◆ アジアの心を伝える三つのシリーズ ◆

<現代アジアの女性作家秀作シリーズ>
<アジアからの贈りもの>シリーズ
<アジア文学館>シリーズ
ほかに <アジア全般>があります。
  1. サーラピーの咲く季節/スワンニ−・スコンタ−|タイ
  2. エリサ出発/Nh・ディニ|インドネシア
  3. シンガポーリアン・シンガポール/キャサリン・リム|シンガポール
  4. スロジャの花はまだ池に/アディバ・アミン|マレーシア
  5. 二十世紀:ある小路にて ―ネパ−ル女性作家選―|ネパ−ル
  6. 12のルビー ―ビルマ女性作家選―|ビルマ
  1. レイナ川の家/リワイワイ・アルセオ|フィリピン
  2. 虚構の楽園/ズオン・トゥ−・フォン|ベトナム
  3. 熱い紅茶/アヌラ−・W・マニケ−|スリランカ
  4. 金色の鯉の夢/オ・ジョンヒ|韓国
  5. ぼくの庭にマンゴーは実るか/マンヌ-・バンダ−リ−|インド
  6. カンボジア 花のゆくえ/パル・ヴァンナリーレアク|カンボジア
  1. 天空の家 ― イラン女性作家選 ―|イラン
  2.  いとしい人たち ―ゴ−パル・バラタム短編集―|シンガポ−ル
  3. ヨム河/ニコム・ラーヤワー|タイ
  4. 夜のゲーム/オ・ジョンヒ|韓国
  5. サストロダルソノ家の人々 ―ジャワ人家族三代の物語―/ウマル・カヤム|インドネシア
  6. サヤン、シンガポール―アルフィアン短編集―/アルフィアン・サアット|シンガポール
  1. 鳥/オ・ジョンヒ|韓国
  2.  ラオス いとしい国 ―私が出会った女性たち― /前田初江|ラオス
  3. 東南アジア文学への招待/編者 宇戸清治・川口健一
  4. スリランカ ―人びとの暮らしを訪ねて―/澁谷利雄・高桑史子 編著|スリランカ
  5. スータンを縫いながら ―日本占領期を生きたフィリピン女性の回想―/ペラジア・V・ソリヴェン|フィリピン
  6. お祖母さんの木の遺産/ティップワ−ニ−・サニットゥオン|タイ
  1. もっとほんとうのこと ―タゴール 寓話と短編―/ラビンドラナート・タゴール|インド
  2. タゴールの歌 ―自然と人生をみつめなおす歌詩60選―/ラビンドラナート・タゴール|インド
  3. ヒマラヤの風にのって ―小さな12の物語―/ラスキン・ボンド|インド
  4. ダワの巡礼 ―ブータンのある野良犬の物語―/クンサン・チョデン|ブータン

韓国初 !! 海外の文学賞受賞
   10ヵ国語に翻訳の話題作
新刊本
オ・ジョンヒ著『鳥』
オ・ジョンヒ 著
文茶影 訳

親に置き去りにされた子供を描く

宇宙で一番美しい娘「宇美(ウミ)」、一番カッコイイ男 「宇一(ウイル)」と名付けられた姉と弟。だが母は貧困と父の暴力に耐えかねて家を去り、父は出稼ぎに出たまま戻らない。孤独と絶望の淵で、幼いふたりはどう生きるのか? 彼らの未来は?―― 宇美の容赦ない目で不安定で不条理な現代社会を浮き彫りにし、2003年リベラトゥル賞(独)受賞。独・仏・英・露語など10ヵ国語に翻訳。
<アジア文学館>シリーズ
定価(本体1,800円+税)

◆書評から◆
朝日新聞 (2015・12・27)
統一日報 (2016・1・20)
東京新聞 (2016・2・28)

著者紹介  訳者からのメッセージ

オ・ジョンヒの本

◆ オ・ジョンヒの本 好評既刊 ◆

オ・ジョンヒの本 好評既刊
夜のゲーム
夜のゲーム/オ・ジョンヒ
オ・ジョンヒ 著
波田野 節子 訳

映画に!! DVDに!!
韓国の芥川賞 <イ・サン文学賞> 受賞

頭上から子守唄がきこえてくる・・・。夜ごと花札をもちながら、老いた父と<私>は古いよれよれになった台本で父娘劇を演じ続けている。――濃密な文体から独特の雰囲気がただようオ・ジョンヒの短編世界。 韓国最高の文学賞<イ・サン文学賞>受賞。2008年韓国で映画化され、2009年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で北海道知事賞受賞。現在DVD発売中。本書には表題作のほかに、中編「あの丘」を収録。
<アジア文学館>シリーズ
定価(本体1,700円+税)

◆書評から◆
新文化(2010・2・18)
毎日新聞(2010・3・3)
統一日報(2010・4・21)

著者紹介  訳者からのメッセージ DVD発売元

金色の鯉の夢 ― オ・ジョンヒ小説集 ―
金色の鯉の夢― オ・ジョンヒ小説集 ―
オ・ジョンヒ 著
波田野 節子 訳

韓国を代表する女性作家が描く
時代背景の異なる3つの作品

朝鮮戦争直後の港町に住む9歳の少女の成長を描く「中国人町」。
日本の統治が終わろうとしている朝鮮の町の少年の目で家族や友人の悲劇を描く「不忘碑」。平凡な日常を送る中年女性の心奥の煌めきを映す表題作。
<現代アジアの女性作家秀作シリーズ>
日本図書館協会選定/ 定価(本体2,000円+税)

◆書評から◆
「細部の精密さから際立つ普遍性」(読売新聞・日野啓三氏)
「矜持という主題が隠された作品集」(統一日報・中沢けい氏)
「力強さとポエジーのある作品」(NHKテレビ・辻井喬氏)



知られざるシンガポールの深奥を描く !!
サヤン、シンガポール―アルフィアン短編集―
アルフィアン・サアット 著
幸節みゆき 訳

繁栄の陰に生きる名もなき人々の物語

多様な民族、文化、宗教、言語が交錯し、繁栄を続けるシンガポールで、成功とは無縁にひっそりと不器用に生きる人々―公営アパートの老女、落ちこぼれのマレー系の少年、離婚したゲイの中年男、投資話に遭遇した若いカップルなど、名もなきシンガポーリアンたちの姿を、気鋭の作家が慈しみをこめて描く。
ちょっぴり切ない味わいの12編を収録。
<アジア文学館>シリーズ
定価(本体1,900円+税)

◆書評から◆
読売新聞(2015・3・8)
産経新聞<夕>(2015・5・22)

著者紹介  訳者からのメッセージ


ペルシア語イラン女性文学 初の邦訳 !!
天空の家 ―イラン女性作家選―
ゴリー・タラッキー 他 著
藤元優子 編訳

イランを代表する女性作家 7人が紡ぐ7つの物語

椅子ひとつ分の“安住の地”を求め、テヘランからパリ、ロンドン、カナダへと 向かうマヒ―ン夫人。革命と戦禍を逃れひとり彷徨う老夫人の孤独に寄り添う表題作。 ふとしたことから染み取りに夢中になった女性が自らの人生の“染み”と向き合う「染み」など、、趣きの異なる7編を収録。
1979年の革命、8年間に及ぶイラクとの戦争、王制からイスラーム共和制へ‥‥激動の 波に翻弄される女性たちの生の諸相を、イランを代表する女性作家7人が鮮烈に描く 短編小説集。日本で初めて翻訳のペルシア語イラン女性文学。
<現代アジアの女性作家秀作シリーズ>
定価(本体2,000円+税)

◆書評から◆
毎日新聞(2014・5・18)
新文化  (2014・5・29)
毎日新聞(2014・5・26)
産経新聞(2015・1・5)
木槿通信(2015・1)

著者紹介  訳者からのメッセージ



サストロダルソノ家の人々/ウマル・カヤム
ウマル・カヤム 著
後藤乾一/姫本由美子/工藤尚子 訳
待望の邦訳!! 現代インドネシア文学の名作

伝統文化の香り高いジャワ島中部の町ワナガリ。村の補助教員となり プリヤイ(エリート階層)の世界に足を踏み入れたサストロダルソノは、下級官吏の娘ンガイサと結婚。この地で一族の絆を尊び社会に尽くす プリヤイらしい大家族をめざす。
オランダ植民地時代、日本占領期、独立戦争を経てスカルノ体制崩壊を招く1965年9月30日事件に至る激動の20世紀。誠実で平穏な家庭に、思いもよらぬ様々な出来事がもちあがる…。
影絵芝居 ワヤンをこよなく愛し、家族の力を信じて誇り高く生きるサス トロダルソノとその一家。一族三代の半世紀にわたる歩みを、家族それ ぞれの目で綴る現代インドネシア文学の名作。
<アジア文学館>シリーズ
定価(本体2,900円+税)

◆書評から◆
じゃかるた新聞(1/26)
KINOKUNIYA書評空間(2/5)  

著者紹介  訳者からのメッセージ


ダワの巡礼 /クンサン・チョデン
クンサン・チョデン 著
平山修一/森本規子 監訳
ブータンから届いた知慧と勇気の物語

ヒマラヤの王国ブータンの野良犬ダワ。幼くして家族を人間の手によって奪われた彼が、母やきょうだいを慕って紡ぎ出す吠え声は、犬たちを魅了する不思議な力をもっていた。 彼は首都ティンプ犬社会のリーダーとなるが、やがてある事情からその地位を捨て、ただ独り、奇跡の洞窟があるという聖地ブムタンへの旅に出る――。人間や犬たちとの出会いと別れ、そして生と死、老いと病・・・旅の間に遭遇するさまざまな出来事を一つ一つ乗り越えて、老犬となったダワが辿りついた境地とは?  世界一〈幸福の国〉ブータンをささえる仏教的世界観が今、日本に問いかけてくるものは――。
<アジアからの贈りもの>シリーズ
定価(本体1,800円+税)

◆書評から◆
「野良犬・ダワの生涯を描いた物語。様々な地を旅する犬の視点を通じて、仏教的な世界観などが伝わる味わい深い一冊だ」(朝日新聞 2012・5・21)

著者紹介  訳者からのメッセージ

タゴールの本

◆ タゴールの本 好評発売中 ◆

タゴールの本 好評発売中
タゴールの歌 ― 自然と人生をみつめなおす歌詩60選 ―
タゴールの歌―自然と人生をみつめなおす歌詩60選
ラビンドラナート・タゴール 著
神戸 朋子 編訳

アジアの詩聖が謳う自然と人生の歌
本邦初訳!!

ノーベル文学賞の受賞詩人タゴールは多彩な創作の中で最上のものは歌であると述べている。自然の歌、愛の歌、神への賛歌など二千余曲が収められている『ギトビタン(歌詩集)』から60編の詩を訳出。自然と人間との調和を真に求めていたアジアの詩聖による歌のメッセージを直弟子に師事したタゴール研究家が初めて日本に紹介する。神戸朋子による歌のCD付き。
<アジアからの贈りもの>シリーズ
定価(本体2,000円+税)

◆書評から◆
「森羅万象と命の尊厳をたたえる」(奈良新聞)
「読者に宇宙との一体感をもたらす」(ブッククラブ回 News Letter)


もっとほんとうのこと ― タゴール 寓話と短編 ―
もっとほんとうのこと―タゴール 寓話と短編―
ラビンドラナート・タゴール 著
内山 眞理子 編訳

アジア人初のノーベル賞受賞詩人が現代人に宛てた
魂の物語ともいうべき一冊。

孫娘のために書かれた遺言的な表題作「もっとほんとうのこと」、
樹と対話する「生命(いのち)と心」など叡智と癒しのひそむ10編
<アジアからの贈りもの>シリーズ
定価(本体1,800円+税)
日本図書館協会選定

◆書評から◆
「ヒューマニズムの底の深さを実感」(毎日新聞)
「タゴールの世界観と生命感をうかがわせる」(週刊読書人)
「心和む作品集」(読売新聞


「現代アジアの女性作家秀作シリーズ」が
第40回日本翻訳出版文化賞を受賞しました

 アジアの国ぐにで活躍中の女性作家の作品を、女性の手によって訳出する段々社の「現代アジアの女性作家秀作シリーズ」は、現在 13 冊が刊行されています。タイ、インドネシア、シンガポール、マレーシア、ネパール、ミャンマー(ビルマ)、フィリピン、ベトナム、スリランカ、韓国、インド、カンボジア、イランの 13 カ国の長編小説、短編小説、エッセイです。 いずれの作品も女性ならではの視点と感性が生かされたものばかりで、アジアを身近に感じながら 13 カ国それぞれの物語世界をお愉しみいただけることと思います。

 ところで、本シリーズは、〈第 40 回日本翻訳出版文化賞〉(日本翻訳家協会主催)を受賞しましたので、ここにお知らせ申し上げます。

 段々社では「現代アジアの女性作家秀作シリーズ」の既刊 13 冊のほかにもアジアの本を刊行しております。是非、当ホームページの各作品をご覧いただけますと幸いです。

                  段々社(坂井正子)