虚構の楽園
ズオン・トゥ−・フォン著(ベトナム)
加藤 栄 訳

(現代アジアの女性作家秀作シリ−ズ)
段々社(発行)  星雲社(発売)
本体 2,200円 四六判 338頁
発行日 1997年2月(新装第1刷)
ISBN 4-7952-6515-1

定価(本体2,200円+税)
購入数 (送料無料)
[現在の買物カゴの中身を表示]

旧ソ連で働くベトナム人女性ハンが回想する、故国での過酷な土地改革と家族の絆の物語。米、仏、独など各国で刊行の話題作。

「どのペ−ジにも国を愛する気持ちと、豊かな感受性にあふれている」 ― ル・モンド ―
「アメリカで初めて英訳されたベトナム人の小説」 ― タイム ―
「驚くほど力強く、深い悲しみの物語」 ― ロサンゼルス・タイムズ ―
「原作も翻訳も力量ある作品だ」 ― NHK テレビ ―

日本図書館協会選定


【著者紹介】

ズオン・トゥ−・フオン( Duong Tho Huong )

1947年、ベトナム北部タイビン省生まれ。詩人として出発し、ベトナム戦争後、小説にも手を染める。本作品は仏、英、独,蘭、伊、西語に訳され、その他三作品も欧米で翻訳されている。

国際的な評価も高いが、1919年反体制的言動で逮捕。現在も政治的に微妙な立場にある。