サーラピーの咲く季節
スワンニ−・スコンタ−著 (タイ)
吉岡 峯子 訳

(現代アジアの女性作家秀作シリ−ズ)
段々社(発行)  星雲社(発売)
本体 1,800円 四六判 318頁
発行日 1996年6月(新装第一刷)
ISBN 4-7952-6531-5

定価(本体1,800円+税)
購入数 (送料無料)
[現在の買物カゴの中身を表示]

タイの田舎に遊ぶさわやかエッセイ。故郷ピッサヌロ−クを舞台に、少女と動物たち、村人との交流を詩情豊かに描いて現在社会へ語りかける。SEATO文学賞作家の素晴らしき子供時代。

「鋭い感性とユ−モアで自然と社会を描く」──毎日新聞 

日本図書館協会選定図書


【 著者紹介 】

スワンニ−・スコンタ−( Suwannee Sukonthiang )

1932年、タイのピッサヌロ−ク県生まれ。シルパ−コン国立大学美術学科卒業。1970年、小説『 その名はカ−ン 』でSEATO( 東南アジア条約機構 )文学賞受賞。文芸誌『 ララナ− 』 を創刊し編集長の傍ら創作活動を続けていたが、1984年不慮の死を遂げる。