エリサ出発
Nh・ディニ著 (インドネシア)
舟知 恵 訳

(現代アジアの女性作家秀作シリ−ズ)
段々社(発行)  星雲社(発売)
本体 1,500円 四六判 241頁
発行日 1984年6月
ISBN 4-7952-6502-X

定価(本体1,500円+税)
購入数 (送料無料)
[現在の買物カゴの中身を表示]

愛と国籍に揺れる混血のエリサ。オランダ植民地時代の後遺症を残す混沌の社会を背景に、インドネシア女流の第一人者Nh・ディニが描く社会派ロマン。日本翻訳文化賞受賞者の訳出。

「すばらしい文章で女性の真の自立を描く」 ─ 読売新聞 ─

全国学校図書館協議会選定


【 著者紹介 】

Nh・ディニ( Nh・Dini )

1936年、中部ジャワのスマラン市生まれ。高校在学中からラジオ・ドラマの脚本を書く。スチュワ-デスを経てフランス人外交官と結婚。離婚後故郷に戻り小説を書き始める。長編、短編ともに母国語であるインドネシア語を使い、女性作家の第一人者と言われている。