.34 0.27 0.41 0.23 0.73 0.82 0.22 0.41 0.11 0.23 0.54 0.57 0.50 0.22 0.19 0.36 0.38 0.57
 

ひまひまデータ競艇ページ
↓↓ スポンサー様 ↓↓
当たらない競艇亭 「当たらない競艇予想」さんに当サイトを維持するための費用を戴きました!リンクからメルマガ購読して下さいね(^o^)
08年12月ブログを開設されたそうです。リンク変更しました。
(2002.11.19)
 まみさん 競艇オフィシャルWebの「選手応援BBS」にいらっしゃる「まみ」さんから
当サイトを維持するための費用をいただきました。m(._.)m
(2002.11.25)
 アナログkyoteiデータ 「アナログkyoteiデータ」さんから当サイトを維持するための費用を戴きました!
”目で見た選手の特徴”を公開なさってます。当サイトには無いデータが豊富です。(^_^)
(2002.11.28)
ささぴーの
こんなんでええの??
ささぴーさんから当サイトを維持するための費用を戴きました!
ネット上では有名人(^-^)なささぴーさんの競艇サイトです〜。
(2002.11.30)
池千夏選手応援サイト 「池千夏選手応援サイト」ささぴーさんが運営しているのもうひとつのサイト。
過去4年間の女子王座覇者が今四国に住んでいます。次は!!
(2002.11.30)
弘味さんから当サイトの運営資金をいただきました。愛知支部の選手を
応援されてます。いろんな技が詰まっているサイトです。見習いたい〜。
(2002.12.9)
ひーさんから当サイトの運営資金をいただきました。石田政吾選手ファンのための
「石田政吾選手 非公式ページ」を運営されてます。私もあの謎なコメントが好きです。
(2002.12.17)
Space Labo 3554 G’YARAさんから当サイトの運営資金をいただきました。仲口博崇選手公認サイトを
運営されてます。仲口選手の情報もバッチリ。
 PCサイト「2nd Area」はこちら。
(2002.12.18)
御機嫌艇太郎さんから当サイトの運営資金をいただきました。淺田千亜希選手公認サイトを
「3645 淺田千亜希 chappy web」を運営されてます。徳島万歳\(^o^)/。
(2002.12.20)
NOBUさんから当サイトの運営資金をいただきました。もうみなさんご存知、競艇の
ポータルサイト!そこで私は目指したい、ツケチャの「逆アクセスランキング」TOP!(^_^)
(2002.12.26)
研究出版株式会社さんから当サイトへの支援金をいただきました。以前にも書いたのですが、専門紙を
買うときはいつも「研究」でした(^_^)。数年前からネット上でもPDFの専門紙を購入できるようになってます〜!
(2003.5.9)
太陽社さん(住之江競艇の予想屋さんです)から当サイトへの支援金をいただきました。メールで予想配信もなさってます。
専門家による現場からの直前予想ですよね!私のような住之江に行けないインターネット投票会員でも〜〜!
(2003.6.3)
今泉さんから数ヶ月前に支援金をいただいてました(この度リンク許可をいただきました)。「競艇ファイトクラブ」は
レベル高いっす。ボツ覚悟で今月の宿題にチャレンジしましょう(^^)/。今泉さんは女子選手情報にも詳しい方です〜。
(2003.6.12)
競艇小僧掲示板 以前に支援金をいただいてました まっきさんの福岡支部応援サイト。2008/06/30からは
BBSのみで続けられています。
(2003.12.7)
あおさんから支援金をいただきました。今垣光太郎選手応援サイトです。過去のデータが
細かく残されています。その他の競艇資料もかなり豊富でとてもマメな管理人さんです。(^_^)
(2004.2.17)
     
競艇局ホームページ 早くから支援金のお申し出をいただいてました。SG・GI優勝戦で当たったらとの条件でついに的中されまして。(笑)
じょうまんさんとはもう当サイト開設当初からのお付き合い。さまざまな角度から過去・現在・未来の競艇を考えられてます。
(2005.5.21)
Sports@nifty「競艇特集」 Sports@nifty「競艇特集」の皆さんから支援金をいただきました。オフィシャルWebでも発表された新企画サイト。
全てのSGを前検から優勝戦まで現場からの即日レポート。違った切り口で競艇を熱く伝えて下さいます。’05笹川賞から!
(2005.5.21)
  でたでたさんから支援金をいただきました。いつの間にかサイトを作られたとこのことで行ってみると凄いことに…。選手成績を
予選・準優・優勝・一般に分類した独自のデータは画期的です。他にも出走表形式の選手の各種評価を公開されてます。
(2005.5.21)
車で旅打ち!Blogのtakayさんから支援金をいただきました。競艇に関するいろんなニュースを紹介されていて、
そのニュースをさらに深く調べられています。ブログの世界、文章を書くのが苦手な私には不可能な別世界です〜。
(2005.5.21)
三恵書房さんから支援金をいただきました。1992年頃、競艇のルールをもっと知りたくて当時買った競艇の単行本が
三恵書房さんの書籍でした(競艇データ好きになるきっかけだったかも)。予想サイト「激中3連単Web競艇予想」を運営されています。
(2006.11.13)
ラリーズクラブ ラリーズクラブさんから支援金をいただきました。以前からメールをいただいたりしておりました。江戸川だけではなく
毎日の競艇界の出来事について、広範にそして詳細に追われています。(私は大量の文章を書くと数日ダウンします…。)
(2006.12.18)
競艇専門紙「ファイティングボートガイド」さんから支援金をいただきました。ガイドさんのWebサイトが大幅リニューアルされました。
関東の競艇場・浜名湖・SG・全国GIやナイターレースの新聞を発行されていて、ネット新聞も配信されてます!
(NEW)
(2007.12.29)
     
  ほかにも匿名で支援金をいただいております。これからも頑張ってまいります!
2002年11月以降ひまひまデータ競艇ページは、50名を超える皆さんからの金銭的支援をいただき支えられました。
 
 
     
     
     
     
 
 
 

マンスリーBOATRACEのHPが開設されました。

マンスリーBOATRACE 2021年12月号(10.1Mバイト)(2021.12.24up)

福岡・クイーンズC_2112(13.2Mバイト)(2021.12.24up)


過去にいただいたpdfファイルはこちら
マンスリーBOAT RACEさんからpdfファイルをいただきました。毎月送っていただけるそうです。

ひまひまちぇ〜っく
その日のレース結果を見て気付いたことをただ並べただけです。
明日の舟券予想につながらない知識をどうそ。


過去のひまひまちぇ〜っく

3月9日、もうしばらくこの状況かもしれません…。
(↓は思い出したところで書いていくようにします。順番はバラバラになります。)
10月1日、9月23日頃からかなりバタバタ状態でなかなか書けません。すみません…。

1月18日常滑8R、全艇失格のレース不成立が出ました。96年以降では9件目。11年ぶり。
9件目ですが、23条関連の失格(内外回り関連)は今回を含めて8件です。
1周1Mで4号艇が転覆、1周2M後のHSで5号艇がエンスト。2周2Mでエンスト艇に気付くのが遅れてしまったのかもしれません。
23条関連は時々出ていると思いますが、残った艇がすべてそのまま先頭艇に続いてしまったのは10年以上ぶりのようです。
●96年以降、6艇失格のレース不成立は9件目。
 2002/10/14丸 6R 5艇が23条失格
 2006/09/16三 5R 5艇が23条失格
 2008/08/04津10R 5艇が23条失格
 2008/11/23平12R 5艇が23条失格
 2008/12/26多 3R 5艇が23条失格
 2009/01/31常 3R (←23条失格絡みではありません。)
 2009/07/12戸12R 5艇が23条失格
 2010/05/03唐 2R 4艇が23条失格
 2021/01/18常 8R 4艇が23条失格


1月11日、いろいろ。
○忘れておりました。4320峰竜太選手は1月12日時点で、通算1488勝のままとなります。
 1月12日時点で通算1500勝を達成すれば、あの3946赤岩善生選手の「デビューから17年2ヶ月と3日で1500勝」より1日早く、というところまで来ていました。
 しかし!年齢では峰竜太選手はまだ36歳。96年以降の1500勝達成では最年少の記録を持つ3452吉田徳夫選手の「37歳11ヶ月で1500勝」を大幅に更新する予定です。
 ・96年以降に、39歳未満で1500勝達成。
  37歳11ヶ月 3452吉田徳夫 2008/10/22丸
  38歳 2ヶ月 3783瓜生正義 2014/05/31津
  38歳 3ヶ月 3285植木通彦 2006/08/24尼
  38歳 4ヶ月 3422服部幸男 2009/05/05浜
  38歳 6ヶ月 3721守田俊介 2014/02/28若
  38歳 7ヶ月 2992今村  豊 2000/02/01唐
  38歳10ヶ月 3849中岡正彦 2016/09/12常
 現在、峰選手は36歳9ヶ月です!

 ・ちなみに96年以降に、32歳6ヶ月未満で1000勝達成。  
  31歳 9ヶ月と 0日 4324海野康志郎 2019/09/15芦 
  31歳 9ヶ月と10日 3422服部  幸男 2002/10/15浜
  31歳10ヶ月      3285植木  通彦 2000/02/26三
  32歳 1ヶ月      4296岡崎  恭裕 2019/02/21尼
  32歳 3ヶ月      4320峰    竜太 2017/07/03唐
 峰選手が1000勝を達成してから、現在4年半。

 ・ちなみに96年以降に、45歳未満で2000勝達成。  
  44歳 1ヶ月 3721守田俊介 2019/10/09津
  44歳 3ヶ月 3779原田幸哉 2020/02/06大
  44歳 4ヶ月 3783瓜生正義 2020/07/31琵
  44歳 6ヶ月 
3452吉田徳夫 2015/06/03琵
  44歳11ヶ月 3744徳増秀樹 2019/11/19桐
 正確なことは不明ですが、もしも峰選手が42歳未満で2000勝を達成すれば、歴代の4位くらいになるのではないでしょうか。
 倉田栄一・彦坂郁雄・北原友次選手の次くらいかもしれません。


12月27日江戸川4R、3690河合三弘選手が(コンマ01)のフライングに…。ST無事故連続は5959走でSTOPに。
5000走台の3選手(2198森實・2477林侃・2745佐藤政行選手)を超える大記録を作った河合三弘選手の数字は5959走となりました。

河合選手の最後のST事故は、22年9ヶ月前の1999/03/14徳12R・新鋭リーグでのことでした。
この間、コンマ01以内のSTは7回だけですが、2018年には0.01・3回、0.00・1回というスタートが出ましたが、残っていました。
平均STは0.2038でしたが、平均勝率は5.48で期のほぼ3分の2はA級での出走でした。
ここ江戸川はSTが難しいこともあるかもしれませんが、河合選手にとっては勝率を稼げる「ドル箱水面」だったと思います。この22年と9ヶ月で場別平均勝率6点台は江戸川だけ。
今節は21日夜に入った追加斡旋での出走でした。

●選手会表彰制度以降、ST無事故上位10
 5959走 3690河合 三弘 
 5782走 2198森     實 (継続中のまま引退) 
 5308走 2477林     侃 (継続中のまま引退)
 5146走 2745佐藤 政行 (継続中のまま引退)
 4715走 4006小野 勇作 (…継続中!)
 4321走 3620信濃 由行 (…継続中!)
 4157走 4209藤田 竜弘 (…継続中!)
 3993走 3559水長 照雄 
 3937走 1485加藤 峻二 
 3797走 1485加藤 峻二 
これまで、ST無事故が選責ST事故により止まってしまった最も長い記録は3559水長照雄選手の3994走目でFでした。
すなわちST無事故4000走以上でFを切った選手はいませんでした。
(5000走の3選手は継続中のまま引退されました。)
継続中の1位はこちらもほぼA級選手として走っている4006小野勇作選手の4715走となります。


12月27日、いろいろ。
●鳴門優勝戦、徳島支部で、広島支部5選手が優出。
 (まだ調べ終わっていません。支部の記録は異動があるため14年3月以前を含めた集計が大変です…。)


12月19日、住之江SGグランプリ優勝戦12R、4艇失格(1艇妨失+3艇転覆)により三連単が不成立に。
41億円の返還は史上最高額だそうです。(スタート事故はなかったですが…。)
三連単発売以降、失格艇のみによる三連単不成立は129件目。
その129件のうちSGは、2004/03/26福4Rと今回の2件。前回のときは瓜生選手が妨害失格でした。
その129件のうち優勝戦は6件目。(うち5件は一般戦です。)

●96年以降の全グレードの「優勝戦」で、「失格艇あり」のゴール2艇以下。
 1999/03/14丸12R一般戦 3艇F+1艇失格  (…三連単発売以前)
 2002/07/25江11R一般戦 1艇妨失+3艇失格
 2004/09/05児12R一般戦 1艇妨失+3艇失格
 2004/12/19大12R一般戦 1艇妨失+3艇失格
 2018/07/16浜12R一般戦 1艇妨失+3艇失格
 2021/08/27住12R一般戦 1艇妨失+4艇失格
 2021/12/19住12RSGGP 1艇妨失+3艇失格

●96年以降のGII以上の優勝戦で、ゴール2艇以下。
 2004/10/17住GI高松宮記念    3艇F+1艇L
 2010/04/25琵GII秩父宮妃記念杯 4艇F
 2021/12/19住SGグランプリ     1艇妨失+3艇転覆
96年以降のSG優勝戦では初となります。


住之江SGGPシリーズ戦優勝戦11Rでも妨害失格が発生。
SG優勝戦2連続で妨害失格がありましたが、96年以降のSGでは3件だけ。
●96年以降、SG優勝戦での妨害失格あり。
 1998/08/30多12R・SGメモリアル 
 2021/12/19住11R・SGGPシリーズ
 2021/12/19住12R・SGグランプリ  

そしてこの開催(GP+シリーズ戦)、節間5件の妨害失格が発生しました。
GP+シリーズ戦を1節とした集計で、
●96年以降、節間の妨害失格5件以上。
 節間の妨害失格9件 1999/01/26〜住之江GI新鋭王座
 節間の妨害失格5件 2012/12/30〜蒲郡
 節間の妨害失格5件 2021/12/14〜住之江SGGP+シリーズ


12月19日、いろいろ。
●宮島4R、4963實森美祐選手が節間2回目の妨害失格。(最終日ですが即日帰郷。)
 96年以降、節間2回の妨害失格は27件目でした。
 (こちら、住之江の妨害失格の件よりもっと前に情報をいただきました。)

 ちなみに不正確かもしれませんが、
 2005年5月以降の待機行動違反3回、不良航法3回の即日帰郷は、それぞれ8件ずつくらいだと思われます。

12月16日、住之江2R、4459片岡雅裕選手が完全無事故連続1500走達成。選手会表彰制度以降2人目。
A級、しかもA1級、SGに出場している選手が1000走無事故でも常識では考えられないことですが、1500走です!!
普通に優出したり優勝までしている片岡雅裕選手、ついに1500走。選手会の表彰では、1000走以上は1000・1500・2000・2500…で表彰です。
3626中林秀人選手(2749走)に続く、選手会表彰2人目の1500走表彰となります。
4459片岡雅裕選手の最後の事故は、2016/10/25平10Rの選手責任外転覆。その翌日の2016/10/26から5年以上に渡ってすべてのレースでゴールが続いています。
1着から順に436 282 250 175 175 182(回)。この間の平均勝率は6.74。平均STは0.1398!完全無事故なのにとんでもない数字。

この記録はとにかく選手責任外の失格や欠場さえも許されません。レースが行われれば必ず1〜6着でゴールを続けなくてはいけない記録です。

●選手会表彰制度以降、完全無事故1000・1500・…走表彰選手。
 2500走  1人目 3626中林 秀人  2015/02/04住 2R

 2000走  1人目 3626中林 秀人  2012/09/04丸 6R

 1500走  1人目 3626中林 秀人  2010/03/12平 3R
 1500走  2人目 4459片岡 雅裕  2021/12/16住 2R ←←←

 1000走  1人目 1982沼田 雅光 
 1000走  2人目 1657小畑 泰造
 1000走  3人目 2215足立 捷嘉
 1000走  4人目 2158古浦 辰馬
 1000走  5人目 2826高橋 四郎  2002/01/13鳴 9R
 1000走  6人目 3626中林 秀人  2007/10/30大 2R
 1000走  7人目 3617竹田 広樹  2011/11/03蒲 5R
 1000走  8人目 3276鈴木 貴司  2015/09/15琵 8R
 1000走  9人目 3662大庭 元明  2017/10/29常10R
 1000走 10人目 4105松下 直也  2017/12/10蒲 2R
 1000走 11人目 3283窪田 好弘  2020/01/01蒲11R
 1000走 12人目 4459片岡 雅裕  2020/03/03住 6R

●選手会表彰制度以降、完全無事故1000走以上。
 3626中林 秀人 2749走 2016/04/24戸 7RのFによりSTOP
 4459片岡 雅裕 1500走 !継続中!
 2215足立 捷嘉 1327走  (…継続中のまま引退)
 1657小畑 泰造 1268走  (…FによりSTOP)
 4105松下 直也 1211走 2018/10/15平11RのS0によりSTOP
 2826高橋 四郎 1184走 2002/10/18多10RのFによりSTOP
 1982沼田 雅光 1161走  (…S1によりSTOP)
 3617竹田 広樹 1085走 2012/03/31唐 5RのFによりSTOP
 3276鈴木 貴司 1075走 2016/01/30戸 3RのS0によりSTOP
 3283窪田 好弘 1056走 2020/04/03若 2RのFによりSTOP
 2158古浦 辰馬 1053走  (…不明、によりSTOP)
 3662大庭 元明 1025走 2017/12/05蒲 4RのS0によりSTOP


12月14日、住之江SGグランプリTR1st(1日目)12R、3573前本泰和選手が負傷により途中帰郷に。
2014年以降のグランプリ(18人制)で、最終日まで走ることなく帰郷となったケースは6件目で、すべてが1stから参戦の選手。
ただ、14〜20年の5件は1stの2日目を終えてシリーズ戦回り(またはシリーズ回り確実)の状況で帰郷しています。
1stを終えずに帰郷となった前本選手のケースは18人制では初となります。
●2014年以降、GP出場選手の途中帰郷
 2014/12/19平 2日目まで出走 3554仲口  博崇 1st=5欠
 2016/12/21住 2日目まで出走 4350篠崎  元志 1st=64
 2019/12/18住 2日目まで出走 4418茅原  悠紀 1st=エ1
 2019/12/19住 3日目まで出走 3388今垣光太郎 1st=落3
 2020/12/19平 5日目まで出走 4296岡崎  恭裕 1st=2転
 2021/12/14住 1日目まで出走 3573前本  泰和 1st=妨(2日目以降帰郷)
(96〜13年の12人制で最終日まで走ることなく帰郷したケースは3件。)

2日目のトライアル12Rには選出19位の4013中島孝平選手が出場。
(以下、正式なことは不明ですが、)
中島選手は2日目が1着であっても2ndに出場することはないと思われます。(シリーズ戦に戻る場合はこのTRの得点14 12 11 9 8 7点が使われると思われます。)
ただし、1stからさらに6人の賞典除外や帰郷選手が出た場合、繰り上がっての2nd出場はありえます。
(2ndは賞典除外がありませんが、1stのFや妨害失格は2ndへ進めません。)
もしも中島選手が2ndの初日(全体の3日目)から出場した場合2ndを3走することが可能なため、GP優勝戦まで進むこともできるのではないでしょうか。


12月13日江戸川3RGIIMB大賞、5艇失格により、1艇ゴール。96年以降の1艇ゴールは20件目。
1艇ゴールは、先月の2021/11/09津11R以来。
●96年以降、レース成立の1艇ゴールは20件目。
 1996/04/26住12R 1着 1855 長    紀明 F=4、S0=1    
 1997/07/06住 1R 1着 1754 伊達    哲 S2=1、S0=4     …決まり手「まくり」
 2000/01/29蒲12R 1着 3010 大嶋  一也 F=4、S1=1  (…準優)       
 2000/06/09丸 6R 1着 1974 村井  重俊 F=4、S1=1
 2001/02/08徳 2R 1着 3218 横山  節明 S2=1、S0=4 (…GI地区選) …決まり手「まくり」
 2002/01/09丸 1R 1着 3167 小澤  利徳 S2=1、S0=4     …決まり手「まくり」
 2002/04/26宮12R 1着 2723 梅木  敏昭 S2=1、S0=4     …決まり手「まくり」
 2004/10/17津 1R 1着 4206 川邉加奈子 F=4、S1=1
 2005/02/27住 3R 1着 3240 稲崎  伸幸 F=4、S1=1
 2005/12/01蒲 4R 1着 3244 後藤  道也 S2=1、S0=4
 2007/12/31平11R 1着 3532 柴田    光 F=1、S2=1、S0=3
 2012/03/08蒲 2R 1着 2842 刀根  辰治 F=4、S1=1
 2012/12/25蒲 4R 1着 3905 天野  友和 S2=1、S1=3、S0=1
 2017/01/01常 9R 1着 4074 柳沢    一 S2=1、S0=4     …決まり手「まくり」
 2017/07/17三 3R 1着 4967 中村  魁生 F=3、S2=1、S0=1
 2017/10/11鳴 9R 1着 3414 加瀬  智宏 F=2、S0=3      …決まり手「差し」
 2017/12/26常 9R 1着 4419 原  加央理 S1=1、S0=4
 2021/08/27住12R 1着 3983 須藤  博倫 S2=1、S0=4 (…優勝戦) …決まり手「逃げ」
 2021/11/09津11R 1着 4491 田中    堅 F=4、S1=1
 2021/12/13江 3R 1着 4095 福来    剛 S1=1、S0=4     …決まり手「まくり差し」
2艇以上が正常スタートだったので、単勝・複勝が成立です。二連単・二連複・三連単・三連複・拡連複は不成立となります。

ちなみに0艇ゴール(レース不成立)は96年以降176件あります。(もちろんこの中には5艇F・6艇Fなども含みます。)
その176件の中でもFLKなしの失格艇のみのレースは8件。その8件のうち7件は23条絡みの失格を含みます。
純粋に普通の失格6艇による0艇ゴールレースは96年以降1件のみ。
2009/01/31常3R、4艇転覆+2艇エンストのレースでしたが、たしか1艇が事故をして次々と後続艇が接触して
誰も走っていない静かなエンジン音のしない不思議な状況になりました。(Fや23場失格は水面を走っている選手がいてピットに帰ります。)
このレース全6選手が選手責任外。負傷選手もいなかったようで全6選手がその日の後半レースにも出場しています。

12月3日、いろいろ。
浜名湖1R、11月10日にデビューした129期新人・5221竹間隆晟選手(大阪)が3着。これで前走地・鳴門の最後の3走(2着・2着・1着)から4走連続で3着以内。
 ・98期以降、デビュー「1」ヶ月未満で4走以上連続3連対は4件目・3人目。
  101期 5走連続  4460後藤翔之 2007/11/26多〜2007/12/06戸 35626失333 216失516
  108期 5走連続  4657江崎一雄 2011/05/09若〜2011/05/11若 2123441失
  108期 5走連続  4657江崎一雄 2011/05/20福〜2011/05/24福 1513313132
  129期 4走連続中 5221竹間隆晟 2021/11/25鳴〜          6666221 
 78期以降で、デビュー「2」ヶ月未満での三連対連続記録は8で、上記の4657江崎一雄選手のデビュー2節目。
 デビュー2節目の初日後半レース(5着)は12Rファン選抜でした。

 ちなみに11月26日の竹間選手の水神祭は、129期以降で最初の初1着水神祭。
 ・119期以降、最初の水神祭
                デビュー月の…  78期以降で
  119期 2017/01/06 2ヶ月後の 6日 遅い5位
  120期 2017/07/11 2ヶ月後の11日 遅い4位
  121期 2017/12/02 1ヶ月後の 2日
  122期 2018/05/07         7日
  123期 2019/03/03 4ヶ月後の 3日 遅い1位
  124期 2019/05/05         5日
  125期 2019/12/31 1ヶ月後の31日
  126期 2020/07/16 2ヶ月後の16日 遅い3位
  127期 2021/01/04 2ヶ月後の 4日 遅い6位
  128期 2021/08/15 3ヶ月後の15日 遅い2位
  129期 2021/11/26        26日


11月25日、いろいろ。
●多摩川4R、SG68大会連続出場中の4238毒島誠選手がフライングですが、今回もF休みはSGにかかることはありません!SG連続出場はセーフです。
 (まだ入っていないと思いますが、たとえ関東地区選が入っていても、F休みは2月13日〜3月14日なので総理杯は出場可能。)
 毒島選手は2013年オーシャンCからすべてのSGに出場を続けています。
 ・2013年4年以降、毒島選手のフライングは5回目。
  2015/01/07桐12R F休みは3/23〜4/21 前検日5/25の笹川賞はセーフ
  2015/05/06桐11R F休みは7/21〜8/19 前検日8/24のMB記念はセーフ
  2015/10/31琵 7R F休みは12/9〜2/6で賞金王出場により12/24〜2/21へ移動
  2020/10/07平 9R F休みは12/7〜1/5で賞金王出場により2/3〜3/4へ移動
  2021/11/25多 4R (F休みは1/27〜2/25)

11月22日、いろいろ。
芦屋優勝戦、3473石川真二選手が優勝。
 すでに偉業の24場制覇を達成している石川真二選手ですが、(24場制覇直後に優勝回数を0回として再スタートする)2周目の17場目制覇となりました。残り7場!
 ・現役選手で「2周目」12場以上制覇。
  3070山室展弘 1周目24場制覇日2002/03/09 「2周目」残り 6場 桐江平住下唐
  3473石川真二 1周目24場制覇日2014/09/03 「2周目」残り 7場 江浜蒲三琵尼徳
  3573前本泰和 1周目24場制覇日2016/02/27 「2周目」残り 9場 平多常津琵鳴徳福大
  3744徳増秀樹 1周目24場制覇日2015/02/28 「2周目」残り11場 江平多蒲三琵丸徳芦唐大
 石川選手はこのあと、12/8〜徳山・一般戦、12/20〜尼崎・一般戦の斡旋も入っています。年内に「2周目」19場制覇になる可能性もあります。
 
 ちなみに(優勝回数を0回にはしない)全24場複数回優勝では、石川選手は残り、三国・尼崎・徳山の3場となっています。
 その12月の徳山と尼崎で優勝すれば、残り三国だけとなります。歴代で達成した選手はいないと思われます。
 ・現役選手で「複数回優勝」20場以上制覇。
  3573前本泰和 残り、徳
  3070山室展弘 残り、桐江
  3415松井  繁 残り、【江】平徳
  3473石川真二 残り、三尼徳
  3946赤岩善生 残り、桐江平
  3054北川幸典 残り、浜津尼芦
  3159江口晃生 残り、江津鳴下
  3499市川哲也 残り、津鳴若唐
  3721守田俊介 残り、戸多丸下
 (松井繁選手の江戸川だけ優勝0回。それ以外はすべて優勝1回の場です。)


11月18日、いろいろ。
明日(19日)丸亀GI周年優勝戦、4450平高奈菜選手が優出!自身初の男女混合の記念優出。
 ・96年以降、男女混合の記念の女子選手優出は28件目(14人目)。
            優勝戦の日    準優                    優勝戦        その節の女子人数
 3188 日高  逸子 1996/02/14 2号艇 2着 大 地区選 GI  優出 6号艇 6コース 6着     3名
 3232 山川美由紀 1996/07/11 2号艇 1着 丸 周年   GI  優出 1号艇 6コース 5着     1名
 3232 山川美由紀 1999/02/21 4号艇 3着 鳴 地区選 GI  優出 6号艇 6コース 優勝!   5名
 3435 寺田  千恵 2001/06/24 1号艇 1着 唐 GC   SG  優出 1号艇 1コース 5着     1名
 3188 日高  逸子 2006/02/14 1号艇 2着 大 地区選 GI  優出 4号艇 2コース 6着     2名
 3645 淺田千亜希 2006/02/14 3号艇 1着 丸 地区選 GI  優出 3号艇 3コース 3着     8名
 3774 横西  奏恵 2006/03/21 3号艇 1着 平 総理杯 SG  優出 2号艇 2コース 6着     1名
 3188 日高  逸子 2006/09/27 2号艇 2着 大 周年   GI  優出 4号艇 3コース F       2名
 3435 寺田  千恵 2006/10/09 4号艇 1着 下 周年   GI  優出 1号艇 1コース 沈      3名
 3435 寺田  千恵 2007/01/18 2号艇 1着 唐 周年   GI  優出 3号艇 5コース 4着     2名
 3774 横西  奏恵 2008/02/14 2号艇 2着 丸 地区選 GI  優出 4号艇 6コース 3着     8名
 3188 日高  逸子 2010/04/18 1号艇 1着 徳 名人戦 GI  優出 3号艇 3コース 6着     3名
 3645 淺田千亜希 2010/08/03 4号艇 1着 鳴 周年   GI  優出 3号艇 3コース 5着     3名
 3188 日高  逸子 2010/10/26 4号艇 2着 福 周年   GI  優出 6号艇 6コース 5着     3名
 3774 横西  奏恵 2010/12/08 1号艇 1着 鳴 地区選 GI  優出 1号艇 1コース 5着     7名
 3774 横西  奏恵 2011/05/29 1号艇 1着 尼 笹川賞 SG  優出 2号艇 2コース 6着     9名
 4050 田口  節子 2011/12/15 2号艇 2着 宮 地区選 GI  優出 4号艇 4コース 3着     5名
 4387 平山  智加 2013/01/17 1号艇 1着 尼 周年   GI  優出 1号艇 1コース 優勝!   2名
 3674 岸   恵子 2013/02/04 6号艇 1着 鳴 地区選 GI  優出 3号艇 3コース 3着     8名
 3188 日高  逸子 2013/04/21 6号艇 2着 琵 名人戦 GI  優出 5号艇 5コース 2着     5名
 3289 高橋  淳美 2014/04/20 1号艇 2着 唐 名人戦 GI  優出 4号艇 4コース 2着     4名
 4045 佐々木裕美 2016/02/16 1号艇 1着 宮 地区選 GI  優出 2号艇 6コース 4着     7名
 4885 大山  千広 2018/09/24 3号艇 2着 浜 ヤングDBGI 優出 5号艇 6コース 6着     7名
 4885 大山  千広 2019/11/14 6号艇 2着 福 周年   GI  優出 6号艇 6コース 4着     3名
 4530 小野  生奈 2020/02/18 2号艇 2着 唐 地区選 GI  優出 4号艇 5コース 3着     7名
 4482 守屋  美穂 2020/12/06 (準決勝)   若 BBCT GI  優出 6号艇 6コース 4着     6名
 3435 寺田  千恵 2021/02/17 3号艇 2着 徳 地区選 GI  優出 5号艇 5コース 3着     6名
 4450 平高  奈菜 2021/11/19 2号艇 1着 丸 周年   GI  優出 3号艇 3コース 2着     3名
 

  
11月17日、丸亀GI周年(男女混合)で3人の女子選手が準優進出!準優3人は96年以降2件目!!
●96年以降、ヤングDBと地区選を除く男女混合の記念で3人以上の女子選手の準優進出は2件目
 2008/06/09多GI周年  女子出場3人→          →準優3人(3188日高逸子・3733濱村美鹿子・3774横西奏恵選手)
 2021/11/18丸GI周年  女子出場3人→          →準優3人(4387平山智加・4450平高奈菜・4482守屋美穂選手)
 予選突破としては、2014/04/18唐GI名人戦 女子出場4人→準優進出戦3人→準優1人(…予選突破36人の準優進出戦制です。)


11月15日、いろいろ。
明日(16日)三国優勝戦、4865立具敬司選手が事故率8項からの復帰明けで即優出。(優出は自身2回目。)
 立具敬司選手、96前期以降では10件目となる事故率8項抵触となってしまいましたが、6ヶ月斡旋保留後の復帰戦で即優出です!
 F2休み90日間(2/17〜5/17)もあったので、正確には8ヶ月と28日後の復帰で即優出。
 ・96年7月以降、事故率8項・勝率8項からの復帰戦で即優出は2件目。
  3024西島義則 斡旋保留2002/11/20〜2003/05/19 復帰戦2003/05/21〜丸亀・優出2着
  4865立具敬司 斡旋保留2021/05/12〜2021/11/11 復帰戦2021/11/13〜三国・優出3着
 96年以降、6ヶ月以上の欠場からの復帰明けで即優出は29件目となります。優勝者は今月3日の笠原亮選手で4件あります。
 ところで、立具敬司選手といえばデビュー当初は6着が非常に多く(なんらかの事故率を警戒しての成績だったかもしれません)、
 43走連続6着は今も96年以降の最長記録です。
 ・96年以降、6着連続記録。
  1位 43走連続6着 4865立具敬司 2017/06/11三2R〜2017/10/28尼2R
  2位 37走連続6着 5039倉田茂将 2020/12/06戸1R〜2021/05/04蒲6R
  3位 35走連続6着 4647磯部温志 2012/01/07下8R〜2012/05/07徳6R
 同じレースの他の5選手が失格などすると6着連続記録は止まるので、特に意味のある記録ではないですが。
 このときの立具選手の”最下位着or失格欠場”連続記録は50で、こちらは96年以降の9位です。
 事故率の8項となるとショックも大きかったとは思われますが、ほぼ9ヶ月欠場明けからいきなりの優出!
 B2斡旋で来年4月末までに100走は難しいと思われるので、22年7月GIIBR甲子園復帰は難しいと思われますが、
 23年7月の方で復帰を目指してほしいと思います。

○13日大村優勝戦、5050木下雄介選手がデビュー初優出。

 4337平本真之選手(2007/02/15常)、4575戸塚邦好選手(2014/03/30江)、5050木下雄介選手(2021/03/13江)。



11月9日三国GI周年優勝戦、4238毒島誠選手が記念で完全優勝達成!!歴代で21件目。
●1987年以降の記念で、完全優勝達成!
            2079 安部 邦男  1987/03/24桐GI周年     準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代12件目
 TR 2戦全勝 2291 野中 和夫  1992/12/31大GI賞金女王       →優勝!完全優勝達成!!歴代13件目
 予選5戦全勝 3415 松井   繁  1999/03/11住GI周年     準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代14件目
 予選6戦全勝 2672 高山 秀則  2000/04/23住GI名人戦   準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代15件目
 予選5戦全勝 3499 市川 哲也  2001/09/02多SGMB記念  準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代16件目
 予選6戦全勝 2992 今村   豊  2002/02/24下GI地区選   準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代17件目
 予選5戦全勝 4013 中島 孝平  2008/09/11桐GI周年     準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代18件目
 予選5戦全勝 2992 今村   豊  2015/04/19児GI名人戦  ※準優1着 →優勝!完全優勝達成!!歴代19件目
 TR 3戦全勝 4502 遠藤  エミ  2017/12/31大GI賞金女王       →優勝!完全優勝達成!!歴代20件目
 予選6戦全勝 4238 毒島   誠  2021/11/09三GI周年     準優1着→優勝!完全優勝達成!!歴代21件目



ご注意)2022年前期級別の適用は2022年1月1日からですが、
当サイトでは2021年11月1日から使用しています。ご注意下さい。

例えば・・・
(新)5142 常 住   蓮  佐賀 -457- B1 B1 B1 B2
(旧)5142 常 住   蓮  佐賀 -351- B1 B1 B2
2014年4月1日、ついに念願の支部表示が始まりました。当サイトも支部に変更しました。
 

出走表
「選手体重」は、前日体重に書き替えています。

出走表・結果情報より作成
出走表+α 出走表+α (毎日、夜更新)
優勝戦情報 (1月18日優勝戦)  
  (1月17日結果)  
予選得点率計算 予選得点計算スペシャル (毎日、夜更新)

SG・GI

2013年SG・GIレース日程表
SG選出順位 SG選出順位情報 (毎日、夜更新)
SG出場(予定)一覧 2021年度SG出場(予定)選手
  …2022年グラチャン選考を利用
(ときどき更新)
GI選出順位 プレミアムGI選出順位情報 (毎日、夜更新)

成績

 
「2022後期」級別審査 2021年11月1日からの成績 (毎日、夜更新)
「2022前期」級別審査 2021年5月1日からの成績(終了) (2021.10.31更新)
「2021後期」級別審査 2020年11月1日からの成績(終了) (2021.4.30更新)
「2021前期」級別審査 2020年5月1日からの成績(終了) (2020.10.31更新)
「2020後期」級別審査 2019年11月1日からの成績(終了) (2020.4.30更新)
「2020前期」級別審査 2019年5月1日からの成績(終了) (2019.10.31更新)
「2019後期」級別審査 2018年11月1日からの成績(終了) (2019.4.30更新)
「2019前期」級別審査 2018年5月1日からの成績(終了) (2018.10.31更新)
「2018後期」級別審査 2017年11月1日からの成績(終了) (2018.4.30更新)
2022年の年間成績 2022年の年間成績 (毎日、夜更新)
2021年の年間成績 2021年の年間成績(終了) (2021.12.31更新)
2020年の年間成績 2020年の年間成績(終了) (2020.12.31更新)
2019年の年間成績 2019年の年間成績(終了) (2019.12.31更新)
2018年の年間成績 2018年の年間成績(終了) (2018.12.31更新)
2017年の年間成績 2017年の年間成績(終了) (2017.12.31更新)
2016年の年間成績 2016年の年間成績(終了) (2016.12.31更新)
ひまひまレーティング 今日のひまひまレート (毎日、夜更新)

あっせん

オフィシャルWeb選手あっせん情報
斡旋情報関連 斡旋情報オフラインVer2.43  
  更新状態チェック (毎日、深夜更新)
  最終斡旋日と未消化FL休み表 (毎日、夜更新)
  選手FL休み期間表 (毎日、夜更新)
A1級斡旋一覧 斡旋予定表(EXCEL97形式) (毎日、夜更新)
出走表+斡旋情報 出走表+斡旋情報 (毎日、夜更新)

獲得賞金額関連

 
2022年獲得賞金額 2022年の年間成績(上と同じです。) (毎日、夜更新)
100位までの高額賞金レース 2022年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (毎日、夜更新)
2021年の高額賞金レース 2021年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2021.12.31作成)
2020年の高額賞金レース 2020年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2020.12.31作成)
2019年の高額賞金レース 2019年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2019.12.31作成)
2018年の高額賞金レース 2018年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2018.12.31作成)
2017年の高額賞金レース 2017年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2017.12.31作成)
2016年の高額賞金レース 2016年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2016.12.31作成)
2015年の高額賞金レース 2015年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2015.12.31作成)
2014年の高額賞金レース 2014年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2014.12.31作成)
2013年の高額賞金レース 2013年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2013.12.31作成)
2012年の高額賞金レース 2012年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2012.12.31作成)
2011年の高額賞金レース 2011年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2011.12.31作成)
2010年の高額賞金レース 2010年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2010.12.31作成)
2009年の高額賞金レース 2009年上位100名の高額賞金レース 女子25名(CCまで) (2009.12.31作成)
2008年の高額賞金レース 2008年上位100名の高額賞金レース (2008.12.31作成)
2007年の高額賞金レース 2007年上位100名の高額賞金レース (2008.7.4作成)
グレード別賞金関連 2006〜10年度グレード別賞金関連 (2010.4.16更新)

その他データ

 
記念優勝数 記念優勝数一覧  
完全優勝挑戦リスト 完全優勝挑戦リスト (ときどき更新)
女子戦優勝者リスト 女子戦・優勝者リスト (ときどき更新)
出力低減モーター3周レコード 2014年12月以降出力低減モーターのコースレコード(NEW) (毎日、夜更新)
新プロペラ制度3周レコード 2012年4月以降プロペラ制度のコースレコード (毎日、夜更新)
新ペラ基準3周レコード 2005年5月以降基準ペラのコースレコード (2012.4.30時点のまま)
ハイドロ3周レコード 競艇場コースレコード
こちらは→場別ベスト10 (NEW)
(2005.2.14時点のまま)
(毎日、夜更新)
記念優勝者(1992年〜) まだ出来てません  
一般戦を盛り上げよう 一般戦予選得点一覧(←かなり古いです) (2002.6.3更新)
データの倉庫→ ひまひま記念館 (2004.6.27作成)

ひとりごと

kiida@ito.interq.or.jp
ひまひまデータって何者 ひまひまデータごあいさつ (2002.5.15更新)
ひまひま舟券成績データ公開 ひまひまデータ舟券成績 (2000.9.3更新)
の〜がきタラタラ 本当の舟券予想とは (2002.5.15更新)
フルスピード&小回りターン 全速自転車モンキー  
現役競艇選手&21歳未満限定 SGに出場しよう  

リンク

 
ひまひま掲示板 掲示板  
競艇HPリンク集です 競艇HPリンク集 (2002.10.24更新)

当サイトは「飯田加一選手(非公認)応援サイト」です。

ご注意
当サイトのデータをもとに舟券を購入して損害を受けても当方では一切責任を負いません


意味のない独りごと過去
09年5月22日、またまた突然ですが。
気付けばこのサイトも10年目になってました…。支援者の皆さんから費用をいただいて6年半。
それ以前まで、カウンタは30万でしたが、今は620万にも。明らかに皆さんから支えられた期間の方が長いのです。
なのに、この6年半、何も目新しいことをして来なかったように思います。すみません。m(_ _)m
振り返ってみると、やってみようと思って放置したままになっていることも20数項目出てきました。でもこれを実現できたからと言って、
公開が制限されている今の競艇データで私の作れるものは、皆さんの期待に沿えるレベルのものではないと思います。
期待をさせておいて期待ハズれの可能性も大です。しかもインタラクティブなもの、リアルタイムなものは無理だと思います…。
( インタラクティブ・リアルタイム←これこのサイトに一番足りないことですが…。 )
制限されている今の競艇データの範囲内であっても、やってみようと思っていたことをどんどんやって行こうと思っています。

題して「ひまひまデータ5」を目指すプロジェクト! (1は? 2は? 4は?の説明は後日。(笑))
もう待ってはいられません。期間は5月23日〜6月30日まで。ひそかに見守っていてください…。
(※おおげさなことを書いているようですが、簡単に言うと、毎日更新のページが10〜20個増える程度のことです。(笑))

・5/23…予選得点計算スペシャルには、記念の場だけ「待機・不良の減点」を記入していましたが、一般戦でも
 記入するようにしました。一部手作業更新でもありますで、すべてを網羅していない可能性もありますのでご注意下さい。
 確認用のため、ボーダーライン表の右に「待・不= ○点」と表示しています。
・5/24…通算勝利達成一覧を作りました。(今のところ毎日更新は出来ないのですが…。)
 1000/1500/2000/2500/3000勝達成選手の達成歴代○○○人目一覧です。
・5/25…上で”リアルタイムなものは無理”、と書きましたが、それがないのなら「3」とほとんど変わらない気がしてきました。
 リアルタイムなものが出来てこそ「5へ向っている(バージョンが上がる?)」と言えるのかもしれません。頑張ります。
・5/28…リアルタイムなもの(※)の手始めにこのようなものを作ってみました。→全場の三連単結果
 「1画面で全部まとめて見たい」と言うのが私の性格でして、とりあえず三連単の結果にしてみました。これを足がかりに
 何か色々なものができればと思っています。(本当は予選得点率のリアルタイム計算が出来れば一番いいのですが…。
 S0かS1か、待機・不良の減点はあるのか、出走調整は?などがリアルタイムでわからないので難しいと思います。) 
 (※)オフィシャルWebへ何度もデータを読みに行ってにオフィシャルWebに負荷を掛けることのないようにしたいので、
 まだリアルタイム更新になっていません。1〜2日お待ちを。
 (ところで、以前、三連単のオッズ120通りを携帯の1画面に収めるiアプリを作ったのですが、私は携帯を解約して
  すでに6年半…、その後どうなったのか全く確認していません。もう全く動いてないと思いますが…。(笑))

16年12月3日、ボートとは全く関係ないのですが、ちょっと検査入院に行きます(12/4〜5)。
16年12月8日、検査結果は全く問題かなったのですが、飲む薬の量を減らしてもらえずかなり困ってます…。
今まで薬など飲む病気になったことはなかったのですが、10/4人間ドックで病院Cに捕まって、助けを求めて逃げ込んだ
病院Bの紹介で大きな病院Aに行って今面倒なことになってます…(笑)。12/14はまた別の検査が病院Aで…。
(病院というものを知らなさ過ぎました。無知でした…。なんだか徳島の病院は怖いです。)